かっぱがれ編集・秋のへっぽこギャンブル日記

基本はギャンブル日記だけど、まあ趣くままにてきとーに。

OH!宝塚記念の旅(1)

おいおい、クリス・ベノワ一家心中ってマジかよ…。

思い出すのが04年2月4日のWWEさいたまアリーナ。
95年12月13日両国のSUPER J CUP 2nd.STAGEで繰り広げられたワイルド=ペガサス対ライオン・ハートの名勝負が、クリス・ベノワ対Y2JとしてWWEというひのき舞台で再び実現したときの感激ときたら…!

クスリ?ノイローゼ?うつ病?
どれにしても納得がいく「答え」が見つからない。
いつか新日本で、ライガーとの試合が見たかったなぁ…。

* * * * * * *

さて、気分を変えて、宝塚記念の旅日記を。

6月23日の土曜日。
朝7時半に家を出て、まずは静岡の寸又峡温泉を目指すことに。

いつも東京駅で買う駅弁「深川めし」をひかり号の車中でパクパク食べて、旅の準備は万端w
東海道線を乗り継いで、11時前には金谷という大井川鉄道の駅に到着。

SLザンス車内の様子レトロな感じです

一人、気のまま、旅気分。もうすっかり気分はハイソフトって感じですよ(←古いCMネタ)。

…しかし、SLに乗り込んで旅ロマンに浸ろうと思ったら、観光客の親子連れや団体さん一行がわんさか
せっかくのレトロな車内も、子どもの嬌声や泣き声が車内に響き渡り、旅の風情が阿鼻叫喚の地獄絵図へと変わり果てておりますw

幸せそうな親子連れ
写真は文中とは関係ありませんw

しかも、車内では「SLおばさん」という名物車掌による観光ガイドや歌(!)の放送があったり、終いには本人が車内に現れて「汽車ぽっぽ」歌ったりと、とてもじゃないが「旅情」なんてあったもんじゃない。

ただ、他のお客さんは楽しんでいたし、「観光スポット」としては正しい在り方なんでしょうね。
まあ、一人旅なんて、するヒトのほうが珍しいワケで、だいたい休日である土曜日にそんなもんを味わうとしてること自体無理だし。
「旅情」とかぬかす自分がおかしいんですよね、ええ、わかってますとも。

ただ、おばっちゃんが一生懸命歌を歌ってるときに、子どもがいきなり、

「聞きたくはありませーーーん!!」

…って絶叫したのには大爆笑wwwww
いや~、子どもって罪な存在ですな。

理解しました。
一人モンにとって、SLは乗るもんじゃなくて、観るもんです。
千頭駅に泊まる列車

続きはまた明日。
これから帝王賞買いに大井競馬場へ行って来ますw

スポンサーサイト
前の記事 OH!宝塚記念の旅(2)
次の記事 疲れた…

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://daiginga.blog69.fc2.com/tb.php/59-76f1eeaa

プロフィール

編集・秋

Author:編集・秋
年齢:昭和44年生まれの47歳。
   忠義もへったくそもない一人四十七士(意味不明)
職業:麻雀漫画誌「近代麻雀」等、元(涙)編集
趣味:ギャンブル(競馬・麻雀等)
   プロレス観戦
   ハロプロ・乃木坂46鑑賞
(おいおい、増えちゃったよ)
   ほかいろいろ
貯金:0万(なくなりました…)
ギャンブルの負け金:約1800万(順調に増えてます…)
座右の銘:ワルツにはワルツを、ジルバにはジルバを
(byニック・ボックウインクル)

Twitter

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索