fc2ブログ

かっぱがれ編集・秋のへっぽこギャンブル日記

基本はギャンブル日記だけど、まあ趣くままにてきとーに。

かっぱがれG1競馬予想:2022宝塚記念

梅雨もあっという間に明けてしまいそうな天気ですなぁ。



今日はフォロワーのみつみんさんのお誘いで神宮でヤクルトvs巨人戦を見てきてしこたま飲んできたので、枕は省略。2022年上半期最後のG1なのにこんなんでええんかw

* * * * * * * *

宝塚記念。「宝塚記念は疲労度が重要」とドヤ顔で語る予想をこの週中でも多く見かけましたが…正直どうなんでしょうか。かつてのように春のクラシック戦線を戦い抜いた3歳馬や今年に入って4戦も5戦も走った馬がいるならそれもわかりますが、そんな馬は皆無。追い切りを見ただけでそんなのわかるわけありません。何度レース後の厩舎コメントで「見えない疲れがあった」と言われたことか…。予想のファクターに入れるのはあまり意味がないような気が。

それよりも大事なのは、阪神2200m内回りというコースの特性。このコースの場合、2200mと言っても中山2200mや府中2000mのような中距離ではなく、阪神3000mのような長距離を勝つ馬の方に適性があると思っています。ポイントは直線にある急坂。このコースは急坂を2回も登らなければいけないので、それをクリアするためのスタミナやパワーが必要となってくるはずなんです。

エリザベス女王杯の際、それを前提にディープインパクト産駒を消したら、唯一ノーマークだった非ディープ産駒のアカイイトが突っ込んできて、血の涙を流したわけですが…てか、アカイイトをこの宝塚記念に出さず、大阪杯とかヴィクトリアマイルに出走させてる意味がわかんないんですよ。むしろ天皇賞とか長距離路線を歩ませたほうがもっとまともな結果を出せたと思うんですが。てか、お前を本命にして大儲けするつもりだったのにぃ。(以下10分ほど愚痴タイム)

…ただ、今回はその時と同じように考えても、消せるのはディープ産駒のギベオンとポタジェくらい(内枠ならまだしも大外だし)。素直に能力だけ考えれば、準三冠+天皇賞・有馬記念馬エフフォーリアと無敗で三冠牝馬となったデアリングタクトで問題ないんでしょうけど、どうにも本調子には戻っていないという話だし。だとすれば…。

■宝塚記念《GI》予想■
◎タイトルホルダー 〇ディープボンド ▲エフフォーリア
☆キングオブコージ △アフリカンゴールド
△ステイフーリッシュ △パンサラッサ △ヒシイグアス


はい、私の夢はタイトルホルダーですw 単純に天皇賞でお世話になったというのもありますが、注目すべきなのは今年2戦の内容。日経賞、天皇賞とも逃げているのに、最後の上がり3ハロンが日経賞でメンバー2位、天皇賞に至っては 1位と、今年に入って馬自身また大きな成長を遂げていることがわかります。ただの逃げ馬ではないのです。

また、昨年の菊花賞と今年の天皇賞のレース映像を見ると、実は道中よりも、最後の直線で急坂に入ってからの方が他馬を引き離しています。思うに、阪神の急坂がこのタイトルホルダーにはかなりマッチしているんじゃないでしょうか。

パンサラッサの爆逃げに付き合わず、自分のペースで番手を取れば、パンサラッサは距離で撃沈して、直線で自ずとセーフティリードが取れるでしょう。天皇賞で初G1をゲットした横山和生の手腕に再び期待します。弟の武史には、ここで有馬記念の恨みを晴らしてやりましょう。

対抗はディープボンド。天皇賞では直線に入るまでの位置どりが明らかに後方すぎました(空馬を嫌った?)。当然、同じ轍は踏まず、3コーナーあたりからロングスパートを仕掛けてくるはずです。ただ、ちょっと心配なのは体調。天皇賞後に少し反動があったとか聞いちゃうと…。

他、本調子じゃなくてもエフフォーリアは▲以下には落とせないとして。狙ってみたいのは、横山の親父が乗るキングオブコージ。大阪杯では11着と惨敗していますが、この馬は昨年の目黒記念(府中2500m)で勝っているように、長距離に適性がありそう。ロードカナロア産駒というところでイメージしてると、一杯食わされるかも…?

アフリカンゴールド、ステイフーリッシュも長距離適性を考慮。内枠から先行していきそうなのも好ポイント。偶然かもしれませんが、2013年以降の良馬場で開催された宝塚記念ってすべて先行馬決着なんですよね。そういう意味では、距離は合わないとは思いますが、展開によっては残る可能性があるパンサラッサにも印は回しておきます。

最後に、東スポ紙上で本命に押されているヒシイグアス。今まで使ってきたレースや血統(ハーツクライ産駒もディープ産駒同様、阪神2200mの成績はイマイチ)を見ると中距離向けな気もするんですが、大阪杯のレース映像を見ると、急坂に入ってから伸びてきているような。もしかしたら隠れた急坂巧者かも…? レーンの乗り替わりも不気味で、こちらも押さえで。

ちなみに。オーソリティ、ホントに不気味なんですが、久々の遠征+右回り不安で今回は思い切って消し。来たら仁川まで行ってルメールをぶん殴ってきます(八つ当たり)。

単勝 ⑥
馬連 ⑥-②④⑧⑩⑪⑭⑮
ワイド ⑥-②⑭ボックス


キングオブコージとアフリカンゴールドは、ワイドもなかなかの配当なのでちょっぴり購入。こういうスケベ馬券が的中したことなんてないんですけどね…w

さて、今年の春のG1もこれで終了。終わりよければすべてよし。メガネすっきり食うものなし。以前にも同じギャグを言っていた気がするけど気にしないw 当たってくれないかなぁ。ヨイショっと。(しゃがれた声で)

なお、当方の予想を参考にしてハズれても、責任は一切取りませーん!



スポンサーサイト



プロフィール

編集・秋

Author:編集・秋
年齢:昭和44年生まれの54歳。
   五指烈弾。
   とうとう波平さんの同期
   になりました。
職業:「近代麻雀」等、元(涙)編集
趣味:ギャンブル(競馬・麻雀等)
   プロレス・F1観戦、お城の
   旅行、坂道グループ鑑賞
   ほかいろいろ
貯金:マイナス200万
   (た、助けて…)
ギャンブルの負け金:約1800万(減らんなぁ…)
座右の銘:ワルツにはワルツを、ジルバにはジルバを
(byニック・ボックウインクル)

Twitter

カレンダー

05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索