かっぱがれ編集・秋のへっぽこギャンブル日記

基本はギャンブル日記だけど、まあ趣くままにてきとーに。

人の口に回転ドア

週プロ。
1週遅れで鈴木みのるvs編集長の採点システム対談。先週はフェイントでしたかw

読んだ感じだと、論点はずっと平行線のまま。
結論は出ずに、なんとなく朝青龍問題とかにズレていってインタビューは終了…って、えー!?w
まあ、そりゃレスラーと編集長の立場からじゃ全然違うけどなぁ。

やはりレスラー側じゃなくて、読んでる読者の意見を集約しないと…と考えてるうちに、こんなこと考えてても無意味なことにようやく気づきました。

だって、週プロさんからしてみれば、この採点システムがいいか悪いかを判断する材料は2つだけ。

①採点システム導入で部数が上がるか下がるか。
②取材するレスラーと団体の態度が良くなるか悪くなるか。

でも、この採点システムの有無で部数が大幅に変わるとは考えづらい。
ってなると、週プロさんが気にするのは、レスラーや団体の反応だけ。

その張本人の鈴木選手が「ムカツくけど、勝手にしろ」みたいな感じで、他のレスラーたちも取材拒否とかしないなら、変える必要はなんにもない。ほら、論争するだけ無意味。

まあ、かくいう否定派のボクも週プロをやめるつもりはないし。
きっとこのまま採点システムは継続されていくんでしょう。あーあ。



ただ、雑誌編集者として、佐久間編集長の「ボクらも作った雑誌を関係ない人に批評されるのは気分よくないですから」という発言にはちょっと引きました。

「関係ない人」の線引きがどこまでかわからないけど、読者からの批評自体は真摯に受け止めないといけないんじゃないのかなぁ。
正しいとか実現できるかどうかはともかく、どんな批評もひとつの意見として咀嚼できなければ、出版人としてどうなのか、と。

「近代麻雀」作ってた奴が出版人のモラル語るなよなぁ…って言う人もいるでしょうが(苦笑)、読者アンケートから某巨大掲示板にある書き込みまで、編集部にいたときは「ああ、こんな意見があるのか」と参考にしてましたけどね。

…確かに「理不尽な辛口意見」は気分よくないけどさぁwwwwww

とはいえ、このインタビュー、鈴木選手と佐久間編集長の「実はいい人なんじゃないの?」って部分が垣間見えるんですよw
佐久間編集長はちょっと鈴木選手に対して萎縮してて、鈴木選手の発言に調子を合わせている部分もあったんではないか、と。
だから、上記の意見も佐久間編集長の本意ではないと思います。なんて偉そうなんだ、俺。

無事、(両親の)田舎から帰ってきました。
前回ブログで触れた「日田ヤキソバ」も食べてきました。

日田ヤキソバ。

何が違うかって言うと、最初に麺を鉄板で焼いてから、改めて具を混ぜるので、麺の半分が固ヤキソバみたいになってるんですな。外はパリッ、中はモチッとな。
で、具はシンプルにもやしと肉と紅ショウガのみと。なかなかいけます。
他にもいろいろ特徴があるようですが、「日田」「ヤキソバ」で検索してみてくださいw

それと帰りの新幹線で食べた博多名物の駅弁「ふぐの丸ごと一本寿司」

外見。 中はこんな感じ。

これをもみじおろしと醤油を混ぜて食します。
なかなか豪快で、美味ざんした。

…えーと、ああ、このブログってギャンブル日記だったっけ?w
次回は競馬のお話書きます。

 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://daiginga.blog69.fc2.com/tb.php/93-7354eed7

プロフィール

編集・秋

Author:編集・秋
年齢:昭和44年生まれの47歳。
   忠義もへったくそもない一人四十七士(意味不明)
職業:麻雀漫画誌「近代麻雀」等、元(涙)編集
趣味:ギャンブル(競馬・麻雀等)
   プロレス観戦
   ハロプロ・乃木坂46鑑賞
(おいおい、増えちゃったよ)
   ほかいろいろ
貯金:0万(なくなりました…)
ギャンブルの負け金:約1800万(順調に増えてます…)
座右の銘:ワルツにはワルツを、ジルバにはジルバを
(byニック・ボックウインクル)

Twitter

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索