かっぱがれ編集・秋のへっぽこギャンブル日記

基本はギャンブル日記だけど、まあ趣くままにてきとーに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寧々~おんな太閤記

●森光子のナレーションは湿り気たっぷり

NHK大河ドラマ おんな太閤記 完全版 第壱集 [DVD]NHK大河ドラマ おんな太閤記 完全版 第壱集 [DVD]
(2006/10/25)
佐久間良子赤木春恵

商品詳細を見る

時代劇というものは、もはや大抵のエピソードがドラマ化され、確かに素材は少なくなってきたような気がしますが…それにしても。


・原作はそのまんま大河ドラマ。
・主人公の寧々が「功名が辻」の仲間由紀恵。
・旦那の秀吉が「風林火山」の市川亀治郎。
・後半の主役・家康が「篤姫」の高橋英樹。
・脚本が「義経」の金子成人。


…よくもまあ、ここまでというくらいの「大河ドラマ」キャスト。

近作でも、「次郎長三国志」「壬生義士伝」など、良質なドラマが放送されてきた「長時間時代劇ドラマ枠」とは思えない、安易でディフェンシブな本作品であります。


しかし、一般ピーポーは気付くまい。
実は高橋英樹は、テレビ朝日で放映されていた「影武者徳川家康」で、すでに家康役をやっていたことを!

だからどうしたw


…えー、制作環境から上記のような状況だったわけですので、内容も当たりでなければハズレでもなく。
お正月としては安定したドラマ作りだったといえるでしょう。
ただ、一点を除いては。

とにかく、市川亀治郎がスゴすぎるっ!


「風林火山」では内野聖陽のアレな演技に紛れて、抑え目でありましたが、このドラマの亀治郎はというと、まあ~そりゃもう、飛ぶわハネるわ。
気弱で矮小で二重人格で、晩年秀頼ができておかしくなっていく秀吉を好演。
確実に主役の仲間を喰っていて、凡庸なドラマストーリーを盛り上げるのに一役かっていました。


っていうか、まちがいなくドサクサまぎれに、仲間の胸触ってたぞ、亀治郎wwwww


おかげで、後半秀吉が死んでからは、ドラマが盛り下がることこの上なし。
秀吉退場後を意識してか、家康の高橋英樹に青竹踏みさせたりツボ押させたりと、健康オタクな家康を怪演しておりましたが、インパクトは今ひとつ。

せっかく、オレの嫁候補ロケット巨乳女優・吹石一恵が出演していたのにもかかわらず、ドラマ自体は尻つぼみに終わった感が否めないのでありました。


そういえば、時代劇で健康オタクだったってネタはかつてあったな…思い出した!「必殺仕業人」に出てきたときの津川雅彦だ!


…はっ!


そういえば、津川雅彦も昔、「葵~徳川三代」で徳川家康やってたじゃん!
(ついでに「戦国自衛隊~関が原の戦い」でもやってたw)

そうか、ここから高橋英樹がパクってたと。



…そんなワケあるかいw




どーでもいいけど、箱根駅伝。
参加選手全員ケニア人にしろ。



スポンサーサイト
前の記事 かっぱがれロープライス
次の記事 今年の目標

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://daiginga.blog69.fc2.com/tb.php/444-deabca96

プロフィール

編集・秋

Author:編集・秋
年齢:昭和44年生まれの47歳。
   忠義もへったくそもない一人四十七士(意味不明)
職業:麻雀漫画誌「近代麻雀」等、元(涙)編集
趣味:ギャンブル(競馬・麻雀等)
   プロレス観戦
   ハロプロ・乃木坂46鑑賞
(おいおい、増えちゃったよ)
   ほかいろいろ
貯金:0万(なくなりました…)
ギャンブルの負け金:約1800万(順調に増えてます…)
座右の銘:ワルツにはワルツを、ジルバにはジルバを
(byニック・ボックウインクル)

Twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。