かっぱがれ編集・秋のへっぽこギャンブル日記

基本はギャンブル日記だけど、まあ趣くままにてきとーに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半生記を聞く

パットの残高も6700円しかなかったんで、競馬は軽~く。

土曜は仕事中に馬柱も見ずに、VAN情報の馬名だけで買いました。

なんだよ、マイネルモルゲン狙い目じゃ~ん。

狙い目じゃねーよ。

…なになに、まあそれでもたった3000円だから。

日曜はフェアリーSと阪神カップ。

「浅田真央がダメだったんだから、ニシノマオはダメだろ~」

それがわかっても馬券が当たんなかったら一緒。阪神カップもアサクサデンエンからいってダメでんねん。

なになに、たった3700円だから。

月曜日、久々にどい~んと飲む。旨いカキ鍋とぞうすいを完食しました。
現在のところ、ノロウイルスの兆候なし。安いって言うし、今季はカキたらふく食べてみようかな~。

…この間の健康診断で痛風って言われたんだっけ。orz
(発作は出ていませんが)

その後、タクシーで帰宅。

運転手「こんな時間まで飲んでたんだ。独身かい?」

私「ええ、まあ」

運転手「おれっちは大学で卓球のコーチしてたんだけど、教え子に手をだしちゃって、卓球教えずに子作り教えちゃったんスよ。一回り年齢が離れてんだけど。しかも、その前に田舎で付き合ってた子がいたんだけど、その子と遠距離恋愛中に手を出して結婚しちゃったんで、田舎の兄貴から『もう田舎には帰ってくんな』って言われてねぇ。でも、そこがうちのカミさんの気が強いところで、うちの田舎に…」

私「そこ、右入ってください」

運転手「はい~。で、うちの田舎にカミさんが乗り込んで、前の彼女に直談判したんですよ。おかげで田舎に無事帰ることができるようになってね。で、田舎に帰った時に、着いてすぐで疲れてんのに、風呂に入ってるおれっちの背中を流そうとすんですよ。だから、おれっちはこう言ってやったんですよ。『一生背中流すんなら別だけど、今日は休んでろ』って。それなのにわざわざ背中を流してくれて、それからも言いつけどおり、一日足りとも背中を流さない日がないんですよ。おれっちにベタボレなんですよ。それで…」

私「そこ、突き当たり左へ」

運転手「はい~。で、なんで田舎の兄貴がそんなこと言ってたかっていうと、どうもその娘に気があったみたいで…」

アンタ、ようそれだけ自分の人生を、見ず知らずの客に話せるなぁっ!ヽ(゚皿゚O)ノ

別に怒りはしなかったけど、車中わずか20分の間に、己の半生スペクタクルをありのまま語り尽くした運転手に、酔いもすっかりさめて、脱帽してしまいました。

なになに、タクシー代+運転手の半生講談=約8500円だから。
……高っ!!(≧Д≦)
スポンサーサイト

プロフィール

編集・秋

Author:編集・秋
年齢:昭和44年生まれの47歳。
   忠義もへったくそもない一人四十七士(意味不明)
職業:麻雀漫画誌「近代麻雀」等、元(涙)編集
趣味:ギャンブル(競馬・麻雀等)
   プロレス観戦
   ハロプロ・乃木坂46鑑賞
(おいおい、増えちゃったよ)
   ほかいろいろ
貯金:0万(なくなりました…)
ギャンブルの負け金:約1800万(順調に増えてます…)
座右の銘:ワルツにはワルツを、ジルバにはジルバを
(byニック・ボックウインクル)

Twitter

カレンダー

12 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。