かっぱがれ編集・秋のへっぽこギャンブル日記

基本はギャンブル日記だけど、まあ趣くままにてきとーに。

「プレッシャー」に煽られて

……。


うーむ。


別にまったくブログを書く時間がないわけじゃないが、最近精神的にダメージを負うことがいろいろあって、ちょっと鬱モード。

そんな中、いつものように「週刊プロレス」を購入したところ…あら懐かしい、「プレッシャー」が復活してるじゃあーりませんか。こんばんわ、浜村純です(古ッ!)。


「週刊プロレス」の通巻1500号記念企画ということで、限定復活だということなんですが。

下の柱部分ね。 
▲下の柱部分ね。(小さくてゴミン)


「プレッシャー」とは、当時「週刊プロレス」の横柱(通称タテオビ)部分で200字くらいのコラムを投稿していた、常連者の会です。

常連投稿者の会といっても、誰でも自由に投稿できたわけではなく、まず投稿のノルマをクリアして、さらに会費も払わないと入会はできませんでした。
そういう意味では、「プレッシャー」はプロレスファンクラブとしての性格が強かった気がします。

そこであった楽しいお話は、またいずれ書くこともあると思うので、省略するとして。
ボクが「プレッシャー」に在籍していた期間は、浪人時代から竹書房にバイトで入社するまでの5~6年くらい。
もう20年経ってんだなぁ…(遠い眼)。

当時の会員のノルマは「2週間で5本のコラム投稿」。
もともと「ファンロード」に投稿とかしていたので(キャーw)、ネタ探しには慣れたもの。
…とかいいつつも、よくサボってたり356

締め切り前に、大学の生協で購入した200字詰め原稿用紙の前で、ああでもないこうでもないと推敲したりしてたなぁ。 ああ、うつくしき青春時代wwwww

「近代麻雀」などで記事を書く必要性に迫られたとき、そこそここなせたのは、その頃の活動のおかげだったと思っています。(「巧い」じゃなくて、「こなせた」ってだけなんだけど)


…いや、自慢話を書きたいっていうんじゃなくてねw


あの頃思っていた柄にもない熱い気持ちって奴が、たまたま「週刊プロレス」を開いてこのタテオビを見た瞬間、「ゾワッ」っと脳裏に駆け上がってきたんですよ。


40にしてますます惑う、ダメダメ中年のガラクタハート。
それでも、あの頃の蒼き炎だけはまだ失いたくない。


時間がないとは思うけど、もうちょっと…そうだな、半年くらいは長考してみようか。


これでテンパイなのか、それとももう一手変わりがあるのか。
残り枚数は少なそうだ。




…あ、ブログはまだやめませんよw
あと1週間でブログも3周年。がんばりまーす。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://daiginga.blog69.fc2.com/tb.php/332-fc98165d

プロフィール

編集・秋

Author:編集・秋
年齢:昭和44年生まれの47歳。
   忠義もへったくそもない一人四十七士(意味不明)
職業:麻雀漫画誌「近代麻雀」等、元(涙)編集
趣味:ギャンブル(競馬・麻雀等)
   プロレス観戦
   ハロプロ・乃木坂46鑑賞
(おいおい、増えちゃったよ)
   ほかいろいろ
貯金:0万(なくなりました…)
ギャンブルの負け金:約1800万(順調に増えてます…)
座右の銘:ワルツにはワルツを、ジルバにはジルバを
(byニック・ボックウインクル)

Twitter

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索