FC2ブログ

かっぱがれ編集・秋のへっぽこギャンブル日記

基本はギャンブル日記だけど、まあ趣くままにてきとーに。

かっぱがれGI競馬予想:2019ジャパンカップ

私、先日Twitterにこんな話を書きました。

ホント、今年ほどジャパンカップに乗り切れない年はないですね。

強豪外国馬が揃わなくなったのは主に2つ。香港カップが年末に控えていることと、日本の芝が硬くて、外国馬に適性が合わなくなってきたこと。それはわかるとして、じゃあジャパンカップにアーモンドアイという日本の最強馬が出てこないってのはどういうことなんですかねぇ。

昨年勝ったから? それにしたって、これだけジャパンカップで高額な賞金を出しているにもかかわらず、国内で一番のスーパーホースですらが香港を目指すとか、明らかに異常事態だと思うわけですよ。それだけ香港が魅力的ってこと? おそらく違いますよね。

結局、馬のローテーションだ騎手の都合だとか言い訳して、グループ内での強い馬同士の対決を避ける社台の好き勝手が、ジャパンカップをダメにしてるような気がするわけで。

強い馬同士が、最高の舞台で争う。ファンが期待している当たり前のことが、当たり前じゃなくなっている。ジャパンカップの予想を得意としていた故・清水成駿さんは、生前から憂いておりました。こんなんじゃ「社台の運動会」だと。

ちなみに、外国馬がジャパンカップに来ない問題のB面に、日本馬が「凱旋門賞」に勝てないというのもありますよね。

芝が深くパワーが必要な欧州の馬場とは違い、硬くて足抜きが良く、スピードが求められるのが日本の馬場です(北海道の競馬場除く)。サンデーサイレンス以降の社台グループが目指してきた最強馬の血統は、もちろんG1が行われる日本の馬場に合わせたもの。そりゃそうですな、そこにターゲットを絞らなければ「おまんま」の食い上げになる。

とは言ってもですよ、「日本競馬の悲願は凱旋門賞」って言っておきながら、その凱旋門賞に適した繁殖をしていないのって不思議じゃないですか? いわば野球で金メダルを取るために、ずっとソフトボールで育成してるようなもんです。

最強馬をジャパンカップに揃えるという目的が形骸化し、悲願の凱旋門賞を勝つのにも本気を出さず…競馬のロマンってどこにいっちゃったんでしょ?

個人的には、本気で日本の競馬が世界を目指すのなら、お台場でも横浜でもいいので、都内近郊にもうひとつ競馬場を作ればいいと思います。ドームにして欧州と同じ芝が生育できるようなコースの競馬場を作り、そこでジャパンカップを開催すればいいんです。

なんなら、その日はG1同一開催デーにして、1200mや2000mのG1レースをする。ただ、今の秋開催だとG1ローテが破綻するので、宝塚記念の開催日あたりに設定するとか。

そうすれば、海外の強豪馬も多く集まるでしょう。日本の馬も、欧州同様のコースで競い合うことで、凱旋門賞を目指すことができる。今のJRAなら作れるでしょう。それこそ、凱旋門賞制覇を悲願とする競馬サークルから寄付を募ればいい。もちろん、日本競馬の発展を祈ってやまない社台グループが、多額の寄付金を送ってくれるはず…w

まあ、奇想天外な発想だと思いますが、今年はそんなことまでも夢想するレースになってしまいました。。。

* * * * * * * *

さて、ジャパンカップの予想を。今年のジャパンカップで、非社台系の馬はなんとウインテンダネスただ一頭。同情馬券にしても、さすがにこれは買えないw

前述の清水成駿がご存命であれば、どんなコラムを書いていたかーー自分は「ジョッキー」に焦点を絞って書いていたような気がするんです。

外国馬は一頭も出てきていないにのに、外国人ジョッキーは実に7人。こんなところだけ、日本の競馬は国際化している。悪く言えば世界のトップジョッキーたちの草刈り場。だからこそ「日本の騎手よ、頑張れ」なのか、「せめてレースは外国人に勝ってもらって国際レースの面目を保とう」なのか。

■ジャパンカップ《GI》予想■
◎ルックトゥワイス 〇エタリオウ ▲スワーヴリチャード
△ジナンボー △タイセイトレイル △ユーキャンスマイル
△レイデオロ △ワグネリアン


自分の予想は後者。ルックトゥワイスに騎乗するデットーリは、シングスピール、ファルブラヴ、アルカセットとジャパンカップを3勝し、3着以内をハズしたことがないトップ中のトップ。メルボルンカップでの降着は、いまだ勝利への闘争心が衰えていない証拠であり、日本での騎乗期間が短縮されただけに、元も取らずに帰国するわけがない…って感じでしょうか。

良馬場ならユーキャンスマイルで決まりだと思ってたんですが、どうも重から不良馬場は避けられない情勢。ジャパンカップを袖にした強豪外国馬たちも思わず「二度見」するような、重馬場を苦にしないステイゴールド産駒の豪脚を披露してもらうことを祈りつつ。

あとは、やはりステイゴールド産駒のエタリオウ。京都大賞典で5着とはいえ、休養明けでアガリ最速ならそこまで悲観する内容でもなく、馬場も加味して一発を狙ってみる価値は十分。勝ちきれないエタリオウの先輩ともいうべき、2勝馬だったロイスアンドロイスもジャパンカップで3着に来たことがあったじゃないですかw

で、もう一度だけスワーヴリチャードを。馬格を考えれば、スピード勝負だった天皇賞よりもパワーのいる馬場になりそうな今回の方が向いていそう。

そんなわけで、今回の◎なら人気も手頃。単勝のほか、一応は印通りに馬連を回すけど、馬場次第では他の馬にも。◎◯流しなら3連複でもなかなかの高配当に恵まれそう。

デットーリジャンプの時は、自分も一緒にジャンプしたと思ってくださいw

なお、当方の予想を参考にしてハズれても、責任は一切取りませーん!




■ジャパンカップ《GI》結果:ハズレ
1着:
▲スワーヴリチャード 2着:…カレンブーケドール
3着:△ワグネリアン 4着:…マカヒキ 5着:△ユーキャンスマイル


ロマンじゃメシは食えねーなー(´・_・`)

想像以上に重い馬場だったようで、ルックトゥワイスには合わなかったんかなぁ。
我ながらスワーヴリチャードの見立ては良かったと思うんだけど、3歳馬のカレンブーケドールがきちゃった時点で、何を買っても一銭にもならなかったからなぁ。

ま、今年のジャパンカップはこんなもんでしょ。
有馬の方がもうちょっと豪華メンバーが揃いそうなんでちょっと楽しみ。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://daiginga.blog69.fc2.com/tb.php/900-98ab5a03

プロフィール

編集・秋

Author:編集・秋
年齢:昭和44年生まれの51歳。
   D51(Dは「どうしようも
   ない」のD。ほっとけ)
職業:「近代麻雀」等、元(涙)編集
趣味:ギャンブル(競馬・麻雀等)
   プロレス観戦、お城の旅行、
   ハロプロ・乃木坂46鑑賞
   ほかいろいろ
貯金:0万(なくなりました…)
ギャンブルの負け金:約1800万(順調に増えてます…)
座右の銘:ワルツにはワルツを、ジルバにはジルバを
(byニック・ボックウインクル)

Twitter

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索