かっぱがれ編集・秋のへっぽこギャンブル日記

基本はギャンブル日記だけど、まあ趣くままにてきとーに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キンマのサンマ

プライベートで仕事でごちゃごちゃしてたり、オリンピックTV観戦にかまけてる間に、「かっぱがれ」最新話に触れる機会を逸してるという…。

ごめんなさい、もう休み明けたら新しい号出ちゃうけど、
『近代麻雀』8月1日発売号に「かっぱがれ」が掲載されておりました!

サンマ対決ー!

第1シーズンの「かっぱがれ」が始まってから、もう10年以上経っていますが、この「竹書房サンマ」に触れるのは初めてだと思います。
今までなぜ触れなかったかというと、今回のお話を読んだ方ならわかる通り、ルールが説明しづらいんですよね。
改めて、普段自分たちがしているルールを掲げると…。

・チーはなし。
・ロンもツモも同じ点数。
・マンズは一萬:麻雀王国五萬:麻雀王国九萬:麻雀王国以外を抜く。
一萬:麻雀王国五萬:麻雀王国九萬:麻雀王国北:麻雀王国は手牌に使わず、「抜きドラ(ガリ)」になる。
その際、牌はリンシャンから補充するので、ドラの開門位置は11トン目。
(ただし、国士と四喜和に限り北:麻雀王国は使用可。他家が北:麻雀王国を抜いたら「ロン」できる)
・アガった人間が次局は親。誰かがトンだらゲーム終了。
・一ハン=1点(100点棒)として計算。必ずバンバン(=2点)がつく。
・リーチの一発目に白:麻雀王国を引いたらオールマイティー。
・抜きドラを1枚も引かないアガリ(通称カラス)は、メンゼンで20点、鳴いて10点。
・ドラ表示牌が抜きドラの時は、抜きドラ全部がさらにドラになる。赤牌が表示牌の時は3倍!
・同じ抜きドラを4枚揃えると倍の8点(通称セット)。
・メンゼンでアガると1点増し。
・親なら1点増し。
・本場ごとに1点増し。1本場なら1点、3本場なら3点。
五筒:麻雀王国五索:麻雀王国は常にドラ扱い。赤ならドラドラ。
・オープンリーチあり。
・役満は50点。
・チャンタは3点増し。(メンゼン5点、鳴いて4点)
・時間の関係上、50点(5000点)持ちの60点返しでウマはなし。
・オプションに「ヤキトリ」ルールあり。トビで一度もアガれない場合、マイナスは倍。
・「焼き直し」ルールなんてのも。普段は3回に設定してます。


いわゆる「東天紅」ルールの変更なのですが、「東天紅」ルールってゲームセットが時間で決めてたりするので「ずるずるサンマ」とも言われていて、点数が一方的になると、最後に一発逆転を狙うワクワク感が少ないんですよね。
この「竹書房サンマ」はブーマンのエッセンスも取り入れられているので、だいたい1ゲーム30~40分くらいで終わりますし、1ゲーム終わったら、負けていても「次のゲームこそ」とリセットできます。
関西サンマ(いわゆるツモり損ルール)と比べて、「東天紅」ルールの短所はゲーム性と思っているのですが、この「竹書房サンマ」はその弱点を見事に補ったルールだと思うのです。

そう、大切なのは牌効率…

で、サンマといえばスピーディーが売りです。単純にアガるチャンスが1/4から1/3になるわけですから。
しかも使ってる牌も2種類しかなく、手役に大きな意味もないこのルールでは、牌効率など麻雀の基礎学力が物を言います。
26年間の麻雀人生でおのれの壊滅的な麻雀センスを充分自覚しているのですが、それでもサンマは面白いのです…ハマるのです…ハメられたのです…。

尾沢さん活躍の巻…

オチも、このサンマを「開発」した尾沢工房さんにふさわしいものだったと思います。

だいたい、自分の次のツモ牌を見るとか普通はとんでもないマナー違反なんだけど、サンマの時は普通にみんなやってますw
なんなら、ロンアガリした人の次の牌をわざわざその人の手元に叩きつけて「ほら、ツモってるじゃん!」とかやりますからwww

サンマって、4人麻雀の時と違ってフランクにするのが作法。正直、あまりかしこまってサンマをしてる集団とか、あまり雀荘でもお目にかかったことないしー(^^;;

まあ、ぜひ友達と一緒にこの「竹書房サンマ」をプレイしてもらって、感想を聞かせてほしいなぁ、と。なんなら、次のかっぱがれ大会はこれを公式ルールにしますんでw

* * * * * * * * *

さて、今からまったく遅かりしなんですが、
本日11日、小川町の「麻雀オクタゴン」に参上します。
今からでもこのブログを見た方は、ぜひぜひご来店のほどを(^^)
スポンサーサイト

不健全にいこうぜ

そんなこんなで借金で頭がいっぱいになってる私ですがw
昨日6月15日発売の『近代麻雀』に「かっぱがれ」が掲載されております!

