かっぱがれ編集・秋のへっぽこギャンブル日記

基本はギャンブル日記だけど、まあ趣くままにてきとーに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットプロレス大賞2015

えんやーとっと。プロレスの話が分からない方は今回はご勘弁。
今年も「ネットプロレス大賞2015」にエントリーさせてもらいます。

自分がなぜこの賞に応募するかはもうさすがに長年同じことを説明してきているので、そこは昨年のブログを参考にしてもらうとして。
以前と違って、今の「ネットプロレス大賞」には応募フォームがあるから、ここで発表する必要はないんですけどね。好きなんです、こういう話がw

ちなみに、2015年の自分の観戦は、NOAHが最多。次に新日、DDT系、みちのく、天龍プロジェクト、WWE、全日…だったかな。
RIZINやUFC JAPANまで含めると、50~60大会くらいは生観戦してると思います。我ながら恐ろしいw
それでは、発表!


◆MVP◆
1位:オカダ・カズチカ
2位:鈴木みのる
3位:棚橋弘至


◆最優秀試合◆
1位:HARASHIMA&大家健 vs 棚橋弘至&小松洋平(11.17後楽園)
2位:天龍源一郎 vs オカダ・カズチカ(11.15両国)
3位:ジョン・シナ vs ケビン・オーエンズ(7.3両国) 


以前のネットプロレス大賞で自分の書いたブログを読み返していて、改めて気づいたのですが、2014年初めまでのオカダは、恵まれた体躯とセンスに裏打ちされた技のインパクトと勢いだけでプロレスをしているところがありました。
それが木っ端微塵に粉砕されたのが、2015年ドームでの棚橋戦。2015年というのはまさに、そんなプロレスエリートのオカダが挫折を経験しつつステップアップしていった、「レインメーカー第二章」という壮大なプロレスサーガの渦中にあったワケで。

そう考えると、あまりにもセンセーショナルだった天龍源一郎の引退試合も、もはや必然だったと思えてくるんですよね~。
すでに歩くことすら困難な天龍とメインイベントで試合をするということが、どれだけオカダにとってプレッシャーになっていたことか…これを乗り越えて見事なベストバウトを作り上げた経験が、間違いなく今年の1・4にも生きていたはずです(あの低空ドロップキックとかね)。

対して、棚橋。
とにかく#大家帝国興行のタッグマッチが在りし日のWARvs反選手会同盟の抗争を思い出させたほどのヒートを呼んだわけで、この試合自体を最優秀試合1位にすることの方が、現在のスッキリしすぎているプロレス界にとっては意義があるのではないかと。

ただし、それもこれも、もともとは棚橋が巻いた種ってところがマイナスなんですよね。昨年の竹下戦もそうなのですが、どうも未知の相手との「テーマ作り」にムラがありすぎて…。
他団体との対抗戦でヒールを演じる棚橋は最高に魅力的なんですが、かつてのエース時代にマニア層から嫌われていたことがトラウマなのか、他団体に上がった時の自分の魅力にポジティブになれないのかもしれません。

HARASHIMA戦は、明らかに棚橋自身のアテンドミス。G1優勝から1週間後ということでDDTファンからもリスペクトされていたのに、「対抗戦仕様」でリングに上がってしまったという…。
かつて棚橋は、全日本プロレスのチャンカンに乗り込んで諏訪魔と名勝負を演じたことで、自分自身の飛躍に繋げたことがあるのですが、その辺の原体験も強すぎるんじゃないのかなぁ、とか。

まあ、災い転じて…で、あの熱気を帯びたタッグマッチを実現させたのには価値があるんですけどね。だから選手の評価としてはプラマイゼロ。ある意味、偉いのはマッスル坂井。(てか、オカダに関しても、本当に偉いのは外道って話もあるけどw)

鈴木みのるに関しては、1年間NOAHマットを牽引してきた功績…ってことで。
個人的には毒が強すぎて、NOAHファンがアナフィラキシーショックに陥ってると思ってますけどね^^;
特に大阪の杉浦戦(大阪にいたるまでの前哨戦も含めて)は本当に凄かった。40過ぎたオジサンレスラーが、毎日生死のかかったシバキ合いを繰り広げてるんですから…。杉浦を鈴木軍に引き入れたのは、もうあんなハードヒットな試合をしたくなかったからじゃないかしらw


◆最優秀タッグチーム◆
1位:リコシェ&マット・サイダル
2位:岡林裕二&関本大介
3位:バラモン兄弟


2位と3位はもう常連というか、安定度という意味でしかコメントのしようがない(岡林と関本はタッグというより諏訪魔vs藤田でのインパクトが大きいかも)ので、1位だけ。
あまりドラゲーをきちんと観戦できてない旧ファンとして見ても、ホント新日はズルいw ドラゲー屈指のハイフライヤー外国人タッグとか、本当にとんでもないですよ(ほめ言葉)。 
ヘビーとJr.の境界線があいまいな(オメガのコンチ挑戦とか)最近の傾向を考えれば、そのままIWGPタッグ戦線に出しても人気が大爆発すること請け合いのチームだと思います。いや、出せ。お願いだからw


◆新人賞◆
1位:エル・デスペラード
2位:赤井沙希
3位:梅田公太


東スポのプロレス大賞では「該当者なし」ということで話題になった新人部門。
新人というとなんか微妙な気がするんですが、鈴木軍で他メンバーと同様の存在感を示すデスペに自分は一票ですかね。

