かっぱがれ編集・秋のへっぽこギャンブル日記

基本はギャンブル日記だけど、まあ趣くままにてきとーに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狼を裁くな!

むー。
風邪を引いて、とにかく咳が出てしょうがない。

BSでやった「あしたのジョー」を鑑賞中。
個人的に少年マンガ…いや、コミック界を変えた作品だと思うので、とにかく燃えちゃってしょうがない。
シブイなー、小池朝雄。(←そこかよ)

先日、近代麻雀の編集やバビロンズ、麻雀プロの横山さやかプロらと軽い打ち合わせ。
横山さんからは、「麻雀を一般に認知させましょう!」と熱い思いを語られました。

しかし、とにかく一般社会では、「麻雀」というものは、イメージがすこぶる悪い。

詳しい話はヤバいのでやめときますが、過去に大きい麻雀大会が「当局の指示」により中止になったことがありました。
いろいろ理由もありますが、ひとつには「参加費から賞金を出すのはバクチにあたる」というものがあったようです。

システムの問題もありますが(主催スポンサーが賞金を出す、という形ならOKらしい)、他競技ではその辺(参加費=賞金)はグレーゾーンだと思うんですよね。

結局、麻雀=ギャンブルの構図から世間は離れられないので、そういう受け取り方になると。

それと、編集時代、この間は芸人さんのお話でしたが、芸能界全体で見ても麻雀が好きな芸能人は多いので、インタビューや対局取材をお願いしてました。
でも、若手俳優やアイドルはまず通らない。
やってても「イメージが悪いのでNG」って話になっちゃうんですよね。

こんな極端な例も。
以前「笑っていいとも!」で、某アイドルが「アイドル仲間を集めて麻雀してる」というお話をしてました。

こりゃラッキー!とばかりに舌なめずりをしながら(おい)、翌日にそのアイドル事務所に連絡して、対局取材の申し込みを電突。

事務所「すいません、うちの××は麻雀しないんで…」

どんなウソなんだよ、そりゃあ!?
ヽ(`Д´)ノ


以前、テレビでTOKIOの長瀬さんが「麻雀は人生の縮図なんスよぉ!!」と熱く語ったという噂も聞きました。

アイドルで麻雀好きは結構いると思うんですけど、麻雀の「地下ギャンブル」的なイメージがぬぐえない限り、協力は難しいんでしょうね…。
(競馬ならキムタクも中居くんもCMやってるのにw)

その辺をクリアできれば、麻雀が世間に認められる可能性がひとつあるぞ。

1.お金のある会社がスポンサーになって、雀荘を使わずに、麻雀卓を会場に搬入する形で、多額賞金の大会を開催(これで賞金&風営法問題はクリア)。

2.大会のひとつに「芸能人大会部門」を設ける。
参加者はギャラを払って、芸人さんや若手俳優、アイドルなどを呼ぶ。
できれば、参加者の年齢は40歳未満。

3.テレビ局など多数のマスコミにも取材してもらう。

4.上記の大会を最低10年は続ける。


…いかにも難しそうwwwww

ただし、ネット雀荘なども利用すれば、おそらく参加者はのべ1万人は軽く超えるし、大会会場に麻雀ゲームのテストやドリンクの試飲などがあれば、デモとしても機能を果たす。

さらに芸能人の大会は注目されるから、テレビなんかもついたりすれば、スポンサーはおいしい。

なんか、ビジネスチャンスが隠れてる気がしてならないんだけど…。

お金のある会社と広告代理店の方々。
あとは、勇気と努力と決断力!(マーフィー岡田調)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://daiginga.blog69.fc2.com/tb.php/40-5e6a9557

プロフィール

編集・秋

Author:編集・秋
年齢:昭和44年生まれの48歳。AKI48。
職業:麻雀漫画誌「近代麻雀」等、元(涙)編集
趣味:ギャンブル(競馬・麻雀等)
   プロレス観戦
   ハロプロ・乃木坂46鑑賞
(おいおい、増えちゃったよ)
   ほかいろいろ
貯金:0万(なくなりました…)
ギャンブルの負け金:約1800万(順調に増えてます…)
座右の銘:ワルツにはワルツを、ジルバにはジルバを
(byニック・ボックウインクル)

Twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。