テーマは「日米対抗バクチクレイジー対決」!

20160615_01.jpg 20160615_03.jpg
「昔と違って最近のかっぱがれはヌルい」という声も聞いているので、ギャンブルテイストを濃い目にしてみたんですが、アオリで「フィクション」が強調されていたり(アオリ等は別の担当が作ってます)するのを見ると…ちとヤリすぎたかのうw

はるか昔、西原理恵子さんの担当をしていた際に「脱税できるかな」を見て、「大丈夫なんですか、これ!?」と聞いたら、

「いやいや、だってこれマンガじゃん!」

…って豪快に笑い飛ばしていたことをちょっと思い出しました^^;
「まあじゃんほうろうき」とか「デカピンでポン!!」を描かれていた方に対して、つくづく無粋な質問だったとw

そう!「かっぱがれ」はマンガなのです。

読者の皆様におかれましては生暖かい目でお読みいただけると幸いです。
あ、作中に「G」って書いてるのは、「ガバス」の略ですから!(祝・ファミ通30周年w)
20160615_02.jpg
それにしても。
世の中、プロ野球のアレやらバトミントンのナニやらで、以前にも増して「反バクチ」を叫ぶ人が増えましたねぇ。

はっきり言って、「麻雀の健全化」とか私は無理だと思ってます。

以前にもこのブログでは書いてますが、歴史を紐解けば、バクチ種目として万人が勝てるように、巧拙の付きにくいルールへと麻雀は変化(場ゾロ→リーチ・ドラ→アリアリ→赤ドラ…)していった過程があります。賭けること前提で成立した麻雀を健全化するのって、どこかで自家撞着を起こすと思うのですよ。
Twitterでもどなたか主張していましたが、「麻雀の健全化」で今の世の中にある雀荘の9割が潰れますから。

ただし。トランプ、花札、ルーレット――これらはカジノやバクチ以外でも、ゲームとして多くの人に楽しまれています。「健全化」の名のもとに黒を白にするような魔女狩りをするよりも、「麻雀は健全でも楽しめる」ってことをもっとアピールしていけばいいんじゃないかなぁ。
「麻雀の健全化」は難しくても、「健全な麻雀」はあって然るべき。

「イメージを作る」ってのは、「覆い隠す」ことでも「ごまかす」ことでもなくて、「世の中の見方を変えさせる」ことだと思うのです。じゃあ、何をすればいいかって聞かれちゃうと困っちゃうけどね。

20160615_04.jpg

20160615_05.jpg

まあ、自分はこのマンガの内容通り、これからも「不健全な麻雀」がいかに楽しいかをほどほどに語っていこうかと思いますw

これからもよろピクピクー。


過ぎたるはなお乃ばざるがごとし

えーと、ブログの更新も1ヵ月半ぶりかぁ…いかんいかん。

今更ではございますが。

5月16日発売の『近代麻雀』にて、久しぶりに「かっぱがれ」が掲載されております!

今回は以前ブログにも少し掲載しました「パネェ!麻雀部~浜田ブリトニーと愉快な仲間たち~」でいでえいじ先生と一緒にゲスト出演させてもらったお話です。

作品の冒頭に出てきたスキーですが、これ、なんと2月下旬の話。
ブリトニーさんの番組は3月3日放送でしたから、実に2ヵ月半前のネタだったりしますw

連載が不定期になった関係もあって、なかなかのタイムラグで申し訳ありません^^;

すんませんでした… こんな感じでにこやかだったんですがw

毎年、尾沢工房さん山崎一夫さんたちと一緒にスキーに出かけるのですが、自分はともかくとして、周囲が上級者ばかりなんですよね。その辺が逆にビギナーのいでさんをちょっと焦らせてしまったのかも…と少し反省していたり。

