かっぱがれ編集・秋のへっぽこギャンブル日記

基本はギャンブル日記だけど、まあ趣くままにてきとーに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天痴人紀行・ラスト

昨日、夕刊フジさんが主催の麻雀リーグ戦「夕刊フジ杯・第4回麻雀女王決定戦」に行ってきました。

詳細はまた後日書きますが、それにしても。

久々に立ちッぱなしで対局をズーッと見ていたら、なんか疲れて酔ってきちゃった自分にちょっと絶望先生w

これをあと10ヶ月か…なんだか腰も痛いし、整体にでも行ってくるかなぁ。

* * * * * * * * * * *

お待たせしました。新潟旅行完結編。

…といっても、もうたいしたことは起こってないんですw

ささっ、といきましょう。ささっと。


雨の中をバスで戻り、新潟駅に着いた私。

時間もあるので、まず新潟名物のヤスダヨーグルトをゴクッ。

最後の1個でした…あぶねー。 


次に駅ビルにある「長岡小嶋屋」で遅くなった昼飯のへぎそばをツルッ。

本場のへぎそばは歯ごたえよし。 


最後は新幹線に乗って、車内でちょっと早めに夕飯の駅弁「まさかいくらなんでも寿司」をパクッ。

なんか豪華でしょ? 
(「マ」ス、「サ」ケ、「カ」ニ、「イクラ」が乗ってるから「まさかいくら」というネーミングなんだそうでw)


…で、昼飯と夕飯の間隔が30分しか開いてなかったワケなんですがw

ダイエット…か。
まだリバウンドしていないだけマシ?


結果的には、歴史的好奇心も満たせたし、競馬でもマイナスがなかったことで、満足度高めな旅行となりました。

この旅行でで使った総額が、食事代含めてだいたい4万くらいだから、毎週競馬で2,3万負けること考えれば、十分元を取っているんだよなぁ。

…この発想が、すでに終わっているという噂もありますがw

* * * * * * * * * * *

さて、もう完全に開き直って、独身40男のボンクラ旅行記と化しているこのブログ。

懲りずに今月下旬には、札幌記念を観に、また北海道まで行こうかと思っております。


ただなぁ、豪華なメンバーになるとか言っておいて、結局有力どころはマツリダゴッホブエナビスタしか出ないって…せめてディープスカイが出てくれたらなぁ。




夏はレジャーの季節ですw





スポンサーサイト

天痴人紀行6

しかし、シューマッハがカムバックしたとして、ろくにトレーニングもしてない引退ドライバーがいきなりポールとか取っちゃったりしたら、現役ドライバーみじめすぎんだろ…>M・シュー、フェラーリ復帰か(Yahoo!)


新潟旅行の続きっす。

* * * * * * * * * *

日曜のあーさー。(谷岡ヤスジ調)

ホテルをチェックアウトして、さっそく向かったのが…新潟の有名ファースト・フード?店「イタリアンみかづき」


このお店、名前の通り、ナポリタンを売っているんですが…ちょっと変わったお店でして。

なんか変じゃありません?  美味そうは美味そうですけど。
▲なんか変でしょ?                ▲美味しそうは美味しそうですが。

実は、ここのパスタってヤキソバなんですwwwww

最近テレビでも取り扱われている、この「みかづき」というお店。
新潟では有名なヤキソバナポリタン(お店では「イタリアン」と言っています)のチェーン店。

ヤキソバは、パスタを意識してやや太め。
キャベツ。もやし。粉チーズ。ナポリタンのソースと一緒に添えてあるのは…白しょうが。

味は…まさにヤキソバ+ナポリタン以外なにものでもなくw

とんでもなく美味い!ってわけではないんですが、一度食べるとクセになりそうな味というか、まさにジャンクフードって感じなんですよね。

これで320円っていうんだから、コストパフォーマンスいいよなぁ。

しかも、190円でドリンクとポテトが!
…いや、ポテトはさすがに違和感たっぷりでしたがw

ちなみに、このお店、ソフトクリームも美味しかったりします。


とまあ、そこそこ腹ごなしに満足した後、バスに乗って新潟競馬場へ。
着いたのは5R終了直後くらいだったと思います。

新潟競馬場でーす。  開幕週だけに、いっぱい来てます。

着いたはいいんですが、皆様ご存知の通り、最近の天気は荒れ模様。

到着した途端、競馬場ではモーレツなゲリラ豪雨が!

豪雨で雨けむりたちまくりw 
▲まさに地面を叩きつけるような雨…。

たがしかし。
日頃の行いのせいか、メインのアイビスサマーダッシュが始まる頃には、なんとか雨も止んでくれました。

…まあ、日頃の行いのせいか、お財布の中は相変わらずどしゃ降りだったわけですがw

馬券は買ってませんが…ゴスホークケン。  細江純子さんが外で実況してました。
▲ゴスホークケン。                  ▲細江純子さんがパドック実況してました。

新潟直線1000m。
ハンデの軽い3歳馬が常道かもしれないが、⑭エイシンタイガー1番人気って、さすがにかぶりすぎじゃないの?

