かっぱがれ編集・秋のへっぽこギャンブル日記

基本はギャンブル日記だけど、まあ趣くままにてきとーに。

夏の思い出<風雲竜虎編>

ああ、もう一ヶ月経っちゃったのか。
諸事情もあるけど、10月に入るまでにはすべて予定していた話を書き終わらねば。

【8月25日】

夏の旅行2日目にして最終日。
中洲の屋台でラーメン食ってから6時間しか経ってないけど、博多を出発する前にこれは食わねばならんと、ごぼ天うどんかしわつき!

北九州名物・ごぼ天うどん 麺は腰がなくてモチモチ

シャキシャキごぼ天と、九州特有のコシのないトロトロうどんのマッチング。
カツオだしのスープと一緒に、かしわめしを口の中へとほうりこんでヒタヒタにして食べる幸せよ…。

月曜日ということで、通勤でごった返す博多駅を後にして、次の目的地は京都。
本当は広島城でも見ようと思ってたんですが、モンドTVの麻雀番組解説でもおなじみ(今さら説明する必要もないか)梶本琢程くんが関西著名人GPCリーグのために関西遠征をしているということで、新大阪で途中下車。梅田駅で合流することに。

串揚げをパクつく梶やんw 阪神百貨店の名物・いか焼き☆

「僕、ダイエット中なんですよねぇ…」

なんて不安がる梶やんをよそに、梅田の有名な串揚げのお店「松葉」と、阪神百貨店の名物グルメ「イカ焼き」へ。

「松葉」は地下鉄梅田駅の改札前に、立ち食いそば屋のような佇まいで営業する、古き昭和を感じさせるお店。
ここで真っ昼間から、酒と一緒にガツガツ串揚げを食べるというインモラルな感覚がタマらないんですよね(9月末に閉店というのが残念すぎる)。

いか焼きは、写真を見ての通り、お好み焼きのような粉モノなのですが、クレープくらいのほどの硬さで、立ったままパクパク食べられるチープさがいいんですよね。
正直、平日の昼間からそこそこ行列ができてるのには驚きましたがw
馬鹿にしてるわけじゃないけど、こういうジャンクフードは、並ばずにサラッと食べたいなぁ…とか^^;

* * * * * * * *

ダイエット中だった梶やんをさんざん太らせて、わずか1時間半でお別れw
そのまま山陽本線に乗り込んで、一路京都へと向かいます。

まずは、同志社大の横にある相国寺へ。
この辺、知る人ぞ知る時代劇ロケ地のスポットだったりするんです。
特に来たかったのがここ、大光明寺門・南塀。

この門を背にして… 中村主水に何人もの悪人が斬られてますw

マニアックなことを言いますが、ここ、新必殺仕置人・第8話「裏切無用」の殺陣シーンで使われたロケ地なのです。
あの門の上を巳代松が上ってバズーカ砲をぶっ放し、よろよろになった中村主水が金見屋の兄をぶった切り、女郎に化けた念仏の鉄が現れるという…なんの話だよw
この「裏切無用」という話、必殺シリーズの中でも5本指に入る名作なので、時代劇が好きな方はぜひ一度ご視聴のほどを。

次に来たのが、相国寺のある今出川駅から一駅、烏丸御池駅にある「京都国際マンガミュージアム」。
8月末までの開催だった「土田世紀全原画展」を観覧してきました。

実は今回の旅行の、最大の目的がここだったという。

京都国際マンガミュージアム 土田世紀全原画展のチラシ

土田世紀さんのプロフィールなど、細かい説明などの展示はほとんどなし。
とにかく生原稿をガツンと見せるという、マンガ執筆に心血を注いだ土田さんの生き様同様、異彩を放った原画展だったように思います。

字は三代目魚武濱田成夫氏のもの 原稿に埋め尽くされた圧巻の展示

土田さんとはほとんど面識はありませんが、自分の担当していた作家さんが土田さんのアシスタントをされていたので、原稿取りのために、吉祥寺にある仕事場に何度か行ったことがありました。
「俺節」時代からのファンだったので、何度サインをもらおうかと思ったかw

メイン作品以外で好きだったのが、宮本輝さん原作の「春の夢」という作品。
クライマックスでの見開きページ(どんなシーンだったかは、未読の方のために書きませんが)の迫力は、ドラマでも小説でもなく、間違いなくマンガならではの表現で、当時、マンガ編集者になりたくて就職活動をしていた学生の自分にとって、

「やっぱりマンガってスゲえじゃねえか!」

改めて、そう思わせてくれた名作であり…。

自分の好きな作品「春の夢」の見開き原稿

この「京都国際マンガミュージアム」、博物館というよりは、図書館のように大量のコミックスが所蔵されており、しかもすべて自由に閲覧が可能です。
この原画展以外のフロアでは、マンガ喫茶のように気楽な感じで、ホントに多くの子供たちがマンガをむさぼり読んでいました。

「何の理屈もいらない、とにかくマンガを読んでくれ!」

マンガに携わるすべての人の気持ちというのは、まさにこの一点だと思います。
目の前で繰り広げられているその光景はまさに理想的であり、土田さんの遺志もそこにあるような気がして、展示を見た後、勝手に一人ジーンとしていたという…。

やっぱりね、がんばってほしいんですよ。マンガ。

* * * * * * * *

祇園までゆるゆると移動 何度来てもいい風景です

土田世紀原画展を見た後は、祇園の方までぶらぶら歩き、休日はむちゃくちゃ並んでなかなか入れない人気の甘味処「ぎをん小森」へ。

京都ではよく見受けられるような、普通の一軒家を改造した風情たっぷりなお店で、案内されたお部屋には、30代くらいのカップルと、JKらしき二人組。
二組とも食べているのは、抹茶パフェ。

甘い!(甘味処だけに)

このお店が特に美味しいのは、ふんわり氷に上品な抹茶味の白玉にアンコを乗せて、練乳をトロリとかけた宇治ミルク金時なのだ!

とにかくでかい宇治ミルク金時! 

宇治ミルク金時が届いた瞬間、空気が凍る部屋内(カキ氷だけに)
どうだ者ども、まいったか。
自分の方向を見て、こそこそと話すJKコンビ。

「やばい、マジあのカキ氷でかくて美味そうじゃねえ?」
「あのヒゲオヤジ、いかにも食いそうな感じ~w」

お前ら、聞こえてるから!( TДT)

京都駅までひと歩き 鴨川で床料理もいつか食べんとなー

その後も、祇園から京都駅までテクテクと散歩。
こうやって振り返っても、ホント相変わらずよく歩き、よく食べた旅行でした。

来年もまた旅行って行けるのかしら…(主に経済的事情)。
とりあえず、最後までお付き合いありがとうございました^^

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://daiginga.blog69.fc2.com/tb.php/709-69726343

プロフィール

編集・秋

Author:編集・秋
年齢:昭和44年生まれの48歳。AKI48。
職業:麻雀漫画誌「近代麻雀」等、元(涙)編集
趣味:ギャンブル(競馬・麻雀等)
   プロレス観戦
   ハロプロ・乃木坂46鑑賞
(おいおい、増えちゃったよ)
   ほかいろいろ
貯金:0万(なくなりました…)
ギャンブルの負け金:約1800万(順調に増えてます…)
座右の銘:ワルツにはワルツを、ジルバにはジルバを
(byニック・ボックウインクル)

Twitter

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索