fc2ブログ

かっぱがれ編集・秋のへっぽこギャンブル日記

基本はギャンブル日記だけど、まあ趣くままにてきとーに。

かっぱがれG1競馬予想:2019天皇賞・春

忘れもしない、2017年の天皇賞のサトノダイヤモンド

菊花賞と有馬記念を制覇し、阪神大賞典も完勝して、いよいよサラブレッドとして身体も完成の域に達して、絶対に連はハズさないと信じていたのに、キタサンブラックに届かないはおろか、シュヴァルグランにも交わされて、3着へと沈んだあの悪夢――。

ご存知のとおり、サンデーサイレンス産駒として春の天皇賞で3着以内に入ったのは、このサトノダイヤモンドと、2013年のトーセンラーだけ。

俺にとっちゃ、今年はディープ産駒が初めて天皇賞・春を勝つとか、ルメールが八大競走制覇できるかってことじゃなくて。

あの時のサトノダイヤモンドと今のフィエールマン、どっちが上なのかって話なんですよ(*`ェ´*)

■天皇賞・春《GI》予想■
◎エタリオウ ○クリンチャー ▲フィエールマン
☆チェスナットコート △パフォーマプロミス
△メイショウテッコン △ユーキャンスマイル


つーわけで、ディープ産駒は軽視。
さすがにフィエールマンを消すわけにはいかないけど、グローリーデイズとかまったく買わない。

フィエールマン3000m勝ってるじゃんって話もあるけど、サトノダイヤモンドだって菊花賞は勝ってたわけなんで。ダービー2着馬で菊花賞馬&有馬記念馬&阪神大賞典馬が天皇賞負けてるんですよ、こんなのもうディープ産駒だからとかしか理由がありえないじゃないですか!w

だいたい最近の菊花賞は、距離適性の怪しい馬が多く出てきていて、そのせいでスローペースになることが多い気がするんですよ。なんだかんだでスタミナ勝負となる天皇賞・春とはリンクしなくなってきているんじゃないの?

菊花賞上位組で唯一頼りになりそうなのは、展開不利の瞬発力勝負から能力で2着に突っ込んできたエタリオウ

ステイゴールド産駒で長距離歓迎というのもあるけど、勝ち切れない馬が勝つ時ってのは、こういう改元ムードに浮ついた「異常な舞台」でこそって感じもするんですよ。これは博奕打ちとしての勘。お父さんのステゴが、いかにも「ハレ舞台」なシンガポールでG1勝ったりしてるし。

そんな理由で、菊花賞組よりも昨年の天皇賞で入着したリピーター組を上位に。

実は昨年の天皇賞では、3歳春のローテが気になってクリンチャーを軽視してたんだけど、あの3着は驚いた。昨年の海外遠征がどうかってところだけど、別に3歳の時のように使い詰めだったというわけでもないし、ここで一変は十分ありそう。

てわけで、馬連2-12全力。3連単でもエタリオウとクリンチャーを1,2着にして流す感じで。あとはまさかのチェスナットコートとの3連複。ハーツクライ産駒だし、この馬も海外遠征帰りから1戦使って一変があるんじゃないの?

あと、印には入れてないですが、クリンチャー→エタリオウ→ リッジマンの3連単も抑えます。なぜって、天皇誕生日の12-2-3だから!w

趣味に走ったというか、男の意地というか。
今年の淀の3200も現地観戦して、過去の借りを清算してきますわ。平成のヨゴレは平成のうちに。

なお、当方の予想を参考にしてハズれても、責任は一切取りませーん!



スポンサーサイト



プロフィール

編集・秋

Author:編集・秋
年齢:昭和44年生まれの54歳。
   五指烈弾。
   とうとう波平さんの同期
   になりました。
職業:「近代麻雀」等、元(涙)編集
趣味:ギャンブル(競馬・麻雀等)
   プロレス・F1観戦、お城の
   旅行、坂道グループ鑑賞
   ほかいろいろ
貯金:マイナス200万
   (た、助けて…)
ギャンブルの負け金:約1800万(減らんなぁ…)
座右の銘:ワルツにはワルツを、ジルバにはジルバを
(byニック・ボックウインクル)

Twitter

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索