さりとて、積極的に軸にしたい馬も見当たらない。

と、いうことで、前走のタイムよし、調子よし。ハンデも手ごろで、成績も安定感たっぷり。
夏は牝馬!っちゅうことで、2番人気の⑫アルティマトゥーレを軸に指名することに。



レーススタート!

新潟直線1000mは、おそらく日本一のド迫力レース!
直線レースでコースロスもないため、馬はお客さんがいる外ラチ沿いに殺到してくるんです。

         /ヾ∧
        彡| ・ \
         彡|  丶._)つ
        ( つ   /
⌒ヽ     /   ⌒)    Y⌒ヽ
  人    /__ し   ノ⌒ヽ  人 ズドドドド…
Y⌒ヽ)⌒ヽ し   Y⌒ヽ   Y  )⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

うおおおっ、きたきた!
ワシの買ってるアルティマトゥーレ先頭じゃん!!

きたきたきたっ! 

きたきたきたっ!
カメラ撮りながら「松岡、松岡、まつお…
ギュイーーーンッ!!(カメラの前をキョーレツに横切る風の音)


お前じゃなーいっ! 
小牧ぃぃぃ、おまえじゃねえーっ!!
(゚Д゚;)



レース自体は相変わらずの迫力で大満足だけど、⑰カノヤザクラ⑱アポロドルチェに差されてアルティマは3着で、俺ガッカリ涙目w


その後のレースもイマイチで、札幌の最終レースを前にして14150円負けという有様。
もう1回新潟に来れるっちゅうねんw

うーむ。これはこの最終レースに勝負をかけるしかあるまい…。


ということで、あらためて馬柱をみる。

うむむ、これは上から読んでも逆さに読んでも、どう考えても圧倒的1番人気の②バロズハートが抜けている…。


と、なると、ここは一点勝負しかあるまい!


候補は2頭いました。

前走2着。持ちタイム的には2番目で、展開的にも先行脚質で不良馬場に合いそうな2番人気。
だけど、今年6勝のみのコバテツ騎乗がちょっと不安な⑨ヤマイチリブ

前走4着。持ちタイム未知数で、②⑨より後ろの位置取りになりそうな馬体重プラス10キロの3番人気。
だけど、ブログコメントの悪口だって許さない漢・藤田の乗り代わりがちょっと好要素の⑤パワーストラグル



さあ、どっち!?



…そりゃ、藤田に決まってますわなwwwww
炎の一点勝負! 


レースも始まり、直線、抜けたのはやっぱりバロズハート。
そして、先行でアップアップだったヤマイチリブをかわして、藤田が2着に躍り出る!

馬券的中っ!

4頭も落馬したという、ひどいレースだったことはおいとくとして356


なんとか1050円浮きという大逆転勝ち(というかほぼチャラw)をおさめ、意気揚々と帰りのバスに乗車したんであります。


ちなみに、今週の土日の競馬もほぼチャラだった私。

これって、やっぱり調子がいいんだろうか…?w




もうちょっとだけ続くんじゃぞい。






天痴人紀行5

℃-uteの「暑中お見舞い申し上げます」PVを見て鈴木愛理のポテンシャルの高さを再認識しつつ、真野恵里菜の「世界はサマー・パーティ」PVを見て、まのえり…の背後で踊る前田憂佳に熱視線を送る今日この頃。

皆さん、いかがお過ごしでしょうか? こんばんは、掟ポルシェです(大苦笑)。

そんなPV流れるテレビの前で「えーい、ゆうかりんを映さんか、ゆうかりんを!」とテム・レイ状態と化す不惑男がお贈りする新潟2daysの続き。
(これだけだと、どんな変態旅行だよって感じだがw)

* * * * * * * * * *

予定以上の酒をがぶついて、そこそこ酔っぱの状態で向かったのは、「さかえ」新潟店。
そう、フリー雀荘だね♪(よい子はマネしちゃいけません)


「さかえ」名物のキッチリした紳士的ご挨拶の後、足早にルール説明。
そうかぁ、1本場は500点増しかぁ…赤は4枚で…あ、赤5筒でもアガれるんだっけ?(今さらかよw)

店員「で、明日なんですが、麻雀最強戦の予選が開催されるんですが、ご参加いたしませんか?」

私「…へ?」

出てもいいんだけど…。 
▲お店に貼られていたポスター。

いや、ぶっちゃけ次の日にここで最強戦予選があるのは知っていましたが、まさか勧誘されるとはw

おそらく、こういった感じでお店に来たお客さんに告知してくれているんだろうなぁ…と思うと、竹書房で元最強戦担当の人間としては、感謝に耐えないワケで。

成瀬プロのブログなど見る限り、予選は盛況だったようです。
うーん、ニコニコ。


まあ、それはそれとして。

結局、あとから来た常連っぽいお兄ちゃん(指が妙に黒かったんだが…)と、あまりフリーにすら来ていなそうな小太りのお客(30くらい?)、それとやっぱりこのお店は初めてっぽいおじさん3人で卓を囲むことに。



私「(酔ってるし、慎重に打つかなあ…)」



ペシ。

お兄ちゃん「ロン。12000の2枚」

二萬三萬四萬四萬赤五萬六萬四筒四筒赤五筒六筒六筒七索七索   ロン五筒 ドラ七索 

ダマッパネーッ!



