かっぱがれ編集・秋のへっぽこギャンブル日記

基本はギャンブル日記だけど、まあ趣くままにてきとーに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/29 みちのくプロレス・鉄人(てつんちゅ)2009最終戦in新木場1stRING

◆フジタにもっと光を、サスケにもっとトンパチを


みちのくの「鉄人」リーグ戦最終戦が後楽園でもなく、岩手でもなく、新木場でやるということなので、行ってまいりました。

毎年、夏にはみちプロを観るために東北まで出向くことが多いので、まあその手間は省けたんだけど、それはそれでちょっと寂しい。

せめて、後楽園で観たかったなぁ。


さて、試合の感想をカンタンに。

意外にも?好勝負でした♪意外と?好勝負だったのが、九龍対決となった南野vsまぐ狼

まぐ狼を引っ張る形で南野がリードし、最後は白熱した一進一退の攻防へと転化。
南野の隠れたポテンシャルが発揮された試合だったと思います。

南野はこういったテンション高めな状況のほうがいいファイトができるのかもしれない。

としたら、常に緊迫した状況に追い込まれるような、「第3勢力」ユニットのボスになってほしいなぁ。

南野、まだ若いだけに、期待感バリバリです。


相変わらずムチャクチャしよるw相変わらずムチャクチャだったヤッペーマンvs佐藤兄弟

1stRINGは狭いから、佐藤兄弟が口から噴射した水、浴びちまったよw

しかも、リングサイドでゴミぶちまけるんモンだから、若手選手がスクランブルでお掃除するハメに。

…まあ、この人たちらしいっちゃあ、らしいんだけど。

しかし、佐藤兄弟は闘龍門出身なのに、キックが上手(偏見w)。

フジタとこの二人のキックは、本当に痛そうで説得力があるんですよね。


ある意味、いつものサスケ…次。

映画「レスラー」のランディ化が激しいことが、一部で話題になっていたwサスケ。

どうも、翌日の邪道・外道興行では通常モードに戻っていたらしいので、かなりレアなサスケだったと。

ラッキー…だったのか?wwwww


でも試合自体は、普通にシリアス。
野橋と熱戦を繰り広げていました。

この試合の前の段階で、サスケは11点。野橋12点。  ラ、ランディ…

フジタも12点だったので、なんとなく野橋が勝つことはないだろうなぁって、読めちゃっていましたがw
(てか大柳錦也の12点というのが、まったく信じられない…この日観てる限りでは、まだショッパイ若手レスラーの域を脱していない40

結果、サスケがラム・ジャムを炸裂させて、土俵際でトップの13点を獲得、と。


…で、ここでフジタvsラッセというメインになるわけですよ。

個人的には、ラッセという選手をボクは凄い買っているので、

うりゃああ。 「ラッセ大金星でサスケ大逆転優勝! 優勝と同時にサスケ死亡(のふり)でランディ化完結」

とか、とんでもない結末を夢見ていたんですがwwwww


まあ、さすがになぁ。

前回の後楽園ホールでも思ったけど、フジタはどのリングでもメインを張ることが出来る、超一流の選手になっています。

ここでラッセに負けて、価値を下げるわけにはいかないでしょうし、むしろ拳王にも当然のように完勝して、「みちのく最強」のまま他のリングでも暴れまわってほしいなぁ、と思っちゃったりします。

安定感がでてきました、フジタ♪妄想を言えば、新日や全日より、今はNOAHに上がるべきだと。

フジタのキックは、はっきり言って、中嶋やKENTAのそれと同等か、上回るくらいの威力とキレがある。
その破壊音で、会場をどよめかせる一発を持っている。

みちのくを背負う逸材として、南野あたりと一緒にNOAHで修行に出かけて、中嶋やKENTAはもちろん、石森や飯伏あたりともバチバチやり合うなんて、いいんじゃないかと。

南野と石森の闘龍門X(だっけ?)時代の因縁とか、見どころも多いし。


最後、フジタの望みが「九龍主催興行」だったというのが、ち~ょっとスケールも小さくて、インパクトに欠けた気も。
また年末あたりに向けて、何か大きな仕掛けが欲しいところだけど…。


サスケのハチャメチャぶりと、フジタらの成長が同時進行で見れるという、なんとも不思議な魅力にあふれたみちプロ。

いいです、大好きです。


なんか今の下降線をたどるプロレス界で、「可能性が見える」ってところがいいんだよなぁ。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://daiginga.blog69.fc2.com/tb.php/475-648ff337

プロフィール

編集・秋

Author:編集・秋
年齢:昭和44年生まれの48歳。AKI48。
職業:麻雀漫画誌「近代麻雀」等、元(涙)編集
趣味:ギャンブル(競馬・麻雀等)
   プロレス観戦
   ハロプロ・乃木坂46鑑賞
(おいおい、増えちゃったよ)
   ほかいろいろ
貯金:0万(なくなりました…)
ギャンブルの負け金:約1800万(順調に増えてます…)
座右の銘:ワルツにはワルツを、ジルバにはジルバを
(byニック・ボックウインクル)

Twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。