かっぱがれ編集・秋のへっぽこギャンブル日記

基本はギャンブル日記だけど、まあ趣くままにてきとーに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホカベン

いやぁ、なんたって僕ら世代の人間にはスポーツ漫画のバイブルですよね。なんたって、山田太郎は打率8割だから。

それは「ドカベン」。


NHK時代の演出したドラマは面白かったと思うけど、いつの間にか民放でも見なくなっちゃったね。何してるの、あの人?

それは「和田勉」。


♪ジャジャジャ、ジャーン。

…ベートーベンっっ!!!!!!


くだらんギャグはともかく、休みにたまたまダイジェストを見て、面白そうなので視聴。
中身は…うーむ。

「正義感と現実のギャップに悩む主人公」→「次々と不幸になるクライアント側」→「奇策で乗り越える主人公」

本来、あるはずのスカルファック…じゃない、カタルシス(おい)がまったくないのはなぜかしら?


物語としては、「ブラックジャックによろしく」にストーリーラインがそっくり。
「現在の司法制度が抱える矛盾や問題点を、新人弁護士・灯(上戸彩)のからの視点で鋭く抉る!」なーんてカンジ?
「司法」を「医療」にして、主人公の名前を「新人研修医・英二郎」にしたら…ほら、一緒w
でも、「ブラックジャックによろしく」みたいに「この現実をなんとかせにゃならーん!」とかの憤りも感じない。
ドラマがうそ臭いんですよ。


被害者側の弁護士が、あんなに加害者側サイドとポンポン会えるワケねーし。
裁判中に平気で関係ないことぐちゃぐちゃしゃべり始めるし。
「それでもボクはやってない」の前にこのドラマをやってたら、見方も変わったかもしれないけど。
(ってか、イブニングの連載は「それでもボクはやってない」より前なんだって?)

なんといっても、サブのキャラクター設定から、腐臭たっぷり。
北村一輝なんて元々顔立ちも演技も濃いから、煮詰めに煮詰めた上、真夏の灼熱地獄の部屋に2,3日放置したあと、鍋を開けたカツ丼の具みたいなカンジにw

「俺たちゃ最初は正義の弁護士目指してたけど、現実に負けて、ニヒルになりましたよー」

ってか? いかにも「型」にハマってて、シラジラしい。

だいたい、同じ事務所側の人間が、苦労してる灯になんのアドバイスもしないって、おかしくね?
ビジネスっていうなら、フツーに今までの自分たちの経験を灯に話して、生かせっつーの!
(まあ、それじゃドラマにならんのかもしれんが)



あと、「低視聴率の女王」の名を不動にしつつある上戸彩。
アイドルとしてはかなり好きなんだけど、ところところで出るあの舌ッ足らずなセリフ回しは、いかにも女優としてはイタタタタ。
結局、役者としては「金八先生」のときがクライマックスだったのかも。半分子役みたいなもんだったけど。

あ、ソフトバンクのCMがあったかw

…いや、個人的には頑張ってほしいんだけどなー。
作品に恵まれてないのも事実だし。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://daiginga.blog69.fc2.com/tb.php/408-93729047

プロフィール

編集・秋

Author:編集・秋
年齢:昭和44年生まれの47歳。
   忠義もへったくそもない一人四十七士(意味不明)
職業:麻雀漫画誌「近代麻雀」等、元(涙)編集
趣味:ギャンブル(競馬・麻雀等)
   プロレス観戦
   ハロプロ・乃木坂46鑑賞
(おいおい、増えちゃったよ)
   ほかいろいろ
貯金:0万(なくなりました…)
ギャンブルの負け金:約1800万(順調に増えてます…)
座右の銘:ワルツにはワルツを、ジルバにはジルバを
(byニック・ボックウインクル)

Twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。