かっぱがれ編集・秋のへっぽこギャンブル日記

基本はギャンブル日記だけど、まあ趣くままにてきとーに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の思い出<旋風編>

結局、今年の夏は短かったな…。
秋がすっかり始まってますが、夏の思い出の続きでごわす。

【8月24日】
iPhone失くして傷心ではありましたが、今季2回目の旅行へ。
ゴールドシップとハープスターが参戦する札幌記念目当てに、札幌や根室を回る北海道旅行を考えてたんだけど…。

羽田空港。さあ出発! 博多駅でーす
▲羽田空港から…ビョーン!

はい、なぜか真逆の博多と相成りました。

北海道行くなら2泊以上したいところですが、身辺のことを考えたら、どうしても1泊が限界。お金も限界。
この夏中に京都へ行きたい理由(後日詳しく)もありまして、北九州から関西を周遊する旅行を選択いたしました。

福岡空港に到着してからホテルに移動して荷物を置いた後、在来線で小倉競馬場へ。

fc2blog_20140917022539bfa.jpg 天気はいまいちだけど、爽快感たっぷり☆
▲あいにくの曇り空でしたが、夏競馬は爽快でいいね。

ちなみに小倉競馬場が「MOZU」1stシーズン最終話の、空港シーンで使用されてたのって皆さんご存知でした?

実際に使用されたエントランスがここ。

小倉競馬場。「MOZU」最終回の空港シーンの場所です 

思わず、新谷宏美が串刺しになったポールを探してみましたが、あれはさすがに作ったセットのようでw
とりあえずエントランスを見ながら、博多駅で買った北九州名物・かしわめしの駅弁をパクつくことに。

博多駅で買った北九州名物の駅弁・かしわめし 見てよ、この彩りw

博多駅で買って、移動に1時間半、ワンちゃんの「おあずけ」状態でヨダレだらだらw
あ~、美味しかった…って、競馬しろよw

さて。小倉でも札幌ほど注目はされてはいないにしても、ちゃんと重賞レースがあったわけで。

1200mの北九州記念(G3)
自分の本命馬はベルカントでした

ベルカント。なんか元気がないような… 

この馬、いずれは短距離界を背負って立つ逸材だと思っているのですが、パドックを見た限りだとなにやら元気のないような。
…予感は的中しちゃいましたがな。

中団から伸びず、差せず… 

そんなわけで、相も変わらずの大惨敗。
札幌記念も、3歳ならメイチ仕上げはないだろうと思ったハープスターを叩っ斬ったら、そのハープスターが1着になるという…。
経済的な事情により、突っ込んでる金額はかなりの少額なものの、やっぱり旅打ちで負けるのはショックだな~w

今年も負けいくさだった…

おまけに、ホテルのある博多まで戻るのに、戸畑駅で快速に乗り換えようと思ったら、疲れてるせいか間違えて逆方面に乗り込んでしまい、気がつけば小倉駅へとUターン。
時間ももったいないので、博多までの一駅を新幹線で向かうという暴挙に。

かつての特急のヘッドマーク 一駅の新幹線の旅…
▲戸畑駅にはかつての特急のヘッドマークが展示されてました。

関東の人間でいえば、新横浜から東京へ行くのに新幹線を使うようなもの。
新幹線は「こだま」だったから、少し安くてラッキー…って、アホかw

そんな空虚な心を癒すには…やっぱり美味しいお食事しかありませんな♪
博多華丸・大吉さんがテレビでよく取り上げている「たつみ寿司」へ。

来ましたよ、たつみ寿司! 高級そうな構えです
▲高級そうな構えでしょ? 

何度かこのブログでは書いていますが、お寿司が一番美味しいのは、実は北九州なんじゃないかと思っています。
玄界灘や豊後水道などの有数の漁場で取れた、種類豊富な魚の数々。
特に東京の寿司しか知らずに来たお客さんは、びっくりするくらい身の締まったネタの数々に感動すること請け合いです。 (というか、自分も数年前にその感動を味わったクチw)
お値段も銀座のような高価じゃなく、1万そこそこでお腹いっぱい食べられますしね。

ネタにはそれぞれに合った薬味がチョコン メディアでおなじみ、ウニイクラ寿司inカクテルグラス
やっぱりお寿司には日本酒ですな♪
▲ネタは醤油じゃなく、それぞれに合った薬味で。ウニイクラ寿司はカクテルグラスに!

お店の人もカウンターから気さくにいろいろ話しかけてくれて、店内もいい雰囲気。
板前にいらした副店長から、帰る際に名刺を頂いたので、自分も取り急ぎ名刺を。
しばらく名刺をジーッと見ていた副店長。

副店長「竹…しょ、ぼう…。こちら、売る方ですか、刷る方ですか?」

返答に困るなぁ、その質問w

美味しいお寿司とお酒でほろ酔いになった後は、博多の街をふらふらと歩いて、低レートで麻雀ができる某店へ。
地方でフリーに入るのも、麻雀打ちとしては楽しみなんだよねー。

中洲の夜景。
▲中洲の夜景。なんとも美しいですな。

お店で卓を案内されて対面を見ると、まるで橋本環奈と三田寛子を足して2で割ったような感じ(なんだその時代を超越した例えはw)の、いかにも典型的な九州美人の女のコが。
お話してみたら、友達や彼氏がいるわけでもなく、普通にひとりでフリーに打ちに来ているらしい。うへー、 東京でもなかなかいないぞ、そんな女のコ。
でも、一緒にゲームをしてみると、まだ打ち方がちょっとおぼつかなくて、ノーテンリーチでチョンボとかもしちゃってる。

