FC2ブログ

かっぱがれ編集・秋のへっぽこギャンブル日記

基本はギャンブル日記だけど、まあ趣くままにてきとーに。

かっぱがれGI競馬予想:2019天皇賞・秋

22日の「即位の礼」祝日。

降りしきる雨の中、せっかくの厳粛な一日だというのに某所で麻雀の約束があって、都内へと出ることに。

そういえば、平成天皇が即位の礼をしてた時(1990年1月23日)も麻雀をしてなかったか?と確認してみたら、なんとその時の自分は麻雀すら覚えていなかったことが判明。

でも、なんか遊びに行ってた気がするんだよなぁ、なんだっけかなぁ…。

などとアホな顔して記憶の糸を辿っていたら、あっという間に遅刻寸前の時間に。

いかんいかんと駅まで駆け込み、エスカレーターを上ろうとした瞬間…。

バキッ

足がツルッと滑り、そのまま物凄い勢いで右足の親指がエスカレーターの階段部分に激突。

(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

電車には間に合ったものの、痛みは引かないまま。50歳も過ぎて数々のケガをしてきた今ならわかる。これはなかなか重傷な親指の捻挫、最悪ホネにヒビが入ってるはず…。

そんな状況にもかかわらず、そのまま麻雀へと向かい、やっぱり負けた挙句に酒まで飲んで夜遅くに帰宅。靴下を脱いでみたら案の定、足の親指付近がパツンパツンに腫れ上がっていて…うぎゃあああああ、いてええええよおおおおお。

あれからすでに4日経ち、かなり腫れと痛みは引いたものの、いまだに歩行に支障をきたすレベル。医者?行ってませんw まあ、行っても電気当てられてシップ巻かれるくらいだし。

だいたい、そんな金ないですから。(←まさかの2週連続同じサゲ)

くじいた心の捻挫によく効く当たり馬券のシップをください。貼って、寝て、気持ちいい(意味不明)、天皇賞予想。

* * * * * * * *

どうやらアーモンドアイ サートゥルナーリアの2強対決という見方が大半ですが、自分が信じているジンクス「2強対決に2強決着なし」に則って、当然2強馬券とか買いません。ムリw

■天皇賞《GI》予想■
◎スワーヴリチャード 〇サートゥルナーリア ▲アーモンドアイ
△アエロリット △アルアイン △ダノンプレミアム
△ユーキャンスマイル △ワグネリアン


昨年の天皇賞・秋の大出遅れから、勝ち運に見放された感じのスワーヴリチャードですが、じゃあそんなに力を落としてるかというと、さにあらじ。JC3着はアーモンドアイ 、キセキに次ぐ着順だし、苦手な右回りで中山記念4着・宝塚記念3着なら、力落ちはまだないと判断してもいいんじゃないかと。

だいたい、晩成のハーツクライの血を持つ馬ですし、むしろパワーアップしてる可能性だってあるわけですから。

あと、デムーロの不調っぷりに引っ張られていた感もあっただけに、ここで府中のG1大得意な横山典に乗り替わりは大いに怖い。歴史を紐解けば、かつてのナリタブライアンとマヤノトップガンの2強対決に割って入ったのが、横山典の駆るサクラローレルだったりするわけだし(まあ、これは春天だけどw)。

まあ、ぶっちゃけ昨年の天皇賞・秋の本命がこのスワーヴリチャードだったりするんで…一年越しの恨み、ここで晴らさせてもらいましょうぞ。

ちなみに。安田記念で本命にしていたダノンプレミアムですが、今回はあっさり連下まで落とします。ダノンキングリーを天皇賞に出さないオーナーサイドの判断がまったく支持できないので。G1で勝てないダノンが冠名の馬に、そんな使い分けをしてるヒマがあるのかと。

ルメールの騎乗の有無による使い分けもそうだけど、昨今の有力馬ローテは酷すぎますね。かつて故・清水成駿は現代の日本競馬を「社台グループの運動会」と評してましたが、もはやそれ以下というか。オーナーの都合で強い馬が競い合わない競馬に未来とかないでしょ。そんなことやっていて凱旋門賞にチャレンジだとか、日本競馬おとといきやがれですよ。

いつものようにスワーヴからの馬連を本線に、
スワーヴとアーモンドアイ、スワーヴとサートゥルの1,2着流し3連単でひとハネ狙いも。実力からいけばアーモンドアイ1頭でいいと思うんですが、こういう2強対決の時って、人気のない方が来てるパターンが多いような気もするんですよねぇ。

