fc2ブログ

かっぱがれ編集・秋のへっぽこギャンブル日記

基本はギャンブル日記だけど、まあ趣くままにてきとーに。

かっぱがれG1競馬予想:2024フェブラリーステークス

アッ

…という間にもう2月。フェブラリーSの日になりましたなぁw

春先の旅行の計画などをすでにいくつも決めていて、どう考えても例年以上に物入りとなりそうな2024年。
なんとしても競馬では負けられない事態に陥っております。
(↑「別に競輪だろうが麻雀だろうが、どうせ元々負けられない家計事情だろうが」というツッコミ待ち)。

夜、適度に晩酌をかましてすっかりおねむなので、2024年一発目から短縮バージョンでお贈りします。ヒック。

* * * * * * * *

■フェブラリーS《GI》予想■
◎ミックファイア 〇ガイアフォース ▲ドゥラエレーデ
△ウィルソンテソーロ △オメガギネス △カラテ
△キングスソード △レッドルゼル


本命はミックファイア。

単純に、レモンポップやウシュバティソーロといった横綱級が不在の今年。格だけで考えれば“南関東三冠馬”であるこのミックファイアに決まってるでしょ、と。

前走の東京大賞典で大惨敗を喫して、人気も急落していますが、その負けも前のダービーGPで盛岡競馬場への輸送に失敗、立て直しに時間がかかってしまい、本調子ではなかったのが敗因。追い切りで外傷があったとはいえ、調教師曰く「それなりにはやってくれる状態」なら、今年の出走メンバーでなら十分太刀打ちできるでしょう。購入のしがいがある人気にもなりましたし。騎乗が御神本騎手じゃないのだけが残念。

ちなみに、今年から「クラシック三冠」「牝馬クラシック三冠」の二つの体系に、新たに「3歳ダート三冠」が加わります。簡単に言えば、中央も地方も一体となっての「3歳ダート馬決定戦」がスタートするわけで、それを世間にアピールするのであれば、ここで昨年の“無敗の南関東三冠馬”に勝ってもらうのが一番なはずです。JRAにとっても。

対抗はガイアフォース。

横綱級のメンバーがおらず、G1はおろか重賞未勝利のオメガギネスが人気になる流れは、アブクマポーロら強豪が出走せず、重賞未勝利だったタイキシャーロックが1番人気となった1998年のレースを思い出します(シャンパンカラーならぬワシントンカラーも出走してたしw)。その時に勝ったのは、正月に中山金杯を勝ったばかりのグルメフロンティア。見込みの薄い出走メンバーの間隙を縫っての勝利にも思えたし、それを踏まえればここでガイアフォースの目もあるかと。

ヤネが長岡騎手というところに一抹の不安がありますが、この記事によると長岡騎手は追い切りの名人であり、このフェブラリーSのために逆算して調整をしていたといいます。ここは好騎乗を期待します。

単勝 ③
馬連 ③-全通り(15点)
3連単 ③-⑦-④⑤⑥⑪⑬⑭(6点)
3連複 ③-⑦-④⑤⑥⑪⑬⑭(6点)


カラテがきたら500万以上儲かります…わー、確定申告どうしましょw

今年もこんなスチャラカな感じで。
なお、当方の予想を参考にしてハズれても、責任は一切取りませーん!





年の初めのトテチテタ

ブログでは遅ればせながら明けましておめでとうございます。

まずはこの度の能登半島地震で被災された皆様には謹んでお見舞い申し上げます。
被災地域の一日も早い復興を心より祈念申し上げます。

皆様も同じような状況になられた方は多いと思いますが、元旦から流れていた被災映像をジッと見ていたおかげで、東日本大震災以来の急性ストレス障害を発症してしまったようです。インフルエンザからの休養明けからしばらく体調も悪く、テーブルの前で長い体勢でブログを書く気にもなれなかったという。

そんな中、本日は飲み仲間に誘われて、後楽園ホールでの全日本プロレスを観戦してきました。前日もテレビの前でNOAH有明大会とWWEのロック様を見ていたり。



…なんか人をぶん殴ったり蹴ったりしてる映像で体調がよくなる気もしないのですがw、普段の生活を続けていくことで心も身体もリズムを戻していけるのかしら、と。

さて、2023年回顧と今年の抱負なんぞを。

1)ギャンブルで負けない
まずは一応ギャンブルブログらしく、博奕に関係する話。昨年はなんだかんだで17万強のマイナス収支でしたが、一昨年は23万だったのでまあちょっとはマシだったかなと。実は万馬券をゲットした回数は昨年が最多だったりするんですよ。ちゃんと数えてないけど10本くらいは取ってるんじゃないかなぁ。