このケガを乗り越えて、来年もぜひ、いでさんにはスキー旅行に参加して欲しいなぁ、とw

いい天気だったんですよー

反省といえば、実は皆様に謝らなければいけないことが。

なんという不覚…

「乃木ヲタ」が「及木ヲタ」になってる…orz

いでさんの描き文字ではありますが、これはひとえに担当編集であるワタクシのチェックミスでございます…。乃木坂46ヲタを自称していて、このミスは本当にショック。
関係者ならびに読者の皆様にお詫びいたします…。

個人的には、今度5月25日に発売する2ndアルバム「それぞれの椅子」のType-AからDの4種類をすべて買って、お詫びの気持ちを伝えたいと思います。
(「それ、もともと予定に入れてないか?」の指摘をさらりと受け流しながら)


さて、「パネェ麻雀部」
どんな対局だったかなど詳細は、例のごとくココでは書きませんが…。

「パネェ~」スタッフの皆様に感謝!

ちなみに、実際に放送された番組自体が、まだAbemaTVでアーカイブとして残っております。

https://abemafresh.tv/piece-channel/6729

作品をご覧になられた方は、こちらも視聴していただくとかなり楽しめるのではないかと。
自分がなぜあそこまで調子良かったかも、配牌やツモを見てもらえればよくわかると思いますw

放送同日の案内看板

浜田ブリトニーさん、お会いする前までは、普段メディアで拝見するみたいに「チョリース」みたいな感じでキャピキャピしてるのかしら…なんて思っていたら、大変礼儀正しく、綺麗なお方でした(^^)
ぶっちゃけ、麻雀はまだまだ勉強中な感じですが、地頭がいいだけに、研修生から正規の女流プロに昇格するのも時間の問題ではないかと思います。

あと、個人的には、西口プロレスなどにも参加している、お笑い芸人のよしえつねおさんがいらしたのにはビックリ。番組ではアラレちゃんの格好をしていましたが、もともとプロレスラーの吉江豊さんのお兄さんで、プロレスファン的には知る人ぞ知る芸人さんなのです。

こんなポーズで写真を撮ったりしてました

で、自分が生粋のプロレスファンであることをお話したら、アニマル浜口さんの格好を"その場"で始めてまたビックリというwww

左のよしえさんが変身してますw

こういった番組出演などでたくさんの違った業界の方と縁がつながるのは、つくづく大変ありがたいことでありまして。

自分のキャラを見せつけるどころか、モー娘。の鈴木香音ちゃんが20kg痩せちゃって「個性死んじゃうよ~?(by明石家さんま)」みたいな対局結果になったのは残念でしたが、もう一回番組に出してもらえれば、今度こそご期待に添えるんではないかと…(また出るつもりか、お前はw)。


そんなわけで、今日はココまで。

ここはひとつ、いろいろブッたるんでる自分に喝を入れるため、久しぶりに「ブログ強化週間」に入ろうかと思います。
今日から一週間、毎日ブログを更新いたしますので。

よろしうお願いしまんにゃわ。

高レート

13日に「麻雀オクタゴン」にお越しの皆様、また、SNSでお声がけやRTなどで情報を広めていただいた皆様、改めて御礼のほど申し上げます! こんな加齢臭プンプンのめがねオッサンにいろいろと構っていただきまして、なんともありがたいやら、こそばゆいやらw

至らぬところも多かったと思いますが、またこの辺の企画はぶちかましていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

* * * * * * * *

さて、15日発売の『近代麻雀』、「かっぱがれ」の裏テーマは「高レート勝負」でした。

大丈夫なのか、この話?w
折りしもプロ野球界の野球賭博なアレでナニなご時勢に、こんな話を描いてもらっていていいのだろうかという不安はひとまずおいときましてw

よく勘違いされてる方もいるので改めて申し上げておきますと、自分が1800万負けたやなんだとうたっているのは、別に高レートの場に出向いていたからではありません。
皆さまと同じように(?)、テンゴやピンのレートで普通に麻雀を打って、コツコツと負けた額でそれだけのスケールとなっているのですw

その意味では、もう一つのキャッチである「20年間無勝の男」の方が、ホントは自分の実態をよく表している気がします。
ま、もうすぐ30年間だけどな(三船敏郎の顔マネをしながら)。

