かっぱがれ編集・秋のへっぽこギャンブル日記

基本はギャンブル日記だけど、まあ趣くままにてきとーに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐のダービーチャンス

UST放送の総括はさておき(ごめんなさい!)、取り急ぎダービー予想を…。

ダービーといえば、ドラマを!
というのが、毎年の自分のスローガン。

ただ、そういう意味で、柴田善臣相談役がスポットを浴びる現状がなんか違和感があるんですよねぇ。

というのも、例えば柴田政人がウイニングチケットでダービーを勝った時は、なんとも言えない悲愴感があった。
間違いなくもう何年ももたない、もうダービーのチャンスはない…。

でも、相談役はなんだか50過ぎてもやっていけそうな飄々さがあるw
むしろ、ここでダービージョッキーの名を冠することで、早期に引退へと追い込まれてしまいそうな気がして…。

だったら、ここでは田中勝春に目を向けたいのです。

松永幹夫と並び称されたアイドルジョッキーもすでに40。
関東主戦騎手のため、チャンスらしきチャンスもなくG1すらロクに勝てないカッチー。

しかし、今年の馬にはチャンスが見える。
東スポ杯、ホープフルSで勝負付けが済んでるようにみえるけど、そこは成長力抜群のステイゴールド産駒。
展開も不良馬場で味方につけた。
それに、もともと府中といえばカッチーにとって、得意のフィールド。
ヤマニンゼファーの安田記念は府中。

思えば、天皇賞でセキテイリュウオーで競り負けて号泣したのは、勝った馬がよりによってそのヤマニンゼファーだったからだ。
しかも駆っていた乗り替わりの屋根が柴田善臣。
善臣ダービー期待論をねじ伏せるのが同じ関東馬で、しかもそれが約20年越しのリベンジとなる勝春だなんて、最高じゃないか。

ちゅうわけで、勝春の単勝、しこたま買います。
ちなみに、自分の中で、今日の嵐のダービードラマに相応しい騎手はあと2人。

昨年、ヴィクトワールピサでダービー奪取のチャンスを逃した岩田。
先週、オークスでスタートに後手を踏み、3着に甘んじた池添。

ただ、岩田は距離も馬場も不安だし、馬もギリギリ。

単純に予想としてはペルシャザールなんでwこの3頭で馬券作戦考えます。

いざ!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://daiginga.blog69.fc2.com/tb.php/545-f1762a74

プロフィール

編集・秋

Author:編集・秋
年齢:昭和44年生まれの48歳。AKI48。
職業:麻雀漫画誌「近代麻雀」等、元(涙)編集
趣味:ギャンブル(競馬・麻雀等)
   プロレス観戦
   ハロプロ・乃木坂46鑑賞
(おいおい、増えちゃったよ)
   ほかいろいろ
貯金:0万(なくなりました…)
ギャンブルの負け金:約1800万(順調に増えてます…)
座右の銘:ワルツにはワルツを、ジルバにはジルバを
(byニック・ボックウインクル)

Twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。