2位の赤井は順当として、3位の梅田。なんといっても、NOAHのJr.タッグリーグ戦抜擢が素晴らしいです。
かつてNOAHへ「出向」して出世していった先輩が飯伏だったことを考えても、DDTが強く期待してる選手であることが読み取れます。マニアとしては、しばらくマークしておきたいところ。


◆最優秀興行◆
1位:7.3 WWE/両国国技館
2位:11.17 #大家帝国興行/後楽園ホール
3位:11.15 天龍プロジェクト/両国国技館


最優秀試合の項では触れられませんでしたが、とにかく2015年のWWE2Daysは最高でした。
特にTV中継のなかった1日目! ジョン・シナ vs ケビン・オーエンズ、フィン・ベイラー vs クリス・ジェリコと年間ベストバウト級の試合が2試合も飛び出したことに驚いたんですよね。
セミはジャパニーズスタイル外国人世代抗争といった感で、納得の試合構成(ウォールズ&コードブレーカーもキックアウト→ライオンズサルト→剣山→フィニッシュのフットスタンプ)にため息をついたわけですが、その後のメインがまた凄かったという。
従来のWWEスタイルのハウスショー枠を超えた、ギリギリの技の応酬。PPV時よりも激しい試合ってなんなんだ!? 「エレクトリックチェアー式シットダウン・フェースバスター」とか、マネーインザバンクでも出してなかっただろ、確か!w


◆最優秀団体◆
1位:新日本プロレス
2位:NOAH
3位:DDT


新日本プロレスとDDTは面白さとしては安定してるんですが、安定しすぎちゃって「アッ!?」という驚きがないんですよね。
それこそWWEだったら毎年のようにメンバーが入れ替わって、ニューカマーが新風を呼び起こすわけなんですが、今の両団体にはその動きが鈍いような。新日本は内藤絡みでなにか新しい動きも見えるんですが…。

そういう意味では、いろいろな意味でギリギリで逼迫していたNOAHを今回は2位で投票しておきたいかな、と。
「新日の衛星団体化」なんて話もありますが、むしろそれをプラスにして欲しいんですよね。開き直って、ワンナイトだけ棚橋やオカダが登場してもいいと思うし。逆に、鈴木みのるをNOAHの中だけの存在にするのももったいない。


◆最優秀プロレスを伝えたで賞◆
1位:水曜日のダウンタウン

2位:劇場版プロレスキャノンボール2014
3位:週刊プロレス「剛竜馬特集」


前回も書いたのですが、この賞は個人的に対象が広すぎちゃって。
「定期マスコミ部門」とか、「書籍・ムック部門」「ドキュメンタリー・バラエティ部門」と分けて欲しいところなんですが…。

2015年は「定期マスコミ部門」として投票したんで、今年は「ドキュメンタリー・バラエティ部門」で投票しておこうかと。

1位はとにかくプロレスファンのスタッフが、センスよく番組にアダプトしているのが本当に痛快なんですよね。レスラーを笑い者にするのではなくて、ギリギリのリスペクトを感じるというか。エル・チキンライスとか、どんな企画会議で出たんだよ!w

極上のロードムービーとまではいかずとも、DDT系レスラーの本気のお遊びが楽しめた「プロレスキャノンボール」を2位に。
あ、でも2015年、自分がドキュメンタリー映画で1位を選ぶなら、ダントツで「悲しみの忘れ方」ですw
(もちろん映画全体なら「マッドマックス」!)

で、3位。もうこれ、バラエティでしょw
サトヘン(佐藤正行編集長)が剛竜馬選手担当だったのはもちろん知ってるし、はるか昔の「プレッシャー」忘年会でもゲストに連れてきていたのも覚えてますが、さすがに巻中16Pぶち抜き大特集は凄まじ過ぎます。だって、現役時代でもそんな大フューチャーされたことないよ、剛竜馬って!w

ちなみに、「定期マスコミ部門」と「書籍・ムック部門」なら――。

◆定期マスコミ部門◆
1位:KAMINOGE
2位:Dropkickチャンネル
3位:新日本プロレス・ワールド


◆書籍・ムック部門◆
1位:日本プロレス事件史
2位:フミ斎藤のプロレス講座
(←書籍じゃないけどネット系読み物ということで)
3位:真説・長州力


…かなぁ。「新日本プロレス・ワールド」も「真説・長州力」も購入してないんですけどねw
話題性って意味で、自分にもいろいろ話が伝わってきたのでチョイス。



…以上でーす。
毎年のことですが、ホント長文失礼しました!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://daiginga.blog69.fc2.com/tb.php/773-5a8ff185

プロフィール

編集・秋

Author:編集・秋
年齢:昭和44年生まれの47歳。
   忠義もへったくそもない一人四十七士(意味不明)
職業:麻雀漫画誌「近代麻雀」等、元(涙)編集
趣味:ギャンブル(競馬・麻雀等)
   プロレス観戦
   ハロプロ・乃木坂46鑑賞
(おいおい、増えちゃったよ)
   ほかいろいろ
貯金:0万(なくなりました…)
ギャンブルの負け金:約1800万(順調に増えてます…)
座右の銘:ワルツにはワルツを、ジルバにはジルバを
(byニック・ボックウインクル)

Twitter

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。