ペシ。

小太り「ロン。5200のチップ1枚ですっ!」

二萬二萬東東東九筒九筒赤五索六索七索 チー六筒五筒七筒  ロン九筒 ドラ七筒

ドラ赤ーッ!!



バシッ!

小太り「ツモッ! メンタンピンツモ三色ドラ1…ウラ1で倍満です!」

二萬三萬四萬二筒三筒四筒六筒六筒六筒七筒八筒三索四索 ツモ二索 ドラ三索 ウラ七筒

おーやーかーぶーりぃぃぃぃっ!!!



…たった3局でトビだって。

いかーん。気合を入れ直さねばっ。



2着・3着・2着と、煮え切らない状況のあと、東パツにアガったハネ満のリードをキープして、2着とは10300点差のトップ目でオーラスに。

ようやくトップか…と思いきや、残り8000点くらいのお兄ちゃんが5巡目にリーチ。
捨て牌は字牌だらけで、まったく待ちは読めず。


こういう時は、まっすぐアガリに向かったほうがいいんだよなぁ。
だいたいマンガンまでなら振りトップだし…誰かが、「赤3枚が入っている麻雀の平均和了点は8000点」なんて言ってたし…。


なんて皮算用をしつつ、普通に手を進める一打をペシッ、ペシペシッ。


お兄ちゃん「ロン」


あっちゃー、振り込んじゃった。

赤五萬六萬一索一索赤五索六索七索一筒二筒三筒九筒九筒九筒 ロン四萬 ドラ二筒   

お兄ちゃん「リーチ赤赤ドラ…」

ドラ表示牌に黒い指が伸びるお兄ちゃん。
マンガンまでなら、マンガンまでなら…

赤五萬六萬一索一索赤五索六索七索一筒二筒三筒九筒九筒九筒 ロン四萬 ドラ二筒 ウラ一索

お兄ちゃん「ウラウラ。12000の4枚」


ヒーッ!

デジタルもアテになんねえなぁ…とか思ってたけど、考えてみりゃ「赤3枚」じゃなくて「赤4枚」だし!

「デジタルの敗北」つうより、単なる愚か者の自滅でありんしたわ。



…でも、なんだかんだいって、この後トップをとって、無料ゲームサービス券の恩恵もあり、この日はチャラだったんですけどね。


翌日の新潟競馬に向け、ウォーミングアップはカンペキ…なのか?



続きます。



追悼・山田辰夫

●「アクの強い役者」の対義語

必殺仕事人2009 DVD-BOX 上巻 [DVD]必殺仕事人2009 DVD-BOX 上巻 [DVD]
(2009/06/17)
東山紀之
松岡昌宏

商品詳細を見る

えー、山田辰夫亡くなったのか…。

ボクにとっては、「必殺仕事人2009」の第1話で山田辰夫の名をキャストに見つけて、「おー、朝日放送本気じゃん」と思ったくらいのステータス。
(ただ、被害者の親父ってキャストにはめちゃくちゃ不満だったけどw)

最初に山田辰夫を見たのは、代表作として今回のニュースでも取り上げられている「狂い咲きサンダーロード」…ではなくて、あの主人公の吉川晃司が田舎から東京湾まで泳いで上京するという、怪作「すかんぴんウォーク」でしたw

それも、「うる星やつら2・ビューティフルドリーマー」の同時上映だったから見ただけだったという…。
(当時のオタクならわかるはずだ!)

ただ、そんなかませ犬作品だったにもかかわらず(確かデビュー仕立ての吉川を売り出すために作られたはず)、弾けたハイテンション演技で主役の吉川を確実に食っていたのが、この山田辰夫でした。
 (あと、エロくて妖艶だった鹿取容子の佇まいにも、当時中2のボクはオギオギしてましたがw)


その後、出自からして、バタついたチンピラ役とか悪役とかをしそうだったのに、水谷豊のように声量を落として、理知的でありつつも感情あふれるようなハートフルおじさんを演じるだけの演技力を身につけたのは、やっぱり本人の努力のたまものだったのだろうと。

浮わついたドラマであっても、この人が画面にいるだけで「ビシッ」とした作品になっていました。

「すかんぴんウォーク」のころのアクの強さとはちょっと違う。

むしろ、なんというか、ドラマという料理の味を調える塩こしょうのような役割の俳優に成長していた気がします。


あと10年長生きできていれば、もっと名優としての評価が上げられたと思うのだけど…。
残念だなぁ。

合掌。



ちなみに、長渕作品の出演や、ヤンキー系から脱却していった俳優ってことで、哀川翔とイメージがダブるんですが、哀川は演技力でずいぶん差をつけられてましたな。

…巨大なお世話かw




天痴人紀行4

トゥスッ!(オードリー春日調に)
続きいきます。


新潟に着いたのは19時半くらいでした。
新潟といえば…寿司!寿司でございます。

もともとネットで調べていましたが、ホテルにも「すしMAP」が置いてあったんで、さらに徹底的に調べてw、生ビール一杯無料になる古町方面のお店へゴー。

お店に着いて、まずはおつまみですね。
新潟ならではのものを食べたいなと。地産池沼って奴ですね(字が違うw)。

まずは黒崎の茶豆を。  村上牛のたたき。うんまい!
▲黒崎の茶豆。歯ごたえよし!          ▲村上牛のたたき。溶けます☆

美味いつまみにビールも進む442

お寿司も出てきたし、今度は新潟ならではの日本酒を飲むか、なんて。
ただ、一人なんで、グラス一杯でいいかなぁ…。

日本海の寿司や~。  麒麟山の吟醸生!ボトル!
▲お寿司!お寿司!                ▲…え?