この某社ってのはですね…。
で、この「大手出版社ルール」。気になりますよね?ぶっちゃけ、K社ですw

かつてこの出版社のまん前には雀荘があり、いろんな作家さんや編集者がたむろしていました。
ある種の麻雀サロン化していたこのお店の雰囲気が自分は好きで、何回もそこでK社の方とも牌を並べたことがあります。

ただ、すでにこの雀荘も10年くらい前には閉店しており、時代的にもそうやって麻雀を打たれる編集者や作家さんは減ったのではないでしょうか。
K社のルールも、出版不況の折、もっと低いものに変わってるかもしれませんね。

ちなみに、他の大手出版社の編集者とも卓を囲んだことはありますが、K社さんよりもおだやかだったような。会社自体に「公式ルール」というものがなかったのかもしれません。
まあ、この辺は現役の編集者にでも聞いてみてくださいw

この似顔絵、すげえ似てますw
で、ついに登場しました。
このブログを読んでる方ならだいたいご存知ですね。
大学時代からの腐れ縁、鯖鯉を呼んで来ましたw

学生の頃の自分は、実はギャンブルというものに一切興味がなくて、東スポを買っても競馬面は抜き取って、電車の網棚に上げて捨てちゃうなんてことをよくしていました(マネしちゃダメよ)。
自分の通学に使う武蔵野線は、府中競馬場も中山競馬場も両方最寄り駅に止まる路線なので、それこそ競馬利用のオッサンたちにあげるくらいの気持ちで。謎のボランティア精神w

で、そんな自分にバクチの愉悦というか、コミュニケーションツールの楽しみを教えてくれたのが鯖鯉でした。同期の鯖鯉がサークルの先輩たちとギャンブルを通じて仲良くなっていく姿を見て、自分も「大人のたしなみ」として覚えておこうと思ったのです。

まあ、それが自分の人生にとって「地獄の釜のフタ」を開けていたことになるなんて、当時はまったく気づいてもいなかったワケですが…。
鯖鯉のつぶやきの通りですw

こやつはこれからも何かの折には対局に呼び出してやろうと思っております。
その麻雀でヤツに借りてる金を清算してやるのだ、ヌハハハハ(しまった、つい心の声が)。

今回の実質上の主役です^^;

…って、読んで頂いた方にはお分かりの通り、今回の本当の主役は、

“アメリカンバクチクレイジー”ライアン・モリス

…だったりするのですがwww

実はライアン、2月にお子さんが生まれて、晴れて人の親となったんですよねー。めでたいめでたい。

でも出産翌日に、B社のN永さんと一緒にライアンが池袋で酔いどれていて、自分に誘いの電話&LINEがたくさんかかって難儀したので、出産祝いは麻雀の際にでも空の熨斗袋で払ってやろうかと思いますw

* * * * * * * *

で、誌面ではあえて触れずにしてもらいましたが、諸事情あって「かっぱがれ」はまたしばらく不定期連載という形に戻ります。
編集部の都合というよりも、自分やいで先生のスケジュールの問題もありまして…悪い意味の不定期化ではないので、ちょっとホッとしてる部分もあったりしてね。

そんな事情なだけなので、次に掲載する号もだいたい決まっております。
またきちんとお知らせできる段階になりましたら、ブログやSNSでご報告させていただきますので。
それでは「かっぱがれ」、次回もお楽しみに!


あ、もちろん、ブログもまだまだ続けるよーんw




タダほど高いものはなし

キンマWebより。 当日はこんなタテ看板が…


いろいろ遅くなりました。
3日は「パネェ!麻雀部~浜田ブリトニーと愉快な仲間たち~」をご覧いただいた皆様、いろいろお騒がせ致しましたw

詳細はまた作品に掲載される形になりますが、まだ「AmebaFRESH!」でなら視聴可能になっておりますので、こんなおっさんの酔いどれ麻雀を奇特にも見てみようと思う方は、ぜひご照覧ください。

https://amebafresh.tv/piece-channel/6729

あと、当日のお話は浜田ブリトニーさんのブログ「浜田ブリトニーのパネェ!BLOG」や、「キンマweb」でも取り上げてもらっていますので、そちらも合わせてご覧ください。
(「キンマweb」はT橋が書いたレポートが秀逸です…おのれT橋w)

http://ameblo.jp/hamada-britney/entry-12136549956.html
http://kinmaweb.jp/archives/5254

オクタゴンにお邪魔しました!

