かっぱがれ編集・秋のへっぽこギャンブル日記

基本はギャンブル日記だけど、まあ趣くままにてきとーに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必殺仕事人2009

●仕舞人>2009>仕事人Ⅲ>>2007>>>>>激突!

必殺仕事人 2007 [DVD]必殺仕事人 2007 [DVD]
(2008/05/30)
東山紀之
松岡昌宏

商品詳細を見る

ついに!ついに始まりました「必殺仕事人2009」!!

約27年来の必殺ファンとしては、まさかこういういった形で復活するとは夢にも思わなかったわけで。

先日風邪を引いていた際、一気にSPと1話を見てみたんですが…おいおい、こりゃ予想以上にいい出来だぞ!

ジャニ嫌いの映画おたくとか、仕事人以前の「旧必殺ファン」(ホントはオレもそうだけど)あたりは文句の百や2百もいいそうだし、必殺シリーズの「底」ともいうべき「必殺仕事人・激突!」レベルを想像しちゃっていたので、評価のハードルが低かったのも事実なんだけどw(またひどいデキだったんだ、これが。若くてかっこいいスター役者がいないんだもん)


ただ、「2007」で激しく違和感を覚えたCGの使用をなるべく控えたり(単に予算の都合?)、涼次のとっちらかっていたキャラ設定を整理しようとしてたり(元忍者の設定、意図的に避けてるよね?HPにも書いてないし)、前作の欠点を修正しようとしてるだけでも好印象だし(松岡の大根ぶりだけはあい変わらずだけどw いいのはドラムさばきだけやー)。

ストーリー展開も、80's必殺が好んでいた「勧善懲悪ワンパターン寸劇」をあえて引き継いでいない!

まずSPの玉櫛死亡には驚かされたし。(ちなみにSP見る前に、会社の同僚から「氷川あさみ死んだねー」と物語の核心を明かされちゃいました…それだけは言わないで欲しかったぁぁぁぁっ!
戸板で遺体を運ぶくだりなんて、むしろ韓流映画の影響を感じちゃったりとか。

それに、SPのエロ俳優…じゃなかった沢村一樹や1話の「なっちのファーストキッスを奪った男(?)」中村俊介ら演じる悪役の「心の闇」を描いたり、殺しの殺陣の前に証人を呼んだりなんて…うひょー、こりゃ「旧必殺シリーズ」マインドですよ~っ!
かなりシチュエーションは違うけど、仕置人3話「はみだし者に情なし」の常田富士男とか4話「人間のクズやお払い」の伊藤栄子とかを思い出し…暑苦しいですか、そうですか。

ま、これも、「ただの悪役とかやりたくねー」とか、「かっこいい悪役とかやりてー」とか言うキャスト側の意向のような気もするけどw

でもさー、「ダークナイト」のヒース・レジャーよろしく、キョーレツな悪役でかっこよく名が残る俳優だっているのになぁ。
岸田森とか清水紘治とかさー(…並べていいのか?w)。


視聴率も絶好調ということで(関西で20%超え!)、シリーズ化まで見えてきた新生必殺シリーズ。

どうせ仕事人以前の「旧必殺ファン」とかは、魔界転生して緒形拳が若いまま生き返ってでもこない限り文句言い続けるんだから、必殺マインドを持ちながら、新たな路線を開拓してほしいところざんす。ずいぶんだなあ、おまえ。


あとは、ワイルドな俳優と演技が上手な俳優だなー(本音)。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://daiginga.blog69.fc2.com/tb.php/445-f1be1e13

プロフィール

編集・秋

Author:編集・秋
年齢:昭和44年生まれの48歳。AKI48。
職業:麻雀漫画誌「近代麻雀」等、元(涙)編集
趣味:ギャンブル(競馬・麻雀等)
   プロレス観戦
   ハロプロ・乃木坂46鑑賞
(おいおい、増えちゃったよ)
   ほかいろいろ
貯金:0万(なくなりました…)
ギャンブルの負け金:約1800万(順調に増えてます…)
座右の銘:ワルツにはワルツを、ジルバにはジルバを
(byニック・ボックウインクル)

Twitter

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。