かっぱがれ編集・秋のへっぽこギャンブル日記

基本はギャンブル日記だけど、まあ趣くままにてきとーに。

富士で遭難(前編)

今でもネットで叩かれまくる、F1富士グランプリのお話です。

ブログにも書きましたが、ずいぶん前から私チケットを取っていました。
ところが、ドタキャンなどもあって、当日になっても行く人がいなーい!

「タダでもいいから一緒に行きましょう! チケットがもったいない」

…ってことで、大学時代の先輩O野木さん(すでに不惑だというのに、定職を持ったことがない豪の人。でもマジ尊敬してます)、このブログにもよく登場するS藤の3人で行くことに。

1枚31000円したから、62000円損したことになります…。

ホントは本戦だけ観るつもりでしたが、これじゃあまりにももったいなさすぎる!

もともとチケットは3日通し券。
友達を連れて行くわけだし、下見ついでに…ってワケで、土曜の予選も観に行くことにしたんです。

まさか、この決断が地獄のような苦しみを味わうことになろうとは…。

* * * * * * * * * *

この富士グランプリは、付近道路の渋滞などの問題から、入退場者をすべて「チケット&ライド」という、決められたシャトルバス乗り場からサーキット場まで輸送する方式が取られていました。

ただし。
ボクは小田急線の新松田駅が指定の乗り場だったのですが、駅から30分くらい歩くっつーんだよね。ちょっと辟易しました。
…あとで、こんなことくらい全然マシな事態だったんだ、とわかるんだけどw

9月29日。家を出たのは7時半くらいだったでしょうか。
西浦和を出て、電車を乗り継ぎ、新松田駅に着いたのは確か10時少し前だったと思います。
予選開始は14時。これなら余裕かな、と。

テロテロ歩いて、シャトルバスの発着所についたのは10時20分くらい。
ここでバスがなかなか来ず、結局シャトルバスに乗り込めたのは12時前。
でもここまでは想定内でした。
そりゃ交通インフラがまったくダメなサーキットだし、多少は混むこともあるだろうと。
現地まで約1時間つーことで、着いたらなんかグッズでも覗くか…なんて余裕ぶっこいていました。

ところが。
確かにサーキット場には13時過ぎに着きましたが、そこからゲートは見えてるのにバスが一向に動かない!
見ると、今まで見たことないようなバスの列が道をズラリ!!
13時45分くらいになっても、バスは動きません。予選までもうあとわずか。しかも、車内には何のアナウンスもないから、事態がどういうことかさっぱりわからない。
他の客も慌てて、「ここで降ろせ!」と運転手さんに迫り、ようやく開放されました。
そこから、アップダウンの激しいサーキット場の道を歩き、自分の席まで目指すことに。

またN席が入り口から遠くて遠くて…。
すでに予選は始まり、F1マシンのエンジン音が聞こえてくる。
えー、そんなのありかよーっ!?

結局、席に着いたのは、第1ヒートが終わる直前。
当然、佐藤琢磨の走りなどはみれましぇーん。

N席からの全景 観客に手を振って応えるハミルトン

小雨降る相変わらずのコンデションだし、正直この時点でウンザリ。
それでも鮮やかなハミルトンの逆転ポールポジションが観れたからいいか、なんて自分を納得させたりして。

さて、4時くらいに予選も終わり、帰ろうとしたところ、当然道はゲロ混み。
指定のシャトルバス東1乗り場に行くまで30分かかりました。

が! ここに並んでからがまたひどい!!
まったく列が動かないんです!!!!

列も指定の場所が決まっておらず、行列が狭いところで蛇行しているので、人込みだらけの圧迫感が正直怖い。将棋倒しもありそう。
係員がどうやら拡声器でなにやら言っているんだけど、まったく聞こえないし。

その状況が約2時間続きました。

ようやく列も動き出して、「道路陥没のためバスが到着できなかった」と、遅れていた理由もわかったんだけど、係員の説明もあいまい。拡声器からところどころ聞こえてくる声。

「事故のた…西乗り場か…のバスの…が…でも西まで歩いて30分かかり…なり待つと思われ…」

なんだよ、それ(怒)。

結局バスに乗り込めたのは21時前。新松田駅に着いたのが21時50分くらいで、自宅に帰ったのは、武蔵野線の終電でした。
ネットにもあるとおり、帰宅できなかった人が多数いたようです。

正直、次の日に行くの迷いました。

でもO野木さんとS藤に「行く」と言ってるし。道路陥没が原因だったって言ってるし、さすがに今日のことを教訓に、いろいろ対策練るだろう。

…行くことにしちゃったんですねwwwww
翌日、同じような地獄を味わうことも知らずに…。

続きます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://daiginga.blog69.fc2.com/tb.php/99-313980dc

プロフィール

編集・秋

Author:編集・秋
年齢:昭和44年生まれの47歳。
   忠義もへったくそもない一人四十七士(意味不明)
職業:麻雀漫画誌「近代麻雀」等、元(涙)編集
趣味:ギャンブル(競馬・麻雀等)
   プロレス観戦
   ハロプロ・乃木坂46鑑賞
(おいおい、増えちゃったよ)
   ほかいろいろ
貯金:0万(なくなりました…)
ギャンブルの負け金:約1800万(順調に増えてます…)
座右の銘:ワルツにはワルツを、ジルバにはジルバを
(byニック・ボックウインクル)

Twitter

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索