* * * * * * * *

さて、前段に話していた、平成の即位の礼で何をしていたかという話。なんとなく思い出しました。

前日に八王子にあった鯖鯉の家で、PCエンジンの「ファイヤープロレスリング」で遊びまくっておりまして。

終電ギリギリになってしまったので、いかんいかんと駅まで駆け込み、歩道橋を上ろうとした瞬間…。

バキッ

階段を踏み外して、右足をグニャリ。

(´༎ຶོρ༎ຶོ`)(´༎ຶོρ༎ຶོ`)(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

うぎゃあああああ、いてええええよおおおおお。

駅までたどり着けずに鯖鯉の家まで戻り一泊。当日はシップを貼って即位の礼をテレビで見ていたような…。

麻雀を覚えていようが、覚えていなかろうが、結局は29年前と比べてまったく進化のない自分に、我ながらほとほとあきれ返るかっぱがれだったりするのです。


なお、当方の予想を参考にしてハズれても、責任は一切取りませーん!



スポンサーサイト



かっぱがれGI競馬予想:2019菊花賞





Twitterにも書きましたが、F1日本GPのために予定を繰り上げて、金曜日の夜に名古屋に宿泊。3泊4日という大旅行となりました。

昔なら、それこそいろいろまとめてブログに書いてたでしょうが、ぶっちゃけ、もはやそんな気概もあるわけがなくw

それにしても、台風19号の残した傷跡は凄まじかったですね…。
ホテルのあった名古屋駅周辺はそこまで大きな雨風にさらされることもなく、コンビニや地下鉄もいつも通りでした。新幹線に乗車する間、大混乱に陥っていた東京駅周辺とはいかにも対照的だったというか。

東日本大震災直後にも思いましたが、東京の人間は災害に対して耐性が弱くて、パニック状態になりやすいんでしょうな。こういうことがあると、本当に将来は地方都市にでも引っ越そうかなぁ…とか思ってしまいます。

…そんな金ねえけどw

将来の引っ越し代に向けて、ここで一丁大儲けするかなー(←いつも言ってる)。
菊花賞予想。

* * * * * * * *

18頭中、ダービー出走馬は7頭。その内、入着馬は2頭で最高着順の馬が3着という、なんとも寂しいクラシック最終G1。これだけ寂しけりゃダービー入着馬のヴェロックスニシノデイジーを買っときゃいいのか?

でもヴェロックスって、どうもダービーや神戸新聞杯を見てると、3000mという距離はもたなそうな気がするんですよ。「どうせスローペースでヨーイドンだし」とも思ったんだけど、それこそ直線でヘバっていたダービーと神戸新聞杯もスローペース。メンバーがメンバーなだけに充分足りる可能性もありますが、まー、このガチガチ1番人気じゃ買ってられない。

ニシノデイジーもそもそも近走が不振で早熟の匂いがするし、ルメール乗り替わりといっても、そこは前走のコントラチェックを見ればわかる通り。ダメなもんはダメw ハービンジャー産駒の3000mというのもピンとこないしねぇ…。

そこで、自分がたまたま新潟競馬場に遠征した際に阿賀野川特別を完勝して、鯖鯉と二人で「蛯名のラストクラシックホースが現れたぞ」と絶叫したホウオウサーベル

いやぁ…ちょっと前まで、菊花賞の本命はコイツだと思ってました。でも、改めて阿賀野川特別の映像を見て、気づいちゃったんですよ。

蛯名、なんであんな楽勝なレースで、バンバン追ってるのよ(´Д` )

菊花賞出走がかかっていたとはいえ、夏であんな走りをした後となると、さすがに反動が心配だしぃ。

つーわけで、アチキの本命はこちら。

■菊花賞《GI》予想■
◎レッドジェニアル 〇ヴェロックス ▲ホウオウサーベル
△ザダル △サトノルークス △ニシノデイジー
△ヒシゲッコウ △ワールドプレミア


レッドジェニアルの前走・神戸新聞杯はプラス10kg。余裕残しのレースで、スローペースでほとんど逃げる形となったまさかの展開。最後、サートゥルナーリアら4頭に抜かれちゃったんですが、よく見ると最後は盛り返して、5着から4着に差し返してるんですよね。

京都新聞杯を勝った得意の京都コースでもあるし、鞍上はトーホウジャッカルで菊花賞を制した酒井学。さらに3000mならヴェロックス逆転も夢じゃない…ような気が。

それなら、そのレッドジェニアルに神戸新聞杯で先着したワールドプレミアでいいじゃんという噂もあるけど、これは武豊の「気性が成長していない」というコメントを信じます。気性のダメな馬が3000mとかどうやって勝つのよw

