かっぱがれ編集・秋のへっぽこギャンブル日記

基本はギャンブル日記だけど、まあ趣くままにてきとーに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩田の背中にコールはいらぬ

府中競馬場(JC当日じゃないけどw)

突然ですが、私は武豊がキラいです。

いや、性格がどうのこうのってワケじゃないし、第一知り合いでもなんでもないし。。。
むしろ、過去の騎乗レースの展開や馬のクセなど、尋常じゃないほどの記憶力や、騎乗技術の向上を常に努力する姿など、人間としては尊敬に値するスーパースターとして素直に賞賛できるんですが。

ま、例えば、Jリーグで、

「俺が好きな浦和レッズ優勝を阻んだから、横浜FCのカズなんて嫌いだよぉ」

とか、ルーレットとかで、

「俺が張るときに限って目が出ないから、00なんて大嫌いっ!」

とか、まあ非常に身勝手というかしょーもない理由です。

ただね、メイショウサムソンが凱旋門賞に行くって話になったとき、「海外経験が豊富だから」とか何とか言って、オーナーが騎手を石橋守から武豊に変えたときにちょっと「?」って思った。
「海外挑戦」の事由とか、「武豊との友情から、石橋は快諾した」とか、「凱旋門賞だけ」とか報道されていたにしても。。。

そのあと、馬インフルエンザでメイショウサムソンの凱旋門賞挑戦はなくなったのに、天皇賞が武豊騎乗に決まったのも「??」だった。
まあ、これもオーナーが凱旋門賞に行かなかったお詫びだったのかもしれないけど。
しかも当の石橋が騎乗停止になって、仮に武豊になっていなくてもサムソンには乗れなかった…ってオチもあったし(苦笑)。

でも、天皇賞でコスモバルクの悪癖を見抜き、他馬が不利を受けて慌てふためく中、内へ入れて悠々府中の直線を1着で駆け抜けた武豊が、勝利インタビューで言ったひと言を聞いてイラッとしました。

「次も頑張ります」

…次!? この一戦だけじゃなかったのかい!?
いつの間に主戦は武豊になったの!?

インタビューはどこでだって後で報道されるし、騎乗停止中なら、なおのこと石橋はテレビで天皇賞を観ていたかもしれない。
そんな状況でこの思慮に欠ける発言って何!?

「お前、何年競馬見てるんだ?」って言われるかもしれない。
「勝負の世界なんだから当たり前」とか、勝負の世界にいたこともないようなヤツから、したり顔で説教されるかもしれない。
けど、何年見てたって、こんな交代劇、誰が納得できるかって言うんだよ。
何が「友情」だよ、ボケ。

失礼な言い方だけど、名馬に必ず名騎手が騎乗するワケじゃない。

自分が見始めたときからだと。。。

ミホノブルボンに小島貞、レッツゴーターキンに大崎、ネーハイシーザーに塩村、サニーブライアンに大西、テイエムオペラオーに和田、ナリタトップロードに渡辺、メイショウドトウに安田康、スティルインラブに幸…。

異論もございましょうが、GⅠ馬とのコンビだとこんな感じかな。

GⅠ勝ちはないけど、ナイスネイチャに松永昌なんてのも、ホントよく乗せ続けたなぁ…なんて(確か調教師がお父さんだったんだっけ?)。

ただね、昔は「名馬が騎手を育てる」なんて話もあり、こういった騎手とのコンビが競馬界でドラマを産んでたと思うんですよ。浪花節だよ、人生は。

だから、実はテイエム、ナリタ、ドトウの活躍時代って個人的にはかなり好き。
だってそこに、武も岡部も外国人騎手もいないんだよ、痛快じゃない?
(だからこそ、5冠馬が出たにもかかわらず、競馬シーンが盛り上がらなかった…なんて話もあるけどw)

話が思いっクソ逸れたけど、だから天皇賞の武豊勝利にまったく喝采をあげたくなかった、と。



そこでようやく、ジャパンカップです。

実は、競馬場に着いても悩みに悩んで、

「もーワケわからんから、ウオッカ・サムソン・インティライミのボックスでいいか…」

と、マークカードに記入して、売り場に並び始めました。

でも、そこで、上記のことを思い出したワケですな。
しかも、馬券は1~3番人気。

「俺は、こんな馬券買うために競馬やってんじゃねぇだろっ!!」

慌ててマークシートを投げ捨て、自分のポリシーを再確認。

アドマイヤムーン。

宝塚記念でメイショウサムソンを破ってるし、実力を考えれば全然ありうる話。
天皇賞負けて、「調子が戻っていない」なんて新聞に書かれてるけど、それが返って、以前調子が悪いとか酷評されていたのにあっさり天皇賞を勝っちゃったスペシャルウィークを思い出したり。
JRAにとってはダーレージャパンの買収絡みで物議をかもした馬だけに、「この馬だけには勝たせたくない」なんて雰囲気も透けて見えるし。
だいたい、実際に大阪くんだり遠征して宝塚記念を観に行って、思い知らされたんじゃないのか!?

…という想いが0.5秒で脳内を駆け巡りw、マークカードにはアドマイヤムーンからの流し馬券を記入。

終わってみれば、1着ムーン、2着ポップロックというヒジョーに胸のすく結果となったわけです。
ポップロックは宝塚記念で軸にしていた馬。
最初の人気馬ボックスとかにしていたら、とんでもなく後悔しているところでした。

レース後、武豊は「大きな敗戦」とコメントしたそうです。
重い、重いひと言。

なぜなら、アドマイヤムーンこそ、もともと武豊が主戦騎手だったのに、オーナーサイドからの?な理由で岩田が乗り替わった馬だったから。

これを「因果応報」と呼ばずしてなんと呼ぼう。

岩田が勝って、ウイナーズサークルへと戻る際に、「岩田コール」は起きませんでした(多分。ちゃんと聞いてないけど…)。

バットエンド。
岩田選手には悪いけど、それでよかったと思います。

…ちなみに、武騎手は「次で巻き返したい」と言っとるそうです。
ああ、やっぱり有馬でも石橋じゃないのね。

* * * * * * * * * *

この日は、中京の最終レースもGETして(川島が気性の悪いメイショウジダーンを大逃げさせるウマーな騎乗!)、26700円の勝ち。
前日のJCダートの負け分が十分補填できる勝利でした。






気がつけば、今までで一番長く書いたブログかも。
どんだけ~。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://daiginga.blog69.fc2.com/tb.php/117-57fbb24d

プロフィール

編集・秋

Author:編集・秋
年齢:昭和44年生まれの48歳。AKI48。
職業:麻雀漫画誌「近代麻雀」等、元(涙)編集
趣味:ギャンブル(競馬・麻雀等)
   プロレス観戦
   ハロプロ・乃木坂46鑑賞
(おいおい、増えちゃったよ)
   ほかいろいろ
貯金:0万(なくなりました…)
ギャンブルの負け金:約1800万(順調に増えてます…)
座右の銘:ワルツにはワルツを、ジルバにはジルバを
(byニック・ボックウインクル)

Twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。