自分「低レートとはいえ、お店、怖くないの?」
女のコ「えー、だって麻雀面白いじゃないですか~*:.。☆..。.(´∀`人)キラキラ」

うおっ、いろいろ輝いてるよ、このコ。
そんな初々しさに心のリール停止ボタンを押されて、絶頂RUSHのように点棒を吐き出す中(どんな言い訳だよ)、自分にこんな配牌が。

七萬:麻雀王国八萬:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国二索:麻雀王国二索:麻雀王国九索:麻雀王国白:麻雀王国白:麻雀王国發:麻雀王国中:麻雀王国中:麻雀王国南:麻雀王国 ドラ八筒:麻雀王国

おっと、これはちょっとチャンス手な感じ。
とりあえず染めるのにどの色にしようかと思っていたら、うまい具合に發もトイツに。

七萬:麻雀王国八萬:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国二索:麻雀王国二索:麻雀王国白:麻雀王国白:麻雀王国發:麻雀王国發:麻雀王国中:麻雀王国中:麻雀王国南:麻雀王国 ドラ八筒:麻雀王国
 
ここから首尾よく中と白が鳴けて、こんなイーシャンテン。

七萬:麻雀王国八萬:麻雀王国五筒:麻雀王国二索:麻雀王国二索:麻雀王国發:麻雀王国發:麻雀王国 ポン白:麻雀王国白横:麻雀王国白:麻雀王国 ポン中横:麻雀王国中:麻雀王国中:麻雀王国 ドラ八筒:麻雀王国 

まごう事なき大三元チャンス。しかもまだ局面は7巡目。 
ワクワクしてるところで、上家から九萬がポロロ。

七萬:麻雀王国八萬:麻雀王国五筒:麻雀王国二索:麻雀王国二索:麻雀王国發:麻雀王国發:麻雀王国 ポン白:麻雀王国白横:麻雀王国白:麻雀王国 ポン中横:麻雀王国中:麻雀王国中:麻雀王国 出る九萬:麻雀王国 ドラ八筒:麻雀王国 

これ、みなさん鳴きます?

正直、まだ初心者メンツがいたりするなら、鳴いた後に發もポロッとこぼれるかもしれませんが、逆に2索をツモっちゃったりすると目も当てられない大惨事になりません?w

六九待ちは場の状況を見るに、なかなかのいい待ち。
ならばもう少し様子を見てみようと…ふかしてみたら。

七萬:麻雀王国八萬:麻雀王国二索:麻雀王国二索:麻雀王国發:麻雀王国發:麻雀王国發:麻雀王国 ポン白:麻雀王国白横:麻雀王国白:麻雀王国 ポン中横:麻雀王国中:麻雀王国中:麻雀王国 ドラ八筒:麻雀王国

なんと發がアンコになっちゃったよwww


あの九萬を鳴いていたら、發は下家に流れているところ。
下家は常連のお客さんなので、おそらく止められていたでしょう。

心の中でニンマリしてたところに、対面の女のコが九萬をトスッ。

「ローン+゚*。:゚+(*´∀`*)+゚:。*+」

七萬:麻雀王国八萬:麻雀王国二索:麻雀王国二索:麻雀王国發:麻雀王国發:麻雀王国發:麻雀王国 ポン白:麻雀王国白横:麻雀王国白:麻雀王国 ポン中横:麻雀王国中:麻雀王国中:麻雀王国 ロン九萬:麻雀王国 ドラ八筒:麻雀王国

やーりました。
久しぶり、実にリアルでは2011年1月のコクーンカップの天和から、約3年半ぶりの役満和了!

「あーーーん!。゜゜(´□`。)°゜。

悲鳴を上げる橋本環奈と三田寛子を2で割った女のコ。
まさに天使過ぎる仙八先生!(意味不明)

その後も役満放銃のことをツッコまれて半ギレ気味だった女のコを残し、自分は華麗に卓割れ。
成績も見事にチャラにまとめて、お店を後にしたのでした。(役満和了ってチャラかよw)

それにしてもこのコ、負けん気も強そうだし、いずれどこかの麻雀大会で会うことになりそうな気もするんだよな…。
このブログ読んでこの娘さんにお心当たりのある方、こちらまでご連絡くださいませw 

 
最後は中洲の屋台に繰り出して、本場のとんこつラーメンをズルズル。

ドーンと夜食のとんこつラーメン ツルツル細麺。替え玉一丁!
▲やっぱり本場モノは違いますね。お腹一杯なのに替え玉までw

さすがに日曜日の終電後は、中洲の屋台もそこそこ空いていました。
ただ、品切れや閉店しているお店もあって、お目当ての焼きラーメンは食べれなかったけど^^;

* * * * * * * *

あー、久々に長文書いた。
でも、まだまだ続きます。ピッチあげんとなー。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://daiginga.blog69.fc2.com/tb.php/708-7ce78f86

プロフィール

編集・秋

Author:編集・秋
年齢:昭和44年生まれの47歳。
   忠義もへったくそもない一人四十七士(意味不明)
職業:麻雀漫画誌「近代麻雀」等、元(涙)編集
趣味:ギャンブル(競馬・麻雀等)
   プロレス観戦
   ハロプロ・乃木坂46鑑賞
(おいおい、増えちゃったよ)
   ほかいろいろ
貯金:0万(なくなりました…)
ギャンブルの負け金:約1800万(順調に増えてます…)
座右の銘:ワルツにはワルツを、ジルバにはジルバを
(byニック・ボックウインクル)

Twitter

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。