ボトル一本なんて頼んでない…w
でも麒麟山はいいお酒。結局、一本飲み切っちゃったりwwwww

で、最後は…一番紹介したかった、くじら汁ですっ!

これがくじら汁。  くじらがたっぷり!
▲みょうがもたっぷり!くじら汁♪         ▲うぃ~っ☆

くじら汁とは、くじらの脂身にナスとゆうごう(夕顔の実。瓜っぽい野菜です)を入れて、みょうがを加えた味噌汁。
どうやら、夏の新潟ならではのスタミナ料理らしいのです。

まず、みょうがの香りが食欲を誘う♪

一口味噌汁をすすり、さっぱりしたナスやゆうごうをお口にパクッ。これだけならただのお味噌汁。

ここに濃い口のくじらの脂身をほおばります。
ムニュとしたグミに近い食感で、味は生臭くなく、ガッチリ塩が利いたまさにくじら。

みょうがのシャキシャキな歯ごたえがあって、あっさり野菜と濃い味のくじらのアクセント。
これを味噌汁で一緒にズズーッと平らげる…って、そりゃ確かにスタミナつくって言うの42


いやー、いつもいつもすんません。
今回もやっぱり美味かったですw


この後は「さかえ」新潟店に行くんですが、明日あたりボチボチ書きます…って、まがいなりにもギャンブルブログだろ、これw



天痴人紀行3

今年の26時間テレビは、内容はともかく、さんま&紳助トーク(+たけしw)がホントにスゴかった。
ただ、「ひょうきんベストテン」は、のりお&ぼんちと鶴太郎がいなくてドンダケよ、とw


さて、いつものように新潟旅行の続き。

天地人博の会場を出た後、上杉謙信の菩提寺である林泉寺へ。

有名な山門です。 
▲林泉寺。

歴史オタにとっては、天地人博よりも、ここの宝物殿にある有名な肖像画とかの資料のほうがよっぽどありがたかったりw

その後、徒歩で春日山城へ…。

春日山城の馬場跡。入り口的なところ。  上杉謙信の像。
▲春日山城の馬場跡にある謙信像。      ▲川中島方面を見ているそうで。

ホントは本丸まで行きたかったんだけど、時間的制約の問題があったり、雨でぬかるんでいる道は足首の靭帯が伸びやすい自分には不安だったりで、あっさり断念w

春日山神社の階段。  大手道跡。すっかりただの山道…。
▲参道。「転校生」ごっこやったら…死にますw  ▲大手道跡。今じゃすっかり野っ原です。

S藤さんとの話でもありましたが、確かに春日山城は「山」ですw
歴史オタの皆様。春日山城に行く際には、多少の体力をつけてから行くことをお勧めします。

その後、埋蔵文化財センターでやっている「上杉戦国物語展2009」を見たあと、直江津駅へ。


駅では、ちょっと興味があった立ち食いそばの 「もずくそば」をパクパク。

意外と美味かったり。 
▲意外と美味♪


海沿いを行く信越本線を通って、宿泊地である新潟へと向かったのであります。

信越本線沿いの♪日本海~。
▲信越本線沿いの♪日本海~。

ちょっと写真が多いので、ひと区切りしますね。

すぐ更新します。



天痴人紀行2

■一時は14キロ減も無念・・・。渡辺徹が15キロのリバウンドを明かす(オリコン)

(前略)渡辺は「今から打ち上げが楽しみ!」とマイペース。昨年末から役作りで14キロ減量したものの、大食いがたたり15キロ“リバウンド”してしまったことを明かし、「家ではエアロビも始めましたし、とにかく精神的な面も含めコントロールすることが重要ですね」と気を引き締めなおした。


私のお友達である漫同のS藤は、かつて一緒に新潟競馬に行った際に、土曜に14万勝って日曜に15万負けたという離れ業を演じたことがありますwwwww


さて、そんな14キロのリバウンドという、自分が現在まで減量した体重と数値が一致していることに、恐れを抱かざるにはいられない、美味しさ詰まった新潟旅行編。

* * * * * * * * * *

いつものように、ただ競馬だけじゃなぁ…と思い、今回ターゲットに選んだのが、大河ドラマ「天地人」ブームに沸き返る直江津でした。

ただし、一口に新潟といっても広うござんす。
直江津に行くには、上越新幹線の越後湯沢駅で一旦下車した後、さらに特急で1時間。


…越後湯沢。
そう、毎冬スキー旅行のたびにお世話になってる、小説「雪国」の舞台となった温泉の街であります。

ということで、以前行き損ねた越後湯沢の有名な外湯「山の湯」にちょっくら浸かることに。

山の湯です。湯船は人がいてムリw 
▲山の湯です。湯船は人がいて撮影はムリw

銀玉親方いわく、なんでも越後湯沢の源泉は、この外湯である「山の湯」と、川端康成が「雪国」執筆の際に宿泊した宿「高半」あたりから出ているそうなんです。

お湯は透明で、わずかに硫黄臭が漂う程度の、実に体に優しい温泉。
湯加減もちょうどよくていつまでも入っていたいところなんですが…次の特急が出るまで1時間なので、慌ててザバーンドブーンして駅へとんぼ返り。


