かっぱがれ編集・秋のへっぽこギャンブル日記

基本はギャンブル日記だけど、まあ趣くままにてきとーに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風のガーデン

ジュピター平原の意外な好演  

ノクターン/カンパニュラの恋ノクターン/カンパニュラの恋
(2008/11/12)
平原綾香

商品詳細を見る

てなわけで、緒形拳の逝去からにわかに注目された「風のガーデン」
緒形拳が亡くなってなければ、絶対見なかった自信があります。

いや、だって、あんなに騒がれてた「北の国から」もろくに見たこともなく、倉本ドラマで唯一見たことがある作品が「ライスカレー」だった俺に何を語れと?wwwww

しかも、2話を経過して、まだ緒形拳が人生のグチを永遠と垂れ流し続ける、ただのポンコツ爺さんと化してるのを見て、何を追悼すればいいのか、と。(おいおいおい!)


…といいつつも、ドラマ全体を包むゆったりとした「間」というか「リズム」は嫌いじゃないです。

ムダなセリフは極力省き、登場人物の必要最小限の動きに北海道の自然や病院の喧騒を織り交ぜて、ストーリーを紡ぎ揚げていくのは、決してコミックや小説原作のドラマじゃ醸し出せない。


現在のTV界を批判しまくっている倉本聰の主張が聞こえてくる、とびきり上等のTVドラマなのは確か。


緒形拳の演技はともかく、意外なのは、平原綾香の好演ぶり。

ウブでピュアな女性シンガー、酸いも甘いもかぎ分けたエリートなオジサマ・中井貴一にもうベタ惚れ…って、なんかバブル崩壊後の日本を支えた50代の実年世代(死語)のおっさんが夢見るような、えらく都合のいい設定だよなぁ、おい。

でも、平原のヘタウマを超えた純情演技を見ていると、「こ、こんな都合のいい、お、女の子なんているもんかっ! 絶対いないんだからっ!」的な嫉妬を覚えたり覚えなかったりラジバンダリ。


正直、2話が終了しても、ほとんど何の進展もない展開なだけに、緒形拳景気(っていうと不謹慎ですが)も終われば、今の目の回るようなジェットコースタードラマに慣れた視聴者には早晩飽きられると思うんですが。
あと、今の連続ドラマで「死生観」とかを訴えられるのは、ちと説教臭いし。

とりあえず、現状ただのソーランダンスウーマンと化している黒木メイサや、あの可愛かった少年時代を捨て、ホニャララでホニャララな役に全力投球の神木くんが、今後どういう化け方をするかが、ターニングポイントってところでしょう。


…俺もついに、倉本聰のドラマを見るようになったか(苦笑)。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://daiginga.blog69.fc2.com/tb.php/430-b0df91d9

プロフィール

編集・秋

Author:編集・秋
年齢:昭和44年生まれの48歳。AKI48。
職業:麻雀漫画誌「近代麻雀」等、元(涙)編集
趣味:ギャンブル(競馬・麻雀等)
   プロレス観戦
   ハロプロ・乃木坂46鑑賞
(おいおい、増えちゃったよ)
   ほかいろいろ
貯金:0万(なくなりました…)
ギャンブルの負け金:約1800万(順調に増えてます…)
座右の銘:ワルツにはワルツを、ジルバにはジルバを
(byニック・ボックウインクル)

Twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。