あと、同じように前走プラス10kgで上積みの期待がかかるザダルだけど、そこはステップレースのレベル差。サートゥルナーリアの勝った神戸新聞杯と比べたら、セントライト記念の出走メンバーの低さは歴然。

…と消去法で書いてきたけど。

ホントはこれだけレベルが落ちると、何が勝ってもおかしくはないとは思ってるのよ(^^; 人気度合いからいってもレッドジェニアルはお手頃かなぁ、と。

というわけで、今回も馬券は馬連でうっすらと。ホウオウサーベルの人気もないので、ヴェロックスと3頭を軸にした3連複フォーメーションなんかも面白いかなぁ。引っ越し代にはならんけど、九州に行くくらいの交通費は稼げそうw

なお、当方の予想を参考にしてハズれても、責任は一切取りませーん!

かっぱがれGI競馬予想:2019秋華賞

来ちゃいましたね、台風…。
私ったら思わず今年もF1を鈴鹿で観戦する予定を組んじゃっていて、本当は例年通り12日の朝に「秋の乗り放題きっぷ」を使って東海道線を乗り継ぎ、名古屋まで入ろうと思ってたんだけど、さすがに在来線を使った旅行は無理そう。

せめて12日午前中だけなら新幹線も動くのでは…と期待していたのですが。

今日の朝、JRのホームページをポチリ。

* * * * * * * * * * * * *
東海道・山陽新幹線運行状況
【10月12日(土)】
○東京駅~名古屋駅間
 ・始発から終日運転を取りやめます。
* * * * * * * * * * * * *

ふんぎゃああああああああああああ。゚(゚´Д`゚)゚。

天災だからどうにもならないとはいえ、ホント今年は俺の旅行と台風がよく重なる…。

F1は今のところ予選と決勝ともに日曜開催予定。俺の知ってるFIAなら、首都圏の交通状況とか一切空気を読まず、きっとこのスケジュールのまま強行するはず。さて、どうしたもんか…。

と、いったわけで、スケジュール通り日曜に開催できるかどうかもわからない秋華賞。とりあえず予想はこちら。

■秋華賞《GI》予想■
◎ブランノワール 〇ダノンファンタジー ▲エスポワール
△カレンブーケドール △クロノジェネシス △シゲルピンクダイヤ
△ビーチサンバ


大穴狙い…になるのかな、これ? 最近のオッズはよくわからんからな…。

秋華賞といえば、差し決着が有力なレース。過去10年見ても、四角で先頭~3番手までつけていて3着以内に入った馬は、実に3頭だけ。雨が降ろうが槍が降ろうがこの傾向は変わらなそうな気がするのよ。台風が夜に抜ける京都なら、朝からの天気で芝も外から乾いていきそうだから、外差し決着がますます濃厚、濃厚いりこだし。(意味不明)

じゃあ、外枠に入って穴人気になりそうなエスポワールでいいじゃんって話なんだけど、シュタルケってところが気にかかるし、2勝馬で人気になってるのがちょっと嫌。どうせ同じ2勝馬を買うのなら、人気のないブランノワールでいいんじゃないの?みたいなw

え?春はチューリップ賞6着でダノンファンタジーと0.6秒差つけられてるよだって? でも、切れ味勝負のレースならもしかしたら互角に戦えるかもしれない。というか、勝った夕月特別で0.5秒差つけたタンタラスは、菜の花賞でコントラチェックにやっぱり0.5秒差で負けてたり。ブランノワール=コントラチェックと考えたら、このオッズはなかなか美味しいと思うんだよねぇ。

あと、関東馬はやっぱり台風下の輸送が気になるので、なるべくオミットしておきたい(さすがにクロノは押さえておくけど)。ルメール騎乗だけど先行馬で関東馬のコントラチェック とか、ズバッとぶった切っちゃいます。

というわけで、買い目はいつも通り◎からの馬連勝負で。まあ、今回はF1もあるんで、あまり突っ込まないつもり^^;

なお、当方の予想を参考にしてハズれても、責任は一切取りませーん!

プロフィール

編集・秋

Author:編集・秋
年齢:昭和44年生まれの50歳。
   半世紀ちゃん。
職業:「近代麻雀」等、元(涙)編集
趣味:ギャンブル(競馬・麻雀等)
   プロレス観戦、お城の旅行、
   ハロプロ・乃木坂46鑑賞
   ほかいろいろ
貯金:0万(なくなりました…)
ギャンブルの負け金:約1800万(順調に増えてます…)
座右の銘:ワルツにはワルツを、ジルバにはジルバを
(byニック・ボックウインクル)

Twitter

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索