かっぱがれ編集・秋のへっぽこギャンブル日記

基本はギャンブル日記だけど、まあ趣くままにてきとーに。

流血の水曜日

節分。 

節分になりましたか。。。
入院も2月までいくと思ってなかったなぁ。

ようやく痛みも落ち着いてきたところで。
ここ数日で何が起こったかを詳しく。


以前お伝えしたとおり、傷も順調に回復し、今日にも退院と伝えられていた2月1日の水曜日。

「…?」

朝、なんとなく傷口部分がこんもりと突っ張るような感覚。
とりあえず、昨日までの順調?な感じではありません。

案の定、朝の診察で退院は無理との判断。

おそらく、脂肪腫の剥離した面積が広すぎて、そこに血やウミみたいなものが溜まっているんではないかと。
とにかく、ドレーンからそれが抜けるのを待つしかない。

しょうがない、まあ、それでもあと数日だ。

で、外出は普通にできるので、定時で会社に出勤し、仕事をしていたのですが、やはりなんだか背中から肩の違和感が気にかかる。肩こりの大物みたいな鈍痛。

あくびというほどでもなく、背筋を伸ばし胸をそらすようにして深呼吸してみました。

プチっ

プチ…?
なんとなく、体内で何かが切れた音が。
その音を聞いた途端、背中のドレーンから何か液体がドクドク。

「おっ、今の伸びで、詰まってたドレーンからウミが出始めたかな?順調順調」

実際、少し肩が楽になった気もしたので、しばらくは普通に仕事をしていたのですが、なんとなく背中がじんわりする。
まさか…。

ちょっとグロいかな? 
▲そのとき着ていたジャージ。少しグロい?

ああ、やっぱり!

背中が血でベッタリ!

あわてて病院に戻り、また診察をしてもらうことに。
ガーゼをはずすと、傷口から血が噴き出して、あっという間に背中を流れ出す。
どうやら、縫っていた糸が切れたわけではないらしい。アワアワする医療チーム。
どうも古い血だけではなく、今まさに出ているような鮮血も混じっていると。

「術後6日経過して、こんなはずは…どういうことだ?どういう…」

うわー。米倉斉加年に似ている主治医から出てくる言葉も、どうにも不安になるものばかり。モランボーン!ジャーン!
とにかく、もう一度止血のため、再手術するしかない。

しかし、手術室が夕方まで空いていないため、しばらくそのまま放置プレイ。
背中にはこぶがあったスペースすべてに血が溜まり、大量の血の塊を背負っている状態。
肩はジャミラのように膨れ上がり、苦しくてしょうがない。

ようやくのことで手術室が空き、縫合していた傷を開く。
先日書いた、「爪先に針を刺す」ような作業をまたもや繰り返し、麻酔も何十本。
痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い!

傷を洗浄し、体内で出血の原因を見つけようとする主治医。

「だめだ、わからない…こうなったら、出血してそうな箇所を片っ端から縫合だ!

えーっ!! (゚Д゚;) 

というわけで、剥離して血が出ていそうなところを手当たりしだいに縫うことに!
おそらく、20~30箇所は縫合したんじゃないでしょうか。

で、手術されながら先ほどの「プチ」の話もしたんですが。

主治医「ああ~、体の中でですか。確かにそこも切れてますね(そこだけじゃないのか…)。ただ、普通はありえないんですよ。体内にもこんな太いワイヤーみたいな糸で剥離箇所を縫合してあるんで」

手術してる最中に見せてもらうと、確かに2~3ミリほどのぶっとい緑色の糸。
確かに、これが切れるとは夢にも思わない。
ただし、止め方が甘かったんじゃねーの?という疑問ももたげるけどw

気を紛らすためか、質問はまた日常生活のお話に。

主治医「どちらにお勤めなんですか?」
私「イテテ、実は竹書房という出版社に…」
主治医「竹書房!スーパーヅガン!」
私「おっ、麻雀されるんですね」
主治医「ええ、昔は。豊臣君みたいにすっかりカモにされてましたね」