つーて、やっぱりマイナスはつらい。今年こそはなんとか大幅プラスを狙っていこうと思います。

2)旅行はほどほどに…
昨年こそはちょっとセーブしていこうと思った趣味の旅行ですが、結局はこんな感じ。

【1月】
・佐野厄除け大師詣で(日帰り)
【2月】
・札幌雪祭り旅行(1泊2日)

【3月】
・静岡久能山東照宮旅行(日帰り)
【4月】
・小諸→上田→金沢旅行(1泊2日)

【6月】
・櫻坂全ツ&競馬大阪旅行(2泊3日)
・青森角館旅行(日帰り)
【7月】
・乃木坂全ツ&水どうLV北海道旅行(2泊3日)
・骨髄バンク大会in仙台(日帰り)
・乃木坂全ツ大阪旅行(1泊2日)
・競馬福島旅行(日帰り)
【8月】
・競馬新潟旅行(1泊2日)
【9月】
・F1鈴鹿&大阪旅行(2泊3日)



9月までに宿泊ありの旅行が7回というのは、給料考えたら行き過ぎだーw

しかし、今年からJR東日本で「どこかにビューーン!」とか「たびキュン早割パス」とか魅力的な切符が出てきてるし、F1日本GPが今年は春開催ということでそれも観戦に行きたいし、去年はパスしたリニューアル後の京都競馬場にも行かねばならんし…とか考えたら、今年もちょこちょこ遊びに行くことにはなりそうで。
とにかく、お財布と相談して、昨年よりは宿泊つき旅行を減らせれば。その代わり、日帰り旅行を増やしたいなぁw

3)ライブ回数もほどほどに…
で、先ほどの話で9月以降の旅行がなくて、おとなしくしてるかといえばそんなわけでもなく。
実は昨年、プロレス観戦や坂道ライブの観覧回数が9月以降に激増して、旅行するひまもなくなったというw

プロレス:新日本(2回)、NOAH(3回)、ALL TOGETHER、全日本(1回)、DDT(1回)、みちのく(1回)
坂道:乃木坂(11回)、日向坂(6回)、櫻坂(7回)
プロ野球:神宮(ヤクルト戦3回)、東京ドーム(OB戦1回、アジア大会1回)
サッカー:埼スタ(レッズ戦1回)
F1:鈴鹿(2日間)


プロレス観戦の回数が減った代わりに、坂道ライブが24回とかwww



他にも配信ライブとかも見てるから、いったい一ヶ月平均でいくら使ってるのか…考えただけでも恐ろしい。
ただ、もろもろ理由もあって、この辺の回数はもうしばらくは減らないと思われるので、まあうまくやりくりしていこうかと。

それにしても、これだけいろいろ出かけていて、一番行っている競馬場の数はカウントしていないわけだからなぁ。体にもガタが来るわけだ。

…ずっと書いてきたけど、どんな抱負なんだよ、これw

4)彼女作りはまだあきらめない
今年の初夢は、なんだかよくわからないけど「すでに平原綾香似の彼女ができていた」というすげえ設定でした。目が覚めてからもしばらく夢と現実の境がわからなくなって、「あれ?俺って付き合ってるんだよな…連絡しないといけないのに思い出せない…」とかちょっと我ながら深刻な状況になっていて戦慄するなどw

これが予知夢とか正夢だったりしたら面白かったりするんだけどなぁ。平原綾香似の女性がいたらアタックしてみようかと思いますw

5)仕事はとりあえずかんばる
まあ具体的な話はできませんが、昨年思い描いた目標は達せられず、今年ももうひと踏ん張りしないといけない状況。来年の自分がこのブログを読んで「こんなこともあったよなぁ」なんて振り返られればいいなぁ…(しみじみ)。

6)健康は積極的に気にする
ブログにも書きましたが、昨年の後半はぎっくり腰やインフルエンザで散々でした。周囲では大病を患う人が増えたり、亡くなる方も出てきたりして、そういう年齢になったのだなとせつなくなったり。せめて自分はもう少しだけ節制して、今年は仕事始めからジムを再開させて、健康診断以外のがん検診にも行ってこようと考えています。がん検診は今のお仕事がひと段落ついてからかな。

