かっぱがれ編集・秋のへっぽこギャンブル日記

基本はギャンブル日記だけど、まあ趣くままにてきとーに。

2015年10月1日号のかっぱがれ

何かと話題になっとりますw 9月1日発売の『近代麻雀』w
今号も「かっぱがれ」は掲載されております。

今回のゲストはこのお三方!

今回のゲストの3人。

新人麻雀プロの楠原遊さん。声優の小林未沙さん。そして、原作者の朽葉狂介。(←イヤガラセw)

女性お二方のエピソードは、昔このブログでも書いてきたお話です。
「オンバトチームの監督」と触れられていますが、実際はそこまで偉いもんでもなくて、やることといえば、知り合いの麻雀プロをお呼びして、だいたい月に一度ほど麻雀をするくらいでした。

局ごとにみんなの手牌を開いて、その場で検証。

コーチ役のプロ「楠原さん、そこは三萬じゃなくて1索がいいかな。345の三色が見えるでしょ?」
楠原「あ!?ホントだー。」
「小林さん、そこは七萬切るよりも5索じゃないかなぁ」
小林
「…秋さん、5索ってドラなんですけど

ゴホン。
そんなこんなで当時のチームの皆さんにはご迷惑をおかけしましたわけですがw

今や二人は、かたや大会運営のスタッフやライターにも秀でた麻雀プロ、かたや麻雀番組のMCも務める声優さん。
これからの活躍も期待して、自分が登場する作品にゲストとして登場をお願いした次第であります。

で、実際の対局の際の写真w

そうそう、朽葉の最後の手牌。

あれ、普段ならアガらない人のほうが多いと思います。(ですよね?)
ただ、やっぱりサシウマがあったということで、結果としてはああなりましたが、朽葉はアガって正解だったんじゃないでしょうか。
直撃で12000ということは、24000点差もサシウマ相手を引き離せるわけで。東風戦でそんなチャンスはなかなかないですよね。

でも、もし一発でもなく、6筒を切ってたら?www

ちょっと悩んじゃいますよね。
アガるアガらないよりも、あんな引っかけの点数問題に出るようなアガリが出現したこと自体、振り込んだ自分としてはめちゃめちゃおかしかったりして。気になる方は、ぜひ誌面でご確認のほどをw

そんなわけで、この元マージェンヌ&朽葉サシウマ対決の続きはまた次号!

こぼれ話の続きもまたそこで^^

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://daiginga.blog69.fc2.com/tb.php/757-c838bf72

プロフィール

編集・秋

Author:編集・秋
年齢:昭和44年生まれの47歳。
   忠義もへったくそもない一人四十七士(意味不明)
職業:麻雀漫画誌「近代麻雀」等、元(涙)編集
趣味:ギャンブル(競馬・麻雀等)
   プロレス観戦
   ハロプロ・乃木坂46鑑賞
(おいおい、増えちゃったよ)
   ほかいろいろ
貯金:0万(なくなりました…)
ギャンブルの負け金:約1800万(順調に増えてます…)
座右の銘:ワルツにはワルツを、ジルバにはジルバを
(byニック・ボックウインクル)

Twitter

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索