fc2ブログ

かっぱがれ編集・秋のへっぽこギャンブル日記

基本はギャンブル日記だけど、まあ趣くままにてきとーに。

博打ロード完走

今年最終じゃないぞよ、もうちっとだけ続くんじゃ。

そんなわけで、これが本当に2014年最後の更新。


結局、29日の東京大賞典はパドック抜群のホッコータルマエとローマンレジェンドの3連複。
秘中の穴にハッピースプリントを配したのですが、ローマンが轟沈。
ぶった切っていたサミットストーン入着で、またも完敗(9Rに47倍の3連複は仕留めてたんだけどね…)。




翌日の30日はまずは大宮。
岸和田で開催されるKEIRINグランプリの車券を大宮競輪場へ買いに来たのです。



周囲は45歳の自分よりも歳上のジイさんだらけ。
でもみんな元気にヒョコヒョコ歩いていて、なんというか「老けてない」。
博打オッさんのバイタリティ。ジジイになっても元気にギャンブルして、串カツ食べてグダを巻く姿は、人生の先達として素直に憧れだったりもするのです。

ちなみに車券は以前にも書きましたが、とにかく武田豊樹選手中心。



以前に武田豊樹選手の取材をしたことがある自分にとって、感無量の結果だったのですが、こういう時でも村上兄弟のお兄ちゃんをバッサリ切っていて、負けちゃうってのがかっぱがれの所以なんだよなぁ…。

そして、今度こそ最後の2014年ギャンブル打ち納め。
尾沢工房さん、B社N永さん、ライアンで4人サンマ。



4人サンマは一局ごとに抜け番が変わって、隣の手牌を見ながら罵り合うのがまた醍醐味だったりしますw

で、ライアンはサンマをやりつつ、スマホのポーカーをパチパチ。

「…何やってるの、ライアン?」
「朽葉とポーカー勝負してるねん。このサンマで負けても、ここで取り返せばええですから」

ライアン、相変わらずだなあー!w
しかも、そんなライアンが圧倒的な勝ち頭、自分と尾沢さんはきっちり仕上げられたという(´Д` )

そんなわけで、結局、2014年博打ロードは、最後の最後まで大連敗。
あー、そうだよー、毎年のことだよー( ̄Д ̄)ノ

ちなみにこの日はそれだけでは終わらず、夜中から「THEわれめDEポン」の取材。
終わった後は、バビィやS藤(ラーメン屋)とささやかに今年最後の打ち上げ。



そして今、軽く仮眠を取ってから、IGFと年越しプロレスのマラソン観戦へ向かってるところなのであります。

博打は負けても心は錦。
2014年大反省会はまた近々やるとして、来年も「こいつアホか」と思われるほど動き回りたいかと。

最後は、今年一番感銘を受けた、GWに旅行で撮った、三国港の夕陽を。



皆さん、良いお年を。

イヤーエンド博打ロード真っ最中

お約束の大会レポも書かず、年が暮れようとしておりますが…。

ただいま、かっぱがれは地獄の年末博打ロードを驀進中です。

23日は競艇の賞金王決定戦。



1号艇白井が堅かろうと、白井と3号艇太田中心の舟券を買ったら、まさかの太田3カドの大バクチ、予想していたレースが木っ端微塵になって6号艇茅原優勝と。

その後、時間つぶしに選択したフリーもぐちゃぐちゃ。
ペンチャンを払えばペンチャンが来て、リャンメンを選択すればシャボが来る。
メンタルがズタズタになって大敗。

そして有馬記念。
有馬記念のキーワードと言えば「復活」だろ?なんてドヤ顔でフェノーメノから買って、大惨敗。

だがしかし、この時一緒だった鯖鯉が見事3連単を引っ掛けて10万馬券が炸裂。



ホント、鯖鯉は俺と一緒に競馬来ると当てるんだよなぁ…。
この間のジャパンカップとか、以前の天皇賞100万馬券とか。

まあ、おかげで、こちらも負け分以上にしこたまおごってもらってるわけですがw

で、29日の今は、東京大賞典へ行く途中。
さらには明日には、尾沢工房さん・ライアンたちとの麻雀打ち納め、そしてKEIRINグランプリが待ち受けております。



オレはようやくのぼりはじめたばかりだからな、このはてしなく遠い博打坂をよ…



(今年も)ご愛読ありがとうございました!

