かっぱがれ編集・秋のへっぽこギャンブル日記

基本はギャンブル日記だけど、まあ趣くままにてきとーに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四都物語~名古屋

やはり金土日には間に合わなかったか…w

遅々とした進行で申しわけありません。これがホントの「チチの日」。ナンチャッテーッ!カクカクカク。


…ってことで(なにがだよ)、GW旅日記続き。




最終日。
前ふりにもかきましたが、さて、名古屋ではどんな昼飯を食べるかを思案。
(朝飯はさすがにパスw)

以前にみそ田楽は食べたことあるし、エビフライはさすがに胃もたれしそう。小倉トースト?そりゃかんべんw

…となると、ひつまぶしって選択になるんですな。


そこでネットで調べてみると、どうも「あつた蓬莱軒」というところが老舗で美味しいと。

よっしゃあ!
取り急ぎ、11時くらいに、栄の松坂屋にあるという支店へと向かうことに。
ちょっと早い時間だし、まあ、並ぶとしても30分くらいだろう。

メインの目的であるドラゴンゲートの試合開始は17時。
まだまだ時間もあるし、お昼は犬山城でも見てくるか、と。



この予想が甘かった。

いざ松坂屋の南館10Fに着くと、まあ並ぶ並ぶ、ぐる~っと行列が店の前の広場を取り囲み、はるか奥の非常階段まで!
どうみても3~4時間は待つことになりそう。


やってられるかぁっ!アホかおまえらっ!!

…と心の中で大暴言を吐きつつ(カンペキに八つ当たり)、別の店を探すことに。



すると、今度は近くの「ラシック」という三越の専門店館に、「備長」という美味しいお店のあることが判明。
ここは備長炭で鰻を焼いているので、非常に鰻の匂いが香ばしいらしい。

よっしゃあ!移動だ移動。
歩いて5分くらいでラシックへ到着。


さあ喰うぞぉ…と思い、7Fまで上ったら、やはり店の前には黒山のひとだかり!
思わずステーン!とコケそうになりました。


それでも「あつた蓬莱軒」よりマシだ…と30分くらい並んでましたが、全然列は動かない。

う~ん、と思い、携帯をいじってると、どうやらこの「備長」の本店は、名鉄犬山線の柏森駅から車で5分くらいのところにあるらしい。

栄といえば名古屋一の繁華街。
栄と比べれば柏森駅というマイナーな場所で、しかも駅から車という立地ならば、ここほど混んでる事もないだろう。

どうせ昨日の天皇賞で儲かってんだ、駅からタクシーで移動しちまえっ!


ってことで、12時前にラシックを飛び出し、地下鉄から犬山線へ!
13時前には柏森駅に着いて!! すぐタクシーに飛び乗り!!! ついに「備長」本店に到着!!!!

「たのもーっ!!!!!」






入り口に親子連れやらカップルやら総勢4,50人が一斉にジロッ。





        ∧∧
       ヽ(・ω・)/   ズコー
      \(.\ ノ
    、ハ,,、  ̄






でも、ここまで来たらもうお店の変更はきかない…この店で待つのみ…ああ…。


結局、お店でひつまぶしにありつけたのは14時くらいでした。

ひつまぶしぃ。

最初はお茶碗にそのまま、2杯目はさらしネギと一緒に、3杯目は薬味を添えてお茶漬け。
その風味といい、味といい…うまい!うますぎーるーっ!!


でも…ラシックでそのまま待ってた方が早かったかも…。



_| ̄|○



次回が最後です…。長いなぁ…。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://daiginga.blog69.fc2.com/tb.php/164-56c2c6fc

プロフィール

編集・秋

Author:編集・秋
年齢:昭和44年生まれの48歳。AKI48。
職業:麻雀漫画誌「近代麻雀」等、元(涙)編集
趣味:ギャンブル(競馬・麻雀等)
   プロレス観戦
   ハロプロ・乃木坂46鑑賞
(おいおい、増えちゃったよ)
   ほかいろいろ
貯金:0万(なくなりました…)
ギャンブルの負け金:約1800万(順調に増えてます…)
座右の銘:ワルツにはワルツを、ジルバにはジルバを
(byニック・ボックウインクル)

Twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。