かっぱがれ編集・秋のへっぽこギャンブル日記

基本はギャンブル日記だけど、まあ趣くままにてきとーに。

銭ゲバ

●ねーちゃん、アチキに銭ちょーだい

銭ゲバ 上 (1) (幻冬舎文庫 し 20-4)銭ゲバ 上 (1) (幻冬舎文庫 し 20-4)
(2007/10)
ジョージ秋山

商品詳細を見る

しかし、平成21年にもなって花登筐原作の作品がドラマ化かぁ…「どてらい奴」とかなんとなく記憶にあるけど。ほら、「花王名人劇場」の前番組。
しかも水島伸司が作画で、この後に「ドカベン」が大ヒットしたんだよなぁ…。

…って、そりゃ「銭っ子」じゃー!⊂(`Д´)


数多の漫画原作ドラマのキャラを忠実に再現してきた松山ケンイチも、さすがに今回は完コピはムリだったようで。

で、考えてみました。
じゃあルックスで主人公をやらせるとしたら誰がいいのか?

若い頃のグレート義太夫?

…やっぱりマツケンでいいですwwwww



本題ヅラ。

いやね、面白いとは思うヅラよ。
マツケンもいい感じヅラし、椎名桔平の狂いっぷりとかたまんないヅラし。

でも、あの昭和の香りぷんぷんな貧乏家庭や財閥家の表現とか、次々と殺人に手を染める蒲郡の救われなさとか、どこか浮世離れしていて、なかなか作品世界に入り込めないヅラ。

どうせ時代設定を今にするんなら、徹底的に現代的にしてもらいたかったなぁ…ヅラ。

なんか、決めセリフのところになると急に「ヅラ」が出てくる蒲郡の中途半端が、そのまんまこのドラマを表してると思うんですが、いかがオグラ…ヅラか?


あと個人的には、ピカレスクもの自体嫌いじゃないんだが、どうもこの土曜9時の時間帯は「家なき子」のイメージがあって、偽善というか、薄っぺらさを感じてしまったり。
もしかして、俺自身の人間が薄っぺらいからなんでしょうか?w(マイボス・マイヒーローは良かったが)



…今度はマツケンで「浮浪雲」を希望。

アチョプ!マウマウ!



スポンサーサイト
前の記事 巨大春日和
次の記事 バビィブログ

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://daiginga.blog69.fc2.com/tb.php/456-8626a04f

プロフィール

編集・秋

Author:編集・秋
年齢:昭和44年生まれの47歳。
   忠義もへったくそもない一人四十七士(意味不明)
職業:麻雀漫画誌「近代麻雀」等、元(涙)編集
趣味:ギャンブル(競馬・麻雀等)
   プロレス観戦
   ハロプロ・乃木坂46鑑賞
(おいおい、増えちゃったよ)
   ほかいろいろ
貯金:0万(なくなりました…)
ギャンブルの負け金:約1800万(順調に増えてます…)
座右の銘:ワルツにはワルツを、ジルバにはジルバを
(byニック・ボックウインクル)

Twitter

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索