占いリーチで金運招来

と、いうことでバクチのお話。

2013年の初バクチは1月5日。いつものごとく金杯を買うために府中競馬場へ

芝には黒いマットが敷かれてます 


…と、見せかけておいて多摩川競艇場!


なんでやねーん お正月なんで飾りつけされてます

なんでやねんw

まあ、ドームで一緒だったプロレス観戦仲間に誘われて多摩川競艇場に行くことになったので、最初に府中競馬場に寄って馬券を買った後、そのまま府中本町駅から出てる無料バスに乗って、競艇場に向かったというだけなんですけどね。

で、これがまた両バクチとも1回も当たらないわけですよorz

お金もないし、翌日こそはジッとしてようと決めていたんですが、こんな時に限って、親父に頼まれていた馬券が当たっていて、それを換金するために中山競馬場へと行くハメに。

中山競馬場です 

で、ここでもやっぱり1レースも当たらんわけですよ(゚д゚)

ホントにロクでもない。

考えてみりゃ、5日に府中競馬場へ寄らずPATで買ってれば、中山競馬場へ出掛ける必要がなかったんじゃん!

あー、損した損したぁっと!
(読者注:別に、翌日わざわざ中山競馬場へ行かなくても、会社の近くに水道橋ウインズがあるんだから、そこで馬券は換金すればいいのである。 つまりこれは何かというと、バクチ親父特有の不条理な誰かに責任を押し付けたい言い訳なのである。こんなロクデナシにはみなさんならないように)


では、麻雀はどうかというと、これがまあまあ好調。

競馬の負けた翌日に行った(行くんじゃないよw)フリーで、最初の半荘の東家。
9巡目にこんなテンパイ。

六萬七萬八萬五筒赤六筒六筒七筒七筒八筒四索六索西西 ドラ七萬

テンパイ連荘なら即リーでもいい気がしますが、ここで打っているお店「たぬ」のルールはアガリ連荘。
678三色やピンズのイーペーコーが一手変わりで見えるし、最悪ソーズのカンチャンを鳴いてタンヤオに渡るという手もありそう。

しかし、3巡ほど経過して、場には5筒8筒が2枚ずつ、7索も3枚見えて、心中ドタバタw
よーし、そういうことなら、今年の運勢をこの一打に占ってもらおうじゃないか…

えい、おみくじリーチ!


六萬七萬八萬五筒赤六筒六筒七筒七筒八筒四索六索西西 ドラ七萬 ツモ五索


こんなん出ました~(・∀・)


赤をツモったわけでもなく、裏ドラも乗らなかったから、運勢は中吉といったところでしょうか。
(あつかましいwww)


このアガリが効いて、最初の半荘はトップ。
その後も3,2,2着と無難にまとめて、プラス収支。

先週の金曜日にも、同僚たちと飲んだ勢いでフリーに出掛けましたが、やはり1,2着。


今年は麻雀を中心にやっていきますんで、みなさんよろしくねー!ヽ(゚∀゚)ノ

(読者注:これも、また麻雀で負け始めれば、「やっぱり俺には競馬だ」とか「俺は実は競艇が向いてる」と言い出すに違いない、バクチ親父特有の調子のいいちゃっかり宣言なのである。こんなロクデナシにはみなさry)



