かっぱがれ編集・秋のへっぽこギャンブル日記

基本はギャンブル日記だけど、まあ趣くままにてきとーに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dr.スランプ

まあ、いつものことといえばいつものことなんですが…

最近、バクチが勝てないんです(ノД`)

3月だけで、入院中に降りた保険金の倍は吹っ飛んだんじゃないかと思います。
で、「ツイてない」と思い込んでしまって、明らかに麻雀も競馬も、フォームを狂わせちゃってるんですね。


例えばこんな形。

六萬七萬九萬五筒赤七筒八筒九筒二索三索六索七索發發 出る六筒 ドラ九萬

当世では、これをチーして8筒9筒落とし、567の三色か発の後付けを探るなんて人もいらっしゃるようなんですが…。
でも自分のフォームとしてはやっぱり鳴けないんです。

ドラがトイツになるかもしれないし。
六萬七萬九萬九萬五筒赤七筒八筒九筒二索三索六索七索發發  ドラ九萬

そしたら発落とすし。
六萬七萬九萬九萬五筒赤七筒八筒九筒二索三索六索七索發 ドラ九萬

そしたら6筒引いてくるかもしれないし。
六萬七萬九萬九萬五筒赤六筒七筒八筒九筒二索三索六索七索 ドラ九萬

最終的にはこーんな手になっちゃうかも!
五萬赤六萬七萬九萬九萬五筒赤六筒七筒七筒八筒九筒六索七索 ツモ五索赤 ドラ九萬

…まあ最低はこんなウンコ手になる可能性もあるけど。
六萬七萬八萬七筒八筒九筒一索二索三索六索七索發發 ドラ九萬


でもね、リーチかけられるなら、自分のフォームとしてはOKなんですよ。
やっぱりリーチで周囲を圧迫して、自分のペースに引き込みたいっていう狙いがあるわけですから。

しかし、最近の自分はまったく自信がないので、

「ああ、いまどきは鳴いてテンパイを目指すべきだよな。若いナウイ仕掛けしてみようじゃん!なーんちゃって、てへぺろ」

とかいって、なんか鳴いちゃうんです。

六萬七萬九萬八筒二索三索六索七索發發 チー六筒横五筒赤七筒 ドラ九萬


そしたら対面からリーチなんか入っちゃったりして。
西九索白二筒四萬九筒横 リーチ

わからんけどオリたくないから、とりあえず8筒打ってみたりして。

「ロンッ!」
 

一萬一萬一萬五萬赤五萬五萬二索二索二索八筒八筒發發  ロン八筒 ドラ九萬 ウラ八筒

「16000の5枚です!」










アーーーーーーーッと 







ああああああーッとぉ驚くううう(ry!!








ここでは「鉄チー」とか「鳴くわけないじゃん」という議論はとりあえずおいといて。

自分は普段ならメンゼンを選択するのがフォームなんで、その意思選択がグラグラしてるようじゃ、勝てるわけがないと思うんですよね。

そんなワケで、ただいま絶賛スランプ中の私なんですが、こんな時に限って博打のお誘いがたくさん入ってくるという…。

編集を辞めて内勤になってからもこういうお付き合いがあるのはホントにありがたいことなんですけど、神様って奴はバランスって考えてはくれんもんですなぁ(T . T)
スポンサーサイト

グワラキーン。花は桜木、温泉はいわき

いかん、またブログの更新が停滞してる。
で、またもや旅行のことで恐縮なんですがw

あの東日本大震災から1年。
3月11日に福島県いわき平競輪場へ行ってまいりました。

といっても、今回はいつもの一人旅じゃなくて、プロレス観戦仲間のM氏とN氏が一緒だったんですが。

スーパーひたち。シンボルマークが電光板なんだね

▲シンボルマークが電光板!

いわきといえば、「スパリゾートハワイアンズ」などの温泉でも有名。
どうせ行くならドボーンと浸かりたい!ということで、競輪場の前に湯本駅で降りて、いわき湯本温泉へ。

湯本駅。のんびりしてますね。 
▲湯本駅。奈良時代からの湯治の名所だそうです。

駅には温泉の由来も。 
▲温泉の由来が駅にありました。下には温泉も。

復興祈願のパレード? 
▲「復興じゃんがらエイサー」というイベントが催されてました。

さはこの湯。いい温泉でしたー
▲立ち寄り温泉「さはこの湯」。硫黄臭漂っていてザッツ温泉w

温泉に浸かった後は、常磐線の今の終点であるいわき駅まで。
ホントは常磐線の終点は仙台なんですが、東日本大震災の影響と、福島原発の警戒地域に路線が相当するため、いわき駅が終点になっているのです…。