直江津に着いたのは、12時半ごろでした。
さあ、昼飯は…駅弁ですw

なんでも、直江津というのは駅弁で有名な駅らしく、駅周囲にあるホテルが先頭になって、日本海の海鮮を髄に尽くした豪華なお弁当を販売しているらしいのです。

その中でボクは、都内の駅弁大会では出品と同時に売り切れ続出という、ホテルハイマートの「鱈めし」をチョイス。

これを駅の待ち合わせ室で食べるという、一人旅ならではのわびしさぜいたくさ。

これが「鱈めし」のカバー。  見て!美味そうでしょ♪
▲こんなカバーで…。                 ▲中身はこう!

中には甘く煮付けた鱈の甘露煮が豪華に4切れと味の細かい明太子。
さらに、でっかい梅干とわさび漬が昆布の炊き込みご飯を彩ります。

うひょひょー! 
▲うひょひょーっ!

もう書いてるだけで思い出して死にそうw

「天地人」ブームにあやかるなら、なぜついでに「直江津駅弁祭り」とかやらんかなぁ。
結構、観光客が集まると思うんだが。

* * * * * * * * * *

…というわけで、お腹も満たしたところで、上杉謙信・直江兼続の名所・旧跡を駆け足で回ることに。

まず、向かったのは「天地人博」会場。

天地人博会場~。 

まさに大河ドラマに乗っかった企画展示博覧会といったところで、展示物は大河ドラマで撮影された小道具や撮影スタジオの再現などが中心。

模造品の愛の兜。  高島礼子さんが着てた打掛。

ん、まあ。ぶっちゃけ。

オレ、今回の大河は相当ひどい出来だと思っているんで、なんの感慨も沸かないわけなんですが(ひでぇ)。

それでも、こんな写真も撮っちゃいると。 

別テイクですwwwww  
▲別テイクからどうぞw


着ているのは、謙信役の阿部寛さんが実際につけていたという衣装。

でもね、この上着1枚って、かなり間抜けじゃね?wwwww

ボクなんて、この日はTシャツ1枚にバミューダですよ。
こんな戦国大名、「GOEMON」にだって出てこないっちゅうのw


その点、15年位前に行った京都太秦の時代村の記念撮影はよくできてましたよ。

なんたって、記念撮影用に着物が全部張り合わせてあって、1枚羽織っただけで完全に時代劇の服装になれるんですから。


こんなふうに。

大学生の頃ですw 

バロスwwwwwwww

まあ、そんなわけで、少しだけ辟易しながら、お次の目的地である林泉寺へと向かうのでした。



続きます。



天痴人紀行1

「天地人」の謙信ですw 

ちゅうわけで、ただいま新潟に来ております。



…っていうか、なにしてんねんwwwww



詳細はまた次回~。

空腹注意

突然ですが。


ここ数ヶ月で食べた美味しい飯大会~!

ドンドン、パフパフ♪


なんかかんかブログに書こうと思っていて書けなかった、美味いメシをめんどくさいんで一挙にご報告。

見よ、これでも「ダイエット中」なんてまだ言うか!?のメニューの数々をw


鯛めしとメジマグロ刺定食♪ 

まずは、飯田橋の穴場!バビロンの近くにある「鯛めしや・かわな」の鯛めし&メジマグロ定食!

よ~くほぐれて、ダシがとっぷり染み込んだホカホカの鯛めし。
これを肉厚のマグロ刺と一緒に口の中にほおり込めば、まあ~なんと美味しいこと!414


ただ、もうこのご飯、しばらく食べられないんですよね…。


なぜかというと。

穴子トースト♪ 

もうこのお店は、「穴子屋・かわな」に変わっちゃってるからですw

ここは以前にも書きましたが、実に変わったお店でして、四季を通じて旬な食材にあわせて、屋号が変わってしまう料理屋さんなんです。
(春は鯛めしや、夏は穴子屋、秋はいくら家、冬はあんこう屋!)

写真は、変り種料理の「穴子トースト」!

パンに、甘い醤油だれをつけ込んだ穴子をねじ込み、ガーリックトーストのように焼き上げた逸品。
甘いタレと穴子のチョイ苦さが、カリカリのパンと絶妙にマッチしていて、何個でも食べられる味なのだ411

もちろん、普通のあなご丼も絶品です♪ さあ、探せ!


新宿「桂花」の太肉麺♪ 

次が、もう熊本ラーメンといえばおなじみ、新宿「桂花」の太肉麺。

固めのストレート麺にさっぱりしたとんこつスープ。
この上に、ダイナミックにキャベツの千切りと、特製だしでトロットロに煮込んである豚の角煮がぶち込まれています。354

この「太肉」が、とんでもない美味さでありまして!
ホント、舌の上でまろやかに「溶けて」いくんです!!