年の初めの助けてと

まったく話は前後しますが、年末を振り返る前に今年のバクチ初めのお話を。

また後日触れますが、新宿たぬでプラスとなり、上々のスタートとなったのですが、問題はその後でありまして。


1月5日といえば東西金杯であります。
競馬ファンならご存知の通り、1年の初めを占う重要な?レース。

私もこの東西金杯のどちらかで、毎年1万を単勝馬券にぶち込んで、その年のバクチの幸先を願ったりしてるわけです。

会社の仕事初めもてきとーに(おい)。
金杯当日、昼飯ついでに水道橋ウインズへといそいそと出かけていきまして。

今年、この単勝馬券を選んだのが、中山金杯のガチガチの1番人気。⑤アドマイヤコスモス

水道橋ウインズでついでに焼肉丼♪
▲昼飯に食べたウインズの焼肉丼と一緒にw

自信はありました。アドマイヤコスモスの福島記念の強さは、過去見てきたG1馬のそれであり。
1倍台なら関西の金杯の単勝にしようと思っていたわけですが、オッズはまさに2.0倍。それならむしろ美味しいんじゃないかと。
馬連はそのコスモスから、⑥⑧⑩⑪⑫の5点勝負で。

しかし、買う時にちょっと躊躇。
やっぱり関西の金杯のほうがいいんじゃないか?

関西の金杯の軸は④マイネルラクリマ。単勝オッズは5.9倍
馬連は⑤⑦⑧⑨⑩⑯の6点。

ただ、自信はイマイチなんですよね。
どこかに「守る」意識があったのかどうかはわかりません。まあ、結局予定通りに購入したんですが。

3時25分。まずは中山金杯のレーススタート。
アドマイヤコスモスは注文どおり先団につけるも、直線に入る直前にジリジリと後退していく…。

まさかの競争中止でした。(あとで骨折が判明)
ちなみに1着から4着までは、自分が買ったヒモの馬。

自分の買った金杯の馬が競争中止なんて、どんだけ縁起悪いンだよ!?

で、3時40分。続けて京都金杯が発走。
これは軽やかにマイネルラクリマがゴール先頭を駆け抜け、見事1着で入線!
⑯アスカトップレディが頑張ってくれば万馬券で大逆転だったのですが、1番人気の⑦ダノンシャークが突っ込んできて、クソ安目。
結局、トータルで9350円の負けでした。

…ってか、単勝、京都金杯で勝負してたら、大きく儲かってたじゃんか!!

おまけに言うと、こちらのレースもさらに2~6着まで、全部ヒモで買っている。
3連単なら、68,090円ついていたわけで…。自分でも言うのもなんですが、まさに予想上手の馬券下手。

さらに言えば、この京都金杯を制した松岡騎手が、次の最終レースで落馬負傷をしているという…。

考えすぎかもしれないんだけど、もうね、どんだけ不吉が続くんだよと。

* * * * * * * * * *

そんなことがあって、翌日の金曜日。
金杯の不吉さをどこか払拭したく、いつものようにフリーへと向かったわけですが。

ここでも同テンを引き負けたりして、どうにも具合のよくない4343着。
本来なら、この「半荘4回戦」が自分の決めの区切りなんですが、アツくなってしまいさらに延長をしてしまいます。

すると次に潮目の変わりそうなトップを引き、気分はよくなりつつも、終電がなくなるので、ラス半コールをしての最終半荘。

2着目の南2局。こんな配牌。
五萬九萬九萬四筒六筒七筒八筒九筒二索六索七索南中 ドラ一萬

ここでサクサクッと3索8索引いて、さらにこんなツモ。
五萬九萬九萬四筒六筒七筒八筒九筒二索三索六索七索八索 ツモ六萬 ドラ一萬 
 
当然、愚形のピンズを9筒から払うわけですが、ここでニヤリな4筒。
五萬六萬九萬九萬四筒六筒七筒八筒二索三索六索七索八索 ツモ四筒 ドラ一萬 

おっ、こりゃタンヤオも狙えるやん、と九萬をトイツ落とし…の直後に1索を引くというね。
五萬六萬四筒四筒六筒七筒八筒一索二索三索六索七索八索 ドラ一萬 

調子の悪さを感じつつ、4巡目テンパイなら…と即リーチ。
ところが、バンバン危険牌が出ているのに四七萬が出ない出ない。
そうこうしてるうちに、この日調子のいい上家から11巡目にリーチが入る。

