かっぱがれ編集・秋のへっぽこギャンブル日記

基本はギャンブル日記だけど、まあ趣くままにてきとーに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻雀最強戦2015まであと数分ですが

それこそあと数分で始まる「麻雀最強戦2015ファイナル」。

ホント今さらなんですが、自分が今年ポイントである最強戦の簡単なポイントを書いてみますか。
詳しいポイントは金ポンが『近代麻雀』誌上で書いてますけど、かいつまんで知っておきたい人は、これから書く部分だけでも知ってると、最強戦をちょっぴりお得に楽しめるかも?

ポイント1○藤田晋現最強位の連覇なるか?
2015年、サイバーエージェントさんが主体となった企業対抗戦や、スポーツ新聞主催の麻雀リーグなど、ギャンブル以外の話題で麻雀が世間に露出する機会の多い年でした。
その牽引役が藤田さんだったのは言うまでもありません。

学生時代から桜井章一さんの「牌の音」に出入りするなど、麻雀に対する情熱は人一倍あった藤田さん。
最強位となったことがきっかけで、ここまで麻雀界に貢献していただけるのは、業界の隅っこでお仕事をしてる自分にとっても頼もしい限りだったり。
(個人的には、藤田さんに協力してもらってることに甘えてばかりの業界がねぇ…。もっとベクトルを外に向けろやとか思うんだけど、まあその辺の不満はおいといてw)

ここで藤田さんが最強位を連覇をすれば、その協力姿勢はさらに顕著となるでしょう。
しかしその一方で、世間は「麻雀プロって、アマに連覇されちゃうくらい弱いんだね」という評価にもなりかねません。
心ある麻雀プロなら、それだけは避けたいと思っているはずです。

「藤田晋vs麻雀プロ連合軍」――今大会一番のポイントはここでしょう。

最近の藤田さんは多くの麻雀プロと卓を囲んでいるということで、「寝技」もマスターしてきているというお話も聞いていますが、個人的には今大会の藤田さんには、前大会同様、雀鬼流の人間が見せるような「圧倒する麻雀」でプロと対峙してほしいと思います。
スケールの大きい対局が見られることを、皆さんで期待しちゃいましょうヾ(・∀・)ノ

ポイント2○初の女流最強位誕生なるか
平成元年から開催されている麻雀最強戦ですが、その長い歴史を見渡しても、いわゆるプロアマ混合のファイナル最強位の中に女流最強位は一人もおりません。

アマ最強戦やプロ予選の参加比率を考えれば、男性プロが圧倒的有利だったのは間違いなく事実です。
しかし、今大会は女流最強位誕生の期待が俄然高まっています。

まずその筆頭として挙げられるのが、「最速マーメイド」魚谷侑未プロの存在です。
モンドTVが開催するリーグ戦の頂点である「モンド王座決定戦」を制した実力派ということはもちろんですが、その麻雀と向き合うストイックな姿勢は、従来の女流プロとは明らかに一線を画しており、男女を抜きにしてもこれからの麻雀界を背負う逸材なのは間違いありません。

「麻雀最強戦2013ファイナル」では、オーラスの倍満和了で瀬戸熊プロを撃破して決勝へと進んだ活躍も記憶に新しいところ。
その時の決勝では、沢崎誠プロの前に若さを露呈した形となりましたが、今大会にそういった手練手管なベテランプロが不在なのも魚谷プロにとっては有利な条件かもしれません。
個人的に今回の最強戦の本命は彼女だったりするんで、頑張ってほしいなぁと思います。
(って、自分が本命にした途端に不ヅキが彼女に襲いかかりそうで怖いw)

もちろん、他にファイナルに進出している女流プロ・和泉由紀子プロと石井あやプロにも勝機は十分あると思います。
ここ数年、他のタイトル戦線では不遇だった(ように思える)お二方だけに、むしろ今回の最強戦でドカーンと大爆発しそうな予感があるのです。

卓割から見れば、藤田晋vs女流3人という決勝卓が出現する可能性もあるんですよねw
誰しもがアッと驚く決勝を見てみたいなぁ(´ω`人)

ポイント3○アマvsプロ、優勝はどっち?
以前からお話してることなんですが、麻雀最強戦とは「アマvsプロ」といった、「麻雀におけるプロの存在」を常に問いかけるタイトル戦です。

もともと、第1回の最強戦は、「最高位戦、プロ連盟と分裂していった競技団体の打ち手が一堂に会するオールスター戦を開きたい!」…という近代麻雀編集部の想いがあって実現しましたが、皮肉にもそこで優勝したのが、桜井章一さんのいわば「代打ち」という形で参加したアマチュアの片山まさゆきさんだったという経緯があります。

その後も、雀鬼会選手の台頭や読者最強位の活躍など、麻雀プロがアマに凌駕される場面が数多く起こるのは、もはや最強戦という大会の生まれ持った運命といっていいでしょう。

今年はファイナルのアマチュア参加枠が減り、16人中4人しかアマがいませんが、その中には現最強位の藤田晋さんと、初代最強位の片山まさゆきさんが控えています。
全国アマチュア最強位の高橋凌さん、著名人最強戦から進出の押川雲太朗さんも、実力的には麻雀プロと何ら引けはとらない雀力の持ち主に見えます。

ある意味、アマチュアの参加者は、僕ら一般の打ち手の代表となる存在です。
この4人の打ち手に感情移入しながら最強戦を見たりすると、麻雀対局の動画を一度も見たことがない人でも、十分盛り上がれるかもしれませんよ。

…以上です。
自分も関係者ってわけでもないのですが、あとで対局スタジオにのこのこ行って、観戦しようかと思っていたり。

2015年最高の闘牌クライマックスを、ぜひ皆さんもモニター上から体感しちゃってください!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://daiginga.blog69.fc2.com/tb.php/768-3934e208

プロフィール

編集・秋

Author:編集・秋
年齢:昭和44年生まれの47歳。
   忠義もへったくそもない一人四十七士(意味不明)
職業:麻雀漫画誌「近代麻雀」等、元(涙)編集
趣味:ギャンブル(競馬・麻雀等)
   プロレス観戦
   ハロプロ・乃木坂46鑑賞
(おいおい、増えちゃったよ)
   ほかいろいろ
貯金:0万(なくなりました…)
ギャンブルの負け金:約1800万(順調に増えてます…)
座右の銘:ワルツにはワルツを、ジルバにはジルバを
(byニック・ボックウインクル)

Twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。