いわき駅。新しくなったなー 
▲いわき駅。キレイになったなー。

実は10年ほど前に、みちのくプロレスを観戦するために、いわきに来たことがあります。
でも、まだその時はこんなに駅ビルも大きくはなかったし、もっと小汚い(失礼!)イメージでしたね…。

駅からの送迎バスはすでに終わっていたので、タクシーで競輪場へ。

いわき平競輪場。めちゃくちゃ豪華でびっくり 
▲いわき平競輪場。今まで行った競輪場の中で一番豪華。

「空中バンク」の意味がよくわかる写真。 
▲「空中バンク」の異名どおり、競輪場ごと浮いてます!

駅と同様、競輪場も豪華でものすごくキレイ!
関東のどの競輪場よりも設備がよくて、なんならKEIRINグランプリもここでやればいいのに…とか思ったほど。

選手の寄せ書きが展示されてました 
▲震災復興に向けての選手たちの寄せ書き。

選手の皆さんも黙祷。(黙祷前の写真です) 
▲14時46分に選手の皆さんも黙祷をされていました。

結局、この日の収支はマイナス1万。
東北にお金を落としたぞー…なんて、あまり冗談も言いづらいかな。


思えば、去年のこの日。
東日本大震災からしばらくは、競馬や競輪といった公営ギャンブルも、会場が被災したり計画停電があったりで、中止の憂き目にあっていました。

こうやってパッと博打に負けていられるのも、平穏な日常が戻ってきたからこそなんですよね。


いまだに震災の被害に遭われて苦しまれている方々も多いと思います。
震災前の生活には戻ることが難しい方もいらっしゃるかもしれませんが、新たな未来と希望に向かって、一日も早く皆様方に心穏やかな日々が戻られることを心からお祈りしております。


今日も元気にバクチで負けましょーw




小田原ぶらぶら

あっという間に前回の更新から3週間。
この間も飲んだ後ラーメン食っとるし、競馬も負けてるし、どんだけ今年の目標をないがしろにしてるんだよって感じなんですがw

入院中、旅行に行きたくてたまらなかったので、2月18日の土曜日に自分自身への快気祝いということで、小田原&湯河原にプチ旅行してきました。

小田原駅ざんす。
▲小田原駅。風は冷たくて強かったけど、よく晴れてました♪

小田原名物といえば…そう、もちろん天下の名城・小田原ですね。

小田原城の天守閣。
▲天守閣。 城フェチとしては、フォルムが野暮ったく感じますw

梅は三分咲きくらい。来週くらいは見ごろかな?
▲城内にあった梅の木。この時はまだ三分咲きくらい。

お城から<s>三浦</s>伊豆半島を望む。天気よし。
▲天守から三浦伊豆半島。絶景でございます。

自分、小田原城に来たのは大学の合宿以来なので、19年ぶりになります。
お城のくせに天守閣しかなくて、あとは遊園地があったり動物園があったりと、当時の印象としては「普通の公園みたいなもんだよなぁ~」とw
子供と一緒に遊びに来るのならそこそこ楽しいと思うんですが、私のように一人で来て、往時を偲ぶようなマニアには物足りなかったんです。

ところが、今回来てみると、胴(あかがね)門や馬出門も復元されていて、かなり立派な「城跡」の体裁が整っていました。
資料館も充実していたし、いい意味で予想を裏切られましたね。歴史好きとしては大満足☆
天守閣の中にはかつての「小田原ちょうちん」も展示されていたのですが、それを見た女の子が「♪おだわらちょうちん、ぶらさ~げて~」と唄い始めて、場が和むこと和むこと、ナゴムレコード(←不要な親父ギャグ)

とりあえず、自分の中で決め事なので…。

小田原城と一緒にパチリw 

天守閣の前でパチリwww
こんなことするから、「あの容姿でナルシスト」とか「自意識過剰親父」とか言われるんだって(∩゚д゚)

お城見物のあとは、冬ならば一度は食べておきたい「小田原おでん」のお店へ。

小田原おでんの店構え。 
▲趣のある店構えでしょ?

「小田原おでん」の歴史はまだ浅く、2003年あたりから地産地消ブームの流れに乗って(?)企画された、小田原の名物グルメなんです。

練り物をはじめ、小田原が誇る逸品の数々♪
▲温かくて美味しそうでしょ。見た目は普通だけど…?