もうね、気持ちがここで「ふざけるな」モードに入っちゃうワケなんですよ。


早く出しやがれ、四七萬! 四七萬、四七萬、四七萬、四七、四七、四七、47、47…



七索 
 


「ロ!」


下家が切った7索に思わず口走る。
自分に集まる、他家三人のしらけた視線。

当然ですよね。さっき7索は通してるんですから。


「すいませーん、このお店で誤ロンはどうなるんでしたっけー?」
「倒牌してないんでしたら、単なるアガリ放棄でーす」


ということで、顔は顔面蒼白になりつつも、局は続行。
命拾い?そんなはずはないんですね。こんなときは、ちゃんとそれなりの報いが来るわけで。

案の定、ホントは当たり牌だった四萬を引き、静かに牌を切ると「ロン」の声が…。

一萬一萬四萬五萬赤五萬六萬六萬二筒三筒四筒四索五索赤六索 ロン四萬 ドラ一萬 裏ドラ二筒

上家「メンピンイーペーオモオモ赤赤…裏1で16000の3枚でっす!」

8000点の罰符の倍ツラい、倍満の放銃。
こっちの気も知らず、明るく点数申告をする上家に軽く殺意を抱いたりw
結局、この半荘は3着。終電にも間に合わず、夜行バスで夜中に帰宅をしたという…。


思えば。
年末年始の暴飲暴食と外出三昧で、疲れていたところもあったのかもしれません。
いつもより長くゲームを続けたことで、さらに体調不良に拍車をかけていたのかも…とか。

それにしてもこの誤ロンは、自分でもまったくワケがわからない。
そそっかしい性格なんで、よくチョンボをするのはこのブログでも書いてる通りですが、ここ数年でもホントに凹んだチョンボだったり。


そんな年頭から、いきなり自分のバクチのダメな部分である「思い切り」「注意力不足」が露見してしまい、今日一日ずっと落ち込んでおりました…。
なんだか咳も出始めたし。


このことを踏まえた上で、まず今年の抱負。

「バクチは必要最小限に抑え、その代わり、やるときには思い切りよく勝負する」

守れるかどうか知りませんが、まずは明日の競馬から実践していこうかと。
(もう守れてねぇじゃねえかw)


そのほかの今年の目標に関しては、また改めて。
まあ、みなさん興味もないとは思いますがw

今年もグダグダテンションのまま、ブログもお送りすることになりそうです。
ついてこれるかい、みんな?(涙)



去年のヨゴレ、今年のうちに。その2

というわけで、珍しく予告通り、続きでございます。正月やなぁ。

12月29日。有馬記念の惨敗を取り返すべく、意気揚々と大井競馬場へと出かけたわけなんですが。

 この時期の大井は西日が激しいのです。
▲この時期の大井は西日が激しいのです。

東京大賞典の前に佐藤泉アナのツイートを見ていて、この日の大井はとにかく逃げ馬が残りやすいとは知っていました。
知ってはいたんですがぁ…スマートファルコンが大井の2000mなんかもたないと思ってたし、ウチパクにシルクメビウスが乗るなら、ある程度は先行するとか思うじゃなーい!

終わってみれば、スマートファルコンのレコード決着。
ここでも20600円のだーい惨敗!


当日は競馬の後もニコニコ生放送の「梶やんハント」が待ち受けていたため、やけくそでいつも行くホルモン焼きのお店で、さらに散財してたりして。

コプチャンが美味いのよ。 ラム塩焼なんてのもあるんです。
▲コプチャンが美味いのよ。              ▲ラム塩焼なんてのもあるんです。  
 
牛ハツ刺。新鮮なやつしかハツは刺身では食えません。
▲牛ハツ刺。新鮮なやつしかハツは刺身で食えません。


そしてニコ動を、酔っ払いつつもべらんめいとしゃべくり続けて、バテバテになった翌日。
こんなことでくじけてるわけにはいきません。KEIRINグランプリ…そう、オレには武田豊樹がいるじゃないか!

