かっぱがれ編集・秋のへっぽこギャンブル日記

基本はギャンブル日記だけど、まあ趣くままにてきとーに。

龍馬伝

◆三菱がアップをはじめました


龍馬伝 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)一応、最近の大河ドラマは全部チェックしてるので、今回もまったく期待しないまま視聴していますが…。


案の定、面白くないw


某掲示板上でも「龍馬が空気」「広末イマイチ」「佐藤健どう考えても人斬り以蔵じゃねー」「ソルシア元気すぎんだろ」「なんか画面が汚い」など轟々たる批判が高知の黒潮のごとく渦巻いておりますが。

これ、マンガでもよくある話なんですが、ボクが一番の問題だと思うのは「主人公のキャラがまったく立っていない」ことなんじゃないかと。

今回の大河ドラマは、映画「アマデウス」のアマデウスとサリエリのように、才気溢れる太陽の天才・龍馬と、貧乏をこじらせた卑屈で矮小な野心家・岩崎の二人の対比が軸となっています。
(第1話の岩崎の回想録から始まるくだりとか)

でも、そのため、岩崎弥太郎を描くことでドラマの半分が費やされ、肝心な福山龍馬のキャラを描ききれないという、本末転倒な欠陥が生じてる気がしてならないのですな

また、その対比的な岩崎に、香川照之という稀代の名役者がキャスティングされてしまったため、ますますもって龍馬が目立たないハメに(これじゃまさに「岩崎弥太郎伝」w)。


だいたい、視聴者が坂本龍馬に憧れる最大の魅力は、藩などの大きなバックを持たずに、その先見性と個人の才覚だけで国家を変容させたという、エネルギッシュな人物像に尽きます。

今の経済的にも政治的にも袋小路で沈滞ムードマンマンのお茶の間が求めているのは、「常識」を「異端」で木っ端微塵に破壊するスーパースターなわけで、そんな状況で「坂本龍馬」が今回の大河ドラマの主役にセレクトされたのは、まさに時代の必然ともいえるわけで。

なのに、そのワイルドでなくてはならない龍馬を、根がスタイリッシュで鼻声ボッソボソの福山アニキに、大して暴れさせず、そのまんま演じさせてどうするのよ!?と。

それこそ香川照之や、「JIN-仁-」で龍馬を演じた内野聖陽のように、キョーレツでハチャメチャなバガボンドを、制作側は演出してやらなきゃいけないのに…。

あー、物足りない。まるでデニーズのDEVIL'S チョコレートサンデーのチョコアイスが全部ただの寒天になってるような物足りなさ。


さらにさらに、映像手法もかなり不満だったりして。

確か月9の「素顔のままで」あたりから使われ始めた手法だと思うんですが、ソフトフォーカス&ハンディカメラを多用した、手作り感を演出する画作りも、地デジこのかた、はっきりくっきりの画面に慣れてきた視聴者にとっては、眠気を助長させるだけ。

キャラクターがみんな地黒に見える、肌の質感にこだわった描写は好きなんだけどね。
あれって、まさに当時の幕末写真に共通する浅黒さで、そんなところだけ、ずいぶんマニアックに演出してんなぁと思うw


次回からの貫地谷や谷原の登場で、画面はずいぶんバラエティになってきそうな気がするけど、スッカスカの福山龍馬をどこまで補えるか、ある意味注目です。


最後にひと言。

岩崎の父親役の蟹江敬三が、斧を持って村中の人間を殺しまくりそうに見えたのは、Gメン75世代にはきっとわかるはずだw






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://daiginga.blog69.fc2.com/tb.php/487-0660916b

プロフィール

編集・秋

Author:編集・秋
年齢:昭和44年生まれの48歳。AKI48。
職業:麻雀漫画誌「近代麻雀」等、元(涙)編集
趣味:ギャンブル(競馬・麻雀等)
   プロレス観戦
   ハロプロ・乃木坂46鑑賞
(おいおい、増えちゃったよ)
   ほかいろいろ
貯金:0万(なくなりました…)
ギャンブルの負け金:約1800万(順調に増えてます…)
座右の銘:ワルツにはワルツを、ジルバにはジルバを
(byニック・ボックウインクル)

Twitter

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索