自分、あまり素性を隠さずに人と接したりするんですが、それは「竹書房」と聞いて、どう反応するかを聞きたいから。
手術中にもこういう対応をする愛社精神の自分を社長ほめてくれ。40周年万歳。

主治医「昔は読んでました、面白かったですねぇ。まだあったんですか…」

あるわー!ヽ(`Д´)ノ

ということで、45分で終わるはずが、またもや2時間半の大手術。

私「どのくらい血が出たんですか?」
女医「あ、えーと、500ccくらいですかね…」
私「あ、なーんだ、そんなもんですか」
女医「え!? …まあ、ご本人様がそう思っていただけるならば…」

献血が1回200cc。レスラーの出血も200~400ccなんて話も聞いているので、たいした事ないと思っていたんですが…これ、貧血起こしても不思議じゃない、かなりの出血なんですってよ、奥様!

主治医「…血の気が多いのかもしれませんね」

どういう意味やねんw

しかし、問題はこの後。
恐ろしいほどの箇所を縫合しているので、麻酔が切れるにつれ、最初の手術とは比べ物にならないキョーレツな痛みが…!

とにかく、夜が眠れない。
ロキソニンを飲んでる間はなんとかなるんだけど、切れると七転八倒。
2日経った今日の夜になって、ようやくマシになってきました。


経過は順調で、今度こそ来週には退院できると踏んでるですが、なにせ一度2ミリのワイヤーを体内で叩き切ってるので、自分でも完治に自信がない…。

主治医「ジム?退院しても2月いっぱいは運動しないほうがいいですね…」
女医「背筋とかしたら、また体内で切れちゃいますよ♪」

退院しても、しばらくは心配な日々が続きそうです…。

とにかくまたゆっくり休みます。
明日はまた競馬だーw

スポンサーサイト

コメント

大量の出血ですか…

激痛に耐えながらも競馬の事を考える。

…そんな秋さんが大好きですw
2012/02/03(金) 21:49:47 | URL | 髭三着  [編集]
読んでるだけで、あいたたたたたた…。
己のハラキズまで痛み始めましたよ…。
痛そう……。
しかし、この状態でロキソニンじゃ、普通効かないのでは……??
秋さん、絶対変だ…もとい、痛みに強いと思います…。
まあ、流血しながらも仕事してるし、競馬のこと考えてるし、基本的には丈夫……?
退院してもあんまり無理しないでくださいねー。

2012/02/03(金) 23:48:34 | URL | ちぇろ  [編集]
今の苦しみを耐えるよりも、未来の喜びを妄想したほうが楽しいじゃないですか。
まあ、根本的にアリよりキリギリスな体質なんですけどねw
2012/02/04(土) 08:47:48 | URL | 編集・秋  [編集]
ありがとうございます^^

痛みに強いんですかねぇ…結構手術中は「えひゃい」と叫んでましたけどねwww
ちぇろさんを見本にさせてもらって、マイペースで退院目指しますv-392
2012/02/04(土) 08:51:00 | URL | 編集・秋  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://daiginga.blog69.fc2.com/tb.php/590-bfbaa533

プロフィール

編集・秋

Author:編集・秋
年齢:昭和44年生まれの47歳。
   忠義もへったくそもない一人四十七士(意味不明)
職業:麻雀漫画誌「近代麻雀」等、元(涙)編集
趣味:ギャンブル(競馬・麻雀等)
   プロレス観戦
   ハロプロ・乃木坂46鑑賞
(おいおい、増えちゃったよ)
   ほかいろいろ
貯金:0万(なくなりました…)
ギャンブルの負け金:約1800万(順調に増えてます…)
座右の銘:ワルツにはワルツを、ジルバにはジルバを
(byニック・ボックウインクル)

Twitter

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索