もう20ン年来食ってますが、いまだに飽きません。
新宿に行く用事があると、だいたい食ってますw

最近、スザンヌの熊本にある実家のスナックがこの「桂花ラーメン」本店の隣にあることを、テレビで知りました。
熊本に行く機会があったら寄ってみようかなぁ、と。

無論、両方ねwwwww


飯田橋「梟」のラーメン♪ 

ラーメンということでもう一店。

飯田橋の駅前にある「梟」のラーメン。
「赤味噌とんこつ」
だったか「こがし醤油」だったか…忘れちゃいましたwwwww

イガリンとお酒をガバスカ飲んだ後に入ったお店だったんで。

最近、飯田橋には「二代目つじ田」ができて、ラーメンの激戦地となっております。
(「青葉」、「大勝軒」、「びぜん亭」、「斑鳩」…)

そのせいか、他のお店も味に妥協していないところが増えた気がするんですよね。

で、このお店も酔った私でも味は覚えているくらいの美味しいラーメン♪
いわゆるゴツゴツした頑固系とんこつといったお味でした。

うん、美味し!


浅草「大黒屋」の天丼♪ 

最後は、先日仕事で浅草に行った際に食べた、「大黒屋天麩羅」の名物・海老天丼!

なにが名物って、丼からはみ出た4本のエビ天! このボリュームが名物なんです。
味も、きっちりダシが染み込んだエビ天が、ホッカホカのごはんに乗っかって、まさにこれぞキング・オブ・天丼。

…ただ、ぶっちゃけ、不惑を迎えたおっちゃんには、ちょっと胃もたれがスーパーヘビーウエイト。

全部エビ天だから味も単調だし。

まるでU・ウォリアーの全盛期の試合って感じ。
ラリアット、ラリアット、またラリアット…みたいなwwwww

美味しいんですよ、マジで。

ただ、これはどちらかというと、若い人にオススメの料理かも。



ほかにもいくつかあるんですが…いろいろ書いてたら、今度は自分自身えらいお腹が減ってきましたわw


明日から新潟。天気は悪いらしいけど、また美味いもん食ってくるどー!




鬼門は江古田

先週の金曜日。

例のごとく、イガリンと一緒に飯田橋のおそばや「美斗家」で、そば焼酎をぐぴー。

このそば焼酎がまた美味しくてねぇ。
蕎麦湯を凍らせた氷を焼酎に入れて呑むから、風味が絶品なのよ。


そんなことしてる間に、4月のかっぱがれ大会の運営を手伝ってもらった岩村政則プロも合流して、あんだかんだバーにいって、なんだかんだやってたらボクが「ヤダヤダ!江古田に行くもんっ!」とかいいだして、あんな店やらこんな店やら行って、おにぎり屋さんで美味しい筋子のおにぎりを買って…。


ほら、もう記憶が無いwwwww



翌日イガリンからは、こんなメールが…。



昨日はそうとうタチの悪い酔っ払いでした。反省してください。




ウェ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゜。━━━━━ン!!



宣言。

ごめんなさい。もうお酒呑んで、2次会3次会は江古田に行きません。


…なんで江古田に行くと、こうまで乱れるかなー。



っていうか。

そういえば、イガリンが酔っ払って酩酊してるって姿って、見たことないなぁ。
(バビィはよく見てるけどw)

…イガリンがタチの悪い酔っ払いと化した姿を見たことがある方、ご一報下さいw




7/7&8 WWEスマックダウン&ECW in日本武道館

●彦星と織姫とWWE

ジェリコ~。  6!1!9!


こっちのブログはごぶさただニャーw


7/7&8のWWE日本ツアーに行ってまいりました。

なんというか、最近は1年に1回日本に来るという、まさに七夕の日にふさわしいツアーとなっておりますが…。


やっぱり、人が少なくなったのがさみしーっ!
ステージ裏一面のブロック全部つぶして、それでも会場の入りが7~8割なんて…。


今のWWEは、中田ヒデや三浦カズ級のスターがいなくなって、内田や岡崎でなんとか回してるサッカーの日本代表みたいな感じだから(じゃあエッジが中村俊輔ってかw)仕方がないかもしれないけど、やっぱり地上波戦略だよなー。

フジはどうせ期待できないから、またイチからテレ東で放送してくれないかしら…。

いっそ、テレ朝で「ベストヒットUSA」の後ろでやるとかねw ワープロだってユークスとの連動でまた違った局面になるかもしれないし。


などという妄想はさておきまして。

今回の2日間のベストバウトは、やはり2日目のメイン・パンクvsハーディのDQ戦ってことになるんじゃないでしょうか。

レッツゴーハーディ! 
▲レッツゴーハーディッ!

C!M!パンク!  
▲C!M!パンクッ!