7)かっぱがれ杯を復活させる
なんだか長谷川和彦監督の「映画作るぞ」とおんなじノリになってきましたが…ま、ちょっと覚悟はしておけとw

* * * * * * * *

そんなわけで、今年もいろいろと振り返り、妄想を膨らませてみましたw
いよいよ今年で四捨五入して還暦という年齢にさしかかり、親父の年齢もあるしで、いろいろシリアスに考えないといけないことも多々ありますが、それはそれとして、ボケボケできる間はボケボケしていようと思います(←クズ)。

今年も皆さんよろしくお願い致します。






なんでも欲しがる暮れ暮れタコラ



インフルエンザ明けもあって、今年の大晦日はまったり。

BDレコーダーをガチャガチャいじり、大掃除じゃない程度に掃除機をかけた後、全日本プロレスとRIZINを並行してテレビとiPadで観戦しております。全日本のメインが、アンドレがギブアップしたアームバーで決着して「はぁ?」とw

今年のバクチも結局はマイナス収支。ウマ娘のCMに出てくるルメールの顔につくづく殺意を感じたりしてねw 来年はもう少しいいおつき合いができるのかしら…できねぇだろうなぁ。

細かい2023年回顧は、また新年の抱負の際に改めてするとして。

今年の後半は、仕事も尋常じゃなく忙しかったですが、体調もギックリ腰にインフルエンザと、かなり満身創痍な下半期となってしまいました。おかげで、なんとかギリギリ続けていたジム通いもついに中断してしまい、まもなく3ヶ月経とうとしています。とにかく、このジムだけは再開しないといけませんな。

さあ、これから年越しそば食べて、紅白で坂道ちゃんたちの勇姿を見た後、初詣ついでにRIZIN観戦の友人と軽く打ち上げをしてくる予定。早朝に仮眠を取ったら、母親の墓参りをして、弟と親父の三人で飯食って、後はグースカ寝正月とさせてもらいます。

今年もこんな支離滅裂なブログやXなどのSNSを、ここまでご覧いただきまして本当にありがとうございました。来年もよろしくお願い致します。

良いお年を。










かっぱがれG1競馬予想:2023ホープフルステークス(変更)

えー、コンパでカンパーイっス…じゃなかった(もういい)、ゴンバデカーブースが回避しちゃったので、3連単は②④から印へマルチ流しにします。あと④からの単勝と馬連も少々。

なんかもう軸にする馬に必ずなんかあるんで、全然勝つ気しないですw



かっぱがれG1競馬予想:2023ホープフルステークス



いやー、有馬記念は参りました。

武豊の復活Vまでは全然予想通りなのですが、大外枠で嫌っていたルメールにスタートをうまく出られた時点でジ・エンド。以前のブログでも書いていた「大外枠、実はそんなに不利ではない説」を今年東スポの藤井記者がきっちり取り上げていて、そういう意味では「ほら見たことか」と自分のことを棚に上げて妙に喜んでいたりしていたわけなんですが。

そんなこと論じる前に、軸と思っていた2頭がスタート出負け&レース途中骨折とかじゃ、馬券なんかとてもじゃないけど当たるわけがないw だいたい当たった出目が⑤-⑯で俺の誕生日とか、神様どんな当てつけなんですか…(号泣)。

そんでもって、12月は不調続きだと書いていましたが、それがついに体調にまで及び、有馬記念から帰った途端に、39℃超えの急な発熱でぐったりムギュー。翌日病院に行ったところ、インフルエンザA型と診断されてしまいました…。

有馬記念でさらに大きく年間トータルの負債額を増やしてしまっただけではなく、そこそこ高い治療費まで支払って、もはやかっぱがれ王国の局面は撤退戦の様相を呈してきましたが、とにかくこのホープフルSでは起死回生の一発を狙わねば…。

* * * * * * * *

■ホープフルS《GI》予想■
◎ヴェロキラプトル 〇ゴンバデカーブース ▲ミスタージーティー
⭐︎アドミラルシップ △ウインマクシマム △ショウナンラプンタ
△シンエンペラー △タリフライン △レガレイラ