小田原の名産品である蒲鉾の数々の名店が、この小田原おでんのために具材を作って提供しているので、個々のおでん種にお店のこだわりが感じられ、しっかりとした味や個性があるのが特徴だったり。

もうひとつ特筆すべき点を挙げるとしたら、それは薬味でしょうか。
お店の人に注文して出てきた薬味が、からし、わさび醤油…そして、なんと梅みそ!

薬味。左からからし、わさび醤油、梅みそ。
▲左から、からし、わさび醤油、梅みそ。

小田原おでんの出汁はどちらかというと薄めで、関東風というよりは関西風であっさりしているんですが、そのダシの効いたあっさり味のアクセントとして、梅みその酸味がまたよく合うんです!
あんまり美味しいので、昼間だというのに日本酒を注文しちゃったりしてw

昼間から地酒「ご縁満開」を一杯☆
▲お酒は地元の地酒「ご縁満開」。スーッとしてのど越し最高。

で、お店で注文していたのは、昼食のコースである「おでん茶飯ランチ」だったのですが、お店の人からはこんな説明が。

「半分くらい食べたらお呼びくださいね。こちらで出汁を入れて、お茶漬けのような感じで召し上がっていただきますんで」

茶飯。半分食べたらおでん汁をいれて茶漬けに。
▲こんな感じ。

ぎゃー、うまーい!wwwww

おでんと出汁とご飯って、本当に最高のマッチングですなぁ。
最後もやっぱり地産地消。梅ジャムの添えられたバニラアイスで締め。

デザートは梅ジャム添えのバニラアイス。 
▲アイスの甘みと梅のすっぱさが絶妙です。

ということで、背中腫れ物オヤジ、だーい満足w

次に向かったのは…もちろん温泉!
真鶴と湯河原の間くらいに、海の見える露天風呂があるということで、駅からバスで行ってみました。

真鶴駅からバスで10分くらいでした。
▲さすがに湯船の写真はムリw

土曜日ということで、さすがにお客さんがいっぱい。
…そう、いっぱいなんで、ただでさえそこまで広くないここの脱衣場だと、着替えるのも一苦労。

それに、確かに露天から海は見えるんですが、塀があるので、湯船に浸かってる間は海が眺められないし。

うーん、いいお風呂だとは思うんですが、やっぱり繁忙期に僕みたいな一人のお客では厳しいかな?
平日のゴルフ帰りとかで利用すると、最高の温泉かもしれません。

風呂上りはビールじゃなくてこれ!
▲でもお風呂のあとはコーヒー牛乳w

で、まだまだ旅行は終わらない。
温泉のあと、湯河原駅まで出たところ、やはり小田原おでん同様、町おこしの一環として起案されたB級ランチが、最近湯河原で名物になっているというニュースをiPhoneで入手いたしまして。

そのメニューとは、「担々やきそば」

坦々やきそば。かなりボリューミー。
▲こいつでごじゃいますw かなりボリューミー。

要するに、担々麺のようなゴマや豆板醤をベースにしたピリ辛ソースで作ったやきそばなんですが、なんだかお店によっていろいろ種類が違うらしく、はっきり言ってしまえば統一感がまったくない名物グルメw

辛さはそんなに感じなかったなぁ。
▲辛すぎるわけでもなかったので、個人的には助かったw

まずいってわけじゃなかったんですが、おでんを食ってきたタポンタポンのお腹に、普通の量の2倍もありそうなこのやきそば、かなりヤラれました…。
入院して2キロやせてたのになぁw

というわけで、この日のプチ旅行は終了。
どうしても日帰りだとスケジュールもバタバタになってしまうんですが、貧乏性なんで「どうせ来たなら、行きたいところに行っちまえ」とか思っちゃうんですよね。
入院中は自由に出かけることもできなかったんで、よりそのブラブラ度合いに拍車がかかったというかw

今度は近いうちに、ゆっくり宿泊する旅行へでも行きたいなぁ…なんて思っております。




…なんて言いつつも、実はこの日あらかじめ買っていた競馬12R全部はずして頭にきていたので、帰る途中にフリー雀荘に入って、少しだけ取り戻したのは、秘密って言えば秘密ですwwwww


どっとはらい。



プロフィール

編集・秋

Author:編集・秋
年齢:昭和44年生まれの48歳。AKI48。
職業:麻雀漫画誌「近代麻雀」等、元(涙)編集
趣味:ギャンブル(競馬・麻雀等)
   プロレス観戦
   ハロプロ・乃木坂46鑑賞
(おいおい、増えちゃったよ)
   ほかいろいろ
貯金:0万(なくなりました…)
ギャンブルの負け金:約1800万(順調に増えてます…)
座右の銘:ワルツにはワルツを、ジルバにはジルバを
(byニック・ボックウインクル)

Twitter

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。