もうね、このリズミカルなこの両者のコールがなんとも心地よくてね♪

まさかラダーまで出てくるとは思わなかったし。

ラダーからスワトーンボムだぁぁぁ!  でもこうなるw
▲ラダーからスワトーンボム!?              ▲でもやっぱりこうなるのねw


…来年また来てくれるかなぁ。

正直、ハロプロのコンサートの常打ち会場がSSAから新宿厚生年金会館になっているように、もうちょっと会場のキャパを縮小しなくちゃいけないような気がするけど(だからわかりづらい例えはやめろとw)。


ただ、人は入らなくても、この洋物特有のメジャー感だけは失って欲しくないなぁ。


WWEはWWE。





なんのクエストだよ

土曜日はドラクエ9の発売日。

秋葉原で取材があったので周りをみていましたが、まあ活気があること。
お店もドラクエ景気にあやかって、DS機とのセットでお得販売中でした。


私も発売日にドラクエを買いましたが、実はいまだにパッケージすら開けていません。

やりたいんだけどさぁ、家にいる時間はバラエティやプロレスやハロプロ系のTV番組がHDDに300時間ほど残ってるから、やる暇がないんだよねぇ。
(それ、「暇がない」っていうのか?wwwww)

* * * * * * * * * *

そういう私でも、昔はドラクエシリーズに狂っていました。

最初にやったのは高校生で、「ドラクエ2」の頃。


お友達から借りてやったのですが、とにかく面白すぎて、ほとんど寝ずに没頭しました。

「ゲームは1日1時間? じゃあ、このゲームいつクリアできんだよ、ボケ!」

とかねwwwww


あとは、「ふっかつのじゅもん」のメモが間違えていて、間違えていそうな箇所を一字一字チェックしていたら、1時間くらいで奇跡的に復活できたりとか。

ロンダルキアの洞窟の迷路に散々苦しんで、やっとこさで地上に上がったと思ったら、きせきのほこらに着く前にキラーマシーンにボコられて全滅して、また下界からスタートで、思わずソフト叩き割りそうになったりとか。


まあ、いい思い出だことw

* * * * * * * * * *

ドラクエ3の発売は、大学受験真っ只中の高校3年生の時でした。

当然、受験勉強があるから、「ドラクエ3」をプレイする暇なんかない。
というか、どこにも売ってない!


ああ、やりたいやりたいやりたいやりたいやりたいやりたい…。


勉強中に気がついてみると、ドラクエの特集をやっていたジャンプをむさぼり読んでいたり、突然参考書にドラクエのイラストを落書きしていたりして、本当の病気みたいになってしまいました。

私が受験に落ちて1年浪人するハメになったのは、マジでドラクエ3のせいといっても過言ではないと思います。(しかも実際にはプレイしてないのにw)

まあ、晴れて浪人生活に入ってからは、ドラクエ3を入手して猿のように思う存分プレーイッしましたけどw
やっぱり3はドラクエシリーズの最高傑作だよなぁ。

* * * * * * * * * *

ここまでやり込んでたわけだし、いつまでも放置しとる場合じゃないよね。

そろそろやらんとなぁ。




…ドラクエを。




いや、当時ホントにファミマで発売日当日に買ったのよ!

なのに、約4年半以上も、封も切らずにそのままという…。



9?どうせDSもねえし、まんどくせーっ!wwwww





ま、ある意味、今の俺の人生が大冒険だから。
とかいって、ムリヤリ話を落としてみる。

…全然クリアできてないけど(号泣)。



太陽戦隊

来週の新潟に備えて、今週もPATで控えめに競馬ー。


巴賞は⑧サクラオリオンからー。


…3着ー。


プロキオンSは⑫バンブーエールからー。


…3着ー。


七夕賞は⑬ホッコーバドゥシャからー。


…3着ー。




……。



渋谷から田園都市線で2駅めはどこー。


…サンチャ(三軒茶屋)ー。


昔、巨人にいた使えない黒人の押さえピッチャーはー。


…サンチェー。





……。
……。





うがああああぁぁぁぁッ!!!!!!
|          ゴロゴロゴロゴロ
|r'⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒ヽ ⊂゙⌒゙、∩
|ヽ__乂__乂__乂__乂__乂__ノ  ⊂(。Д。)




今日も18000円負けましたが、へこたれません。

来週は新潟でリベンジじゃー。




焼肉屋のメニューにあるレタスはー。


…もういいっちゅうねん。






7月4日に並んで

7月4日。
ディファ有明で行われた三沢選手の献花式に行ってきました。

「最低でも5000人」なんて寝ぼけたことを百田副社長(当時←苦笑)が抜かしていたので、大混乱になるんじゃないかとと思っていたのですが…案の定、献花の行列はゆうに2駅分を越えて、晴海大橋の奥まで!

長~い行列が…。  「有明テニスの森」駅付近…

結局、15時前に到着して、会場に入れたのは17時半くらいだったでしょうか。

…う~ん、なんともいえんが、別会場を用意できんかったのか?という疑問も。
G馬場さんの時は武道館だったわけだし。

2万5000人はむしろ少ないくらいだと思ったボクは、おかしいんでしょうか?w

さて、しょうがないので携帯ワンセグで競馬など見つつ(おいおい)、晴海大橋からずーっと並んでいたワケなんですが。

* * * * * * * * * *

献花式だから、ファンのみんなは湿っぽく並んでるのかと思いきや。

それぞれワイワイガヤガヤと、一緒に来た友達や、または今日初めて会った人たちと、思い思いにプロレス談義。


「小橋や高山の試合すごかったよなぁ」
「今日、川田って来てる?」
「え?そうか、お前鶴田の試合の頃、ファンじゃなかったんだ」
「あの頃の田上ってもうちょっと動けたぜ…」