そんなわけで本命はヴェロキラプトルとフルスイングw
理由は馬というよりも乗り役。戸崎騎手に注目してみました。

有馬記念を勝ったドウデュースの陰で、一番複雑な気持ちだったのはこの戸崎騎手だったはずです。

武豊騎手の負傷による二度の乗り替わり。決して天皇賞もジャパンカップも、そこまで責められるような騎乗ではなかったように思えます。ドウデュース自身の仕上がりが不十分だったこともあるでしょうし、どちらのレースもドウデュースの苦手な(はずの)ハイペース展開が災いしたと見るべきでしょう。

戸崎騎手の今年の下半期は、G1の騎乗馬にも恵まれず、様々な雑音もあってか勝利数も激減。勝利数ランキングも6位に低迷しています(昨年は2位)。しかし、どんなに一流の騎手であってもスランプはあるもの。

口の悪い競馬サークルの悪評を払拭すべく、捲土重来を期すならば、まさにドウデュースが勝った有馬記念の4日後に開催される、このG1の舞台しかありません。ドウデュースと武豊の復活が、実は戸崎の復活つきという“年末二本立てドラマ”だったとしたら?

一応、ヴェロキラプトルの能力にも触れておくと、野路菊Sのタイム1:46.0は、過去阪神1800mで2位から0.6秒も突き放すレースレコードです。スワーヴリチャード産駒と言えば、デビュー1年目にして早くも2歳リーディングサイアー4位という、今一番ホットな2歳馬。関西からの輸送という条件も新馬戦で克服済み…とあらば、そこまで無理筋な買い方ではないのでは。

対抗にコンバーチブルカーブース…じゃなかった、ビビデバビデブー…もっと違った、ゴンバデカーブースw サウジRCのタイムが昨年の朝日杯FS馬ドルチェモアと並ぶ1:33.4では、文句のつけようがありません。初の右回りがどう出るかだけでしょう。

今回の破壊力たっぷりな⭐︎はアドミラルシップ。新馬を勝ったばかりで実力はまだ未知数ですが、騎乗するのが今年短期免許の2ヶ月足らずで12勝を挙げた女性ジョッキーのH.ドイル騎手というのがいい。昨年のホープフルSは、すべての出走ジョッキーがお腹でも壊したのかと思うほどのうんこスローペース。あのレースで勝ったのは、外国人ジョッキーらしい積極策と剛腕ぶりを見せつけたムルザバエフ騎手でした。

中山2000mではああいった時空の歪んだような紛れのあるレースがいくつかありますが、そういう時にこそ、昨年のムルザバエフ騎手のように、意外性のある外国人ジョッキーがG1初制覇…なんてシナリオはどうですかね。さらにG1で女性騎手が初勝利しちゃうという意外性とか。マーカンド騎手がタリフラインで追いかけてきてハグしてきそうw

ちなみにこのアドミラルシップ、前に騎乗していた騎手が…なんと戸崎騎手なんですよね。戸崎騎手にとっての不運がいまだに続いてるとしたら、こんな結果が待ってると思うんですけど。お前はどっちを応援してるんだって話ですなwww

単勝 ②
馬連 ②-①④⑥⑨⑪⑬⑮⑱(8点)
3連単 ①②④-①②④-①②④⑥⑨⑪⑬⑮⑱(42点)

今のところ、一番つくのが④-②-⑱ で180万馬券だってw が、がんばりまーす!

実はインフルエンザで寝込んでいて数日放置していたドラクエウォークをプレイしていたら、ニャンバーズでなんと1等が当たりました。

…まさか神様、最近の不運をこれだけでチャラにしようとか思っちゃいませんよね!? ね?ね?

当方の予想を参考にしてハズれても、責任は一切取りませーん!



<前のページ 次のページ>

プロフィール

編集・秋

Author:編集・秋
年齢:昭和44年生まれの54歳。
   五指烈弾。
   とうとう波平さんの同期
   になりました。
職業:「近代麻雀」等、元(涙)編集
趣味:ギャンブル(競馬・麻雀等)
   プロレス・F1観戦、お城の
   旅行、坂道グループ鑑賞
   ほかいろいろ
貯金:マイナス200万
   (た、助けて…)
ギャンブルの負け金:約1800万(減らんなぁ…)
座右の銘:ワルツにはワルツを、ジルバにはジルバを
(byニック・ボックウインクル)

Twitter

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索