かっぱがれ編集・秋のへっぽこギャンブル日記

基本はギャンブル日記だけど、まあ趣くままにてきとーに。

骨髄バンクチャリティ麻雀大会2011in東京

これはさすがに書かないといかんなってヤツを。

もう1ヶ月以上前の話になりますが、11月3日に「骨髄バンクチャリティ麻雀大会2011in東京」に行ってきました。

以前も書いたと思いますが、この大会の主幹である山口明大プロ自身が、かつて白血病を発病し、骨髄移植で奇跡的に一命を取り留めた経験の持ち主。


…もっと具体的に言うと。

2001年6月に検査入院で慢性骨髄性白血病がみつかり、「あと2~3日の命です」と宣告され(酷すぎる…)、その時期たまたまアメリカで新薬が発売されて、副作用の40℃近くの高熱、嘔吐と下痢とと闘いつつ、3ヶ月で一時退院。

しかし、やはり骨髄移植をしなければ約5年の命だと宣告され、骨髄バンクに登録し、運良く登録後2ヶ月足らずで適合者を1人発見する(普通はなかなか決まらないらしい)も、シンクロ率…じゃなかった、適合率はおよそ6割くらいだったので、祈りを込めてスルー。

すると、さらに運がいいことに、5人の適合者がみつかって、骨髄移植に成功。いわばカンチャン待ちのリーチを見送って、5メンチャン待ちに変化してからの一発ツモな人生今や結婚もして、5月に3女が誕生したという、3児のパパ。


…というキセキの生還者なのです。♪明日、今日よりも好きになれる~


さて、僕が学生の時の彼と初めてお会いしたのが、近オリ編集部のバイト時代だから、ざっと15年くらいは経ってるでしょうか。
当時も、住んでいた岡山から夜行バスで上京しては、何日も寝ないでフリー雀荘行脚をするという、とんでもないバイタリティぶりでした。
この麻雀大会がここまで大きくなったのも、彼の尽きない好奇心と行動力の賜物だったと思います。


で、自分の大会の結果なのですが。
まず1回戦は、この日唯一当たった女性プロの、早坂優里プロからの愚形リーチに抗し切れず、痛恨の2着。

早坂優里プロ。
▲こう見ると南明奈に似てますなw

で、2回戦。 大会なので、ここで3着以下を引くと厳しい。

東3局に、親で上家の中ポン、9索ポンに対抗して、1索チー、8筒チーで喰らいついて、こんな状態。
一筒二筒一索一索七索八索九索 チー八筒横七筒九筒 チー一索横二索三索 ツモ一筒  ドラ七索

(上家)
裏裏裏裏裏裏裏 ポン九索九索横九索 ポン中中 中横  ドラ七索

場には1索がなくて、1筒と3筒が丸生き。
上家の捨牌にはドラ色のソーズがなくて、ホンイツ気配。
そっりゃ1筒を切るでしょ…

「ロン、12000(やや呆れた表情で)

一筒一筒北北發發發 ポン九索九索横九索 ポン中中 中横 ロン一筒   ドラ七索



ぎゃ…  

ふぁぎゃあああああああ!


…というわけで、今大会はこれで終了w

がっくりしてるこんなところで、

「以前、近オリで漫画になってたかっぱがれさんですよね!?またやってください!」

とか言われるんだもんなぁ。いろんな意味で泣きそうです(;´Д⊂)


ちなみに。最後の半荘、マンガンツモ2着条件のラスのオーラスで、こんな配牌。
四萬五萬六萬六萬八萬一筒二筒五筒七筒九筒四索九索九索 ドラ北

どう考えてもろくなことになりそうにないので、まずはピンズのペンチャンをはずしたらこう。
四萬五萬六萬六萬八萬五筒七筒八筒九筒三索四索九索九索 ドラ北

やっぱりろくなことになりそうにないなぁ…といったところで、6索ツモ。
四萬五萬六萬六萬八萬五筒七筒八筒九筒三索四索九索九索 ツモ六索 ドラ北

ここで345か456三色狙いで八萬切りを選択。すると、肝の5索がスルッ。
四萬五萬六萬六萬五筒七筒八筒九筒三索四索六索九索九索 ツモ五索 ドラ北 

5筒切りは論外として、456三色に決め打って、シャンテン進める六萬or3索切り?
うんにゃ、ここは何が何でも三色にしなきゃいけないんだから、チョイスが多くて、はるかむこうにタンヤオも見える9索切りやぁ!
四萬五萬六萬六萬五筒七筒八筒九筒三索四索五索六索九索 ドラ北 


……
……



ヅモォォォォォッ!!


渾身のアガリ(?) (ツモ四筒

この日最大のハイライトでやんしたw


大会中は、スノーボーダーの荒井daze善正さんのお話や、恒例となった麻雀プロや著名人が提供した品物でのチャリティオークションなど、 例年通りの盛況ぶり。

スノーボーダーの荒井daze善正さん。  
▲毎年、骨髄移植にまつわるいいお話が聞けます。

二階堂瑠美プロ。
▲二階堂瑠美プロは相変わらずのフォトジェニックぶり♪

こういう大会こそ最強戦規模の大きな会場で開催できればいいのにな…と、ホントに毎年思っています。

記念撮影☆ 
▲記念撮影。豪華でしょ~



ちなみに大会の後、大井競馬場へ向かって3連単250円というとんでもないJBCクラシックをやって、その後やけくそでホルモンや馬刺しを食ってたら、翌日足の付け根がぷっくら腫れて、2年ぶりに痛風の薬のお世話になるというろくでなしぶりw

大井競馬場に展示されていたねぶた。 
▲大井で展示されていた東北復興祈願のねぶた。

ホルモンー♪
▲美味いんだけどね…



あれから一ヶ月経っても、薬は服用しております…がんばれ、俺の身体!w



スポンサーサイト
前の記事 痛い、痛いは…
次の記事 〇耳に水

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://daiginga.blog69.fc2.com/tb.php/569-76ae9e90

プロフィール

編集・秋

Author:編集・秋
年齢:昭和44年生まれの47歳。
   忠義もへったくそもない一人四十七士(意味不明)
職業:麻雀漫画誌「近代麻雀」等、元(涙)編集
趣味:ギャンブル(競馬・麻雀等)
   プロレス観戦
   ハロプロ・乃木坂46鑑賞
(おいおい、増えちゃったよ)
   ほかいろいろ
貯金:0万(なくなりました…)
ギャンブルの負け金:約1800万(順調に増えてます…)
座右の銘:ワルツにはワルツを、ジルバにはジルバを
(byニック・ボックウインクル)

Twitter

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索