すれっからしだろうが、ピュアだろうが。
今昔問わず、みんながみんな、自分が大好きなプロレスのお話。


なんだろね、この感覚。


会場でプロレスが始まる直前、当日券売り場に並んでいるような…。
悲しみじゃない、なにかの期待、ドキドキ感。

あのプロレスブーム全盛の頃の、気持ち悪いほど高揚している空気はちょっと苦手だったけど。

ちょっとその頃を懐かしんでいた自分がここにいる。




ああ、そうか。




これ、三沢の「引退試合」なんだ。
みんな、それ見たくて並んでるんだよな。

緑を基調にさせてもらいました…。 ディファの前にはこんな看板が。
▲献花したお花。    ▲お別れ会の看板。




でも。




いざ、会場に入ると、そこは花にうずもれたリング。
上には、GHCベルトを巻いた三沢の遺影。


試合じゃない。試合じゃないんだよ。

確かに三沢は死んだんだ。





…ヤバイ、泣きそう。



気づけば周りも多くの人が泣いている。



とにかく、なんとかお花をリングに投げ入れて…。

* * * * * * * * * *

会場を出たのは、18時ちょっと前。
予定では終了時刻直前でしたが、まだまだ行列は並んでいました。

そりゃ、終わるわけねえだろうよ、なんてちょっとイラついたりして。


TVとかで泣き崩れるファンが多く映っていましたが、あの気持ちは、やっぱり当日行った人にしかわからない。


9月には追悼興行があるらしいけど…。
そこには三沢はもういない。


願わくばその会場の行列では、思い出だけじゃなく、「プロレスの未来」について語るファンで溢れていることを。




オードリーもブレイクしてることだし

先週の土曜日、漫同の先輩・S藤さんと会食。

S藤さんも、ボクに感化されてカロリーダイエットを始めたそうなんですが…やっぱり、2ヶ月で7キロ減に成功!

ね?みなさん。
やっぱりカロリー制限が一番ダイエットに効果があるんですって。

ダイエットしたい人は、まず自分が1日どのくらいカロリーを取っているか調べてみることをオススメします。
ネットには、食べ物のカロリーを調べられるサイトが唸るほどありますから。

その上で、ふだん食べてるカロリーを1600キロカロリーまでとか、2000カロリーとかに抑えてみてください。
ホント、全然違いますから!


「そ、そ! もうこ~んなちっちゃな菓子パンが700キロカロリーあったりとかするんだよね♪」
「ケーキも食べていいんです、その代わり、ちゃんとカロリーを調べてその分のご飯を抜いちゃったりとか☆」


…な~んてカロリーオフな会話を、ファミレスでキャッピキャピな女子高生がしてるんじゃなくて、ジッメジメなアラフォーど真ん中の親父二人がしてるってどうなのよw


S藤「そういえば、この間奥さんと子供連れて、秋田から新潟まで車で回ってさぁ。なんか城が見たいっていうから」
私「城?新潟で城っていうと、春日山城あたりですかね?」
S藤「そうそう!城だっていうから行ってみたのに、なんかでっかい建物もねえし、登るのが大変なただの山だったし!


そりゃ、そうでしょw 春日山城というのは、越後の龍・上杉謙信居城のお城…なんですが、いわゆる天守閣がどーん!みたいな大阪城や名古屋城などの平城ではなく、自然の要害を利用した山城。

天守閣というものも、大雑把にいえば戦国後期あたりから流行してきたもので、基本的にお城の中の建造物は、ただの屋敷だったりするんです。


…てなことを話していたら、だんだん歴史マニアの血が騒ぎ始めてきまして。

よっしゃ、今度の連休、どうせ新潟行くなら、この辺を回ってこようかと。

別にスーパートンデモ大河ドラマ「天地人」に影響されたわけじゃないんですが、ドラマにちなんで「天地人博」なるものもやっとるらしいし。

もともと、武将としても上杉謙信は好きだし。
(ただ、「義の武将」とかいいつつ、平気で一般人を村ごと虐殺とかロクでもないことやってたって記録もあるんだよねw)

まあ、もともとは「アイビスサマーダッシュ」目当てであるんですが…こういったことで、見識も深めておかないとね。

結局、一人旅になりそうですが(涙)。


私「しかし、S藤さんの奥さんってそんな歴史好きでしたっけ?」
S藤「よくわからんが、日曜の夜、俺は『知ってQ』を見てるんだが、いつも『天地人』をいそいそとHDDに録画予約してるなぁ…」


なるほど。「天地人」って美形男優が多いドラマで有名ですもんね。


…しまった!S藤さんの奥さん、このブログ見てるんだった!!wwwww




プロフィール

編集・秋

Author:編集・秋
年齢:昭和44年生まれの48歳。AKI48。
職業:麻雀漫画誌「近代麻雀」等、元(涙)編集
趣味:ギャンブル(競馬・麻雀等)
   プロレス観戦
   ハロプロ・乃木坂46鑑賞
(おいおい、増えちゃったよ)
   ほかいろいろ
貯金:0万(なくなりました…)
ギャンブルの負け金:約1800万(順調に増えてます…)
座右の銘:ワルツにはワルツを、ジルバにはジルバを
(byニック・ボックウインクル)

Twitter

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。