とは言ったものの、ホントは去年ああいう負け方をした選手が、今年リベンジできるんだろうか…と疑ってたのも確かw

まあ、でも買っちゃったんですけどね。

立川競輪場。さすがにいっぱい。 武田中心の車券で勝負!
▲立川競輪場。さすがに人がいっぱい。             ▲武田中心の車券で勝負!

結果は…悪い予感は的中!
ラインを組む平原選手が前に踏み込めず、武田選手も後手を引く展開。
そのまま、いいところなく終了。あたしも9700円負けで終了~。

武田選手、このまま神山選手みたいにならなきゃいいが…オレは来年も買い続けるぜ!


とかいいつつ、ガッッックリしながら立川駅に歩いていると、こんな看板が。

あ…フリー雀荘…
▲あ…

そうか、ララァ、ボクにはまだ帰れるところがあるんだ!w
点5だけど、フリーだったら、もしかして今日の負けくらいは取り返せるかもしれない!

で、おりゃーと闘牌を開始して2213着ときたものの、点5が災いしてほぼチャラの最後の半荘。
ラス目となってイライラしてるところに、親でこんなイーシャンテン配パイ。

一萬六萬七萬八萬一筒二筒三筒五筒赤六筒七筒八筒八筒三索西 ドラ二索 

こんなもん、あっという間にテンパイすんだろ!なんて西を切ったところで、上家から「ポン!」。

おおかた、ホンイツ手くらいだろ、どうせこっちがリーチすれば仕掛け倒れに…あれ?あれ?あれ?なんでテンパらないのよ!?

そんな状況で対面のトップ目が南、北と立て続けに鳴かす…おい、何してんのよ!?
で、中盤でようやく待望のテンパイ…。

六萬七萬八萬一筒二筒三筒五筒赤六筒七筒八筒八筒三索東 ツモ二索 ドラ二索 

東は場に2枚切れ。 上家はこんな感じ。

裏裏裏裏 ポン北横北北 ポン南横南南 ポン西西西横

普通の麻雀なら東は打たないでしょう。
でもまだ中盤だしこの半荘が最後ならここで親のアガリを取らないと今日マイナスだし箱下になっても箱下精算のない店だしぃ。 
 
「ロン」

五索六索七索東 ロン東 ポン北横北北 ポン南横南南 ポン西西西横

やーめーてーよぉぉぉぉぉっ!!

てか、ピン雀なら間違いなく切らないんだよなぁ。
ひどい、とにかくひどい。

ま、これにガックリきて、翌日のオートのスーパースター王座決定戦はやめやめ。
とにかく近年まれに見る酷い幕切れで2010年は終わりを告げたのでした。

というわけで、元日に書いた目標通り、今年は 自分の腕に見合った形で、背中を丸めて生きていきたいと思います。

30日にたっちぃさんと行った地元の当たり飲み屋♪
▲KEIRINグランプリ終了後、大学の先輩とかきの貝焼きw
 

バクチに関しては…ね♪




<前のページ 次のページ>

プロフィール

編集・秋

Author:編集・秋
年齢:昭和44年生まれの54歳。
   五指烈弾。
   とうとう波平さんの同期
   になりました。
職業:「近代麻雀」等、元(涙)編集
趣味:ギャンブル(競馬・麻雀等)
   プロレス・F1観戦、お城の
   旅行、坂道グループ鑑賞
   ほかいろいろ
貯金:マイナス200万
   (た、助けて…)
ギャンブルの負け金:約1800万(減らんなぁ…)
座右の銘:ワルツにはワルツを、ジルバにはジルバを
(byニック・ボックウインクル)

Twitter

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索