* * * * * * * *

さてさて、改めて。

3月1日に発売された『近代麻雀』の「かっぱがれ」は、声優の小山剛志さんがプロデュースする「麻雀オクタゴン」への殴り込み(?)の話でした。

まあ、また具体的なお話は、実際に買って読んでもらうとしまして。

オクタゴンの看板です

「麻雀オクタゴン」は、昨年末に開店ホヤホヤの禁煙ノーレートフリー雀荘。
「近代麻雀」のバックアップのもと、50分打ち切り(トビなし)の「麻雀最強戦」ルールで打つ「最強戦リーグ」が特徴です。

アマ部門・プロ部門とも毎月累計ポイントの上位4名がグランドチャンピオン大会に進出、アマ部門優勝者は「麻雀最強戦・全国アマチュア最強位決定戦」の出場権、プロ部門優勝者には「麻雀最強戦・全日本プロ代表決定戦ベスト32」の出場権を得る、と。

要は「お店で打っていれば最強戦に出れるかも?」ってことなんですが、それ以外でもノーレートで麻雀の腕を磨きたい人や、「近代麻雀」誌面・モンドTVなどでおなじみの一流麻雀プロと打ちたい人にはホントにオススメのお店だったりします。
いや、お世辞抜きで、ここまでメディアに露出する麻雀プロが数多く来店する雀荘って、ここ「麻雀オクタゴン」が日本一じゃないかとw

小山剛志さん、迫力ある麻雀を打たれます!

で、小山剛志さんとの麻雀のお話。

噂には聞いていましたが、小山さんはホントに達者な打ち手でした。
作品で出てこなかったところを取り上げますと――。

* * * * * * * *

1回戦、南2局1本場。

ここまで小山さんはツイてない場面が続いて、17,900点で僅差のラスという状況でした。
そこで、3着目のカネポンからリーチが入ります。

小山さんはこんなテンパイ。
四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国五筒:麻雀王国七筒:麻雀王国七筒:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国八筒:麻雀王国五索:麻雀王国六索:麻雀王国六索:麻雀王国七索:麻雀王国七索:麻雀王国 ツモ五索:麻雀王国 ドラ西:麻雀王国

④ピンはカネポンの現物。逆に⑤ピンは無スジ。
ネガティヴに考えれば、とりあえず④ピンを切ってこんなダマテンで、
五筒:麻雀王国五筒:麻雀王国七筒:麻雀王国七筒:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国八筒:麻雀王国五索:麻雀王国五索:麻雀王国六索:麻雀王国六索:麻雀王国七索:麻雀王国七索:麻雀王国 ドラ西:麻雀王国

危険牌やドラでも持ってきたら、チートイで構えるとか、
五筒:麻雀王国五筒:麻雀王国七筒:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国八筒:麻雀王国五索:麻雀王国五索:麻雀王国六索:麻雀王国六索:麻雀王国七索:麻雀王国七索:麻雀王国西:麻雀王国 ドラ西:麻雀王国

なんならリャンペーコ狙いがよくありそうな受けだと思いますが。
五筒:麻雀王国五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国七筒:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国八筒:麻雀王国五索:麻雀王国五索:麻雀王国六索:麻雀王国六索:麻雀王国七索:麻雀王国七索:麻雀王国 ドラ西:麻雀王国

ところが小山さんの選択は……。

小山「リーチィッ!」

四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国七筒:麻雀王国七筒:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国八筒:麻雀王国五索:麻雀王国五索:麻雀王国六索:麻雀王国六索:麻雀王国七索:麻雀王国七索:麻雀王国 ドラ西:麻雀王国

おっとー、魅惑の低音ボイスを響かせつつ、危険牌の⑤ピンを払ってリーチを敢行だーっ!
(最強戦の実況風にw)

小山「ツモォーッ!」

四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国七筒:麻雀王国七筒:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国八筒:麻雀王国五索:麻雀王国五索:麻雀王国六索:麻雀王国六索:麻雀王国七索:麻雀王国七索:麻雀王国 一発ツモ三筒:麻雀王国 ドラ西:麻雀王国

ゲゲゲッ、これがなんと一発ツモ!
裏は乗りませんでしたが、文句なしの2000・4000。

――この後、自分がギリギリ逃げ切って、なんとか1回戦はトップだったのですが、実はかなりの接戦だったという…。

* * * * * * * *

誌面にもありましたが、小山さんの麻雀のいいところは、基本押しの前傾姿勢で、勝負勘にも優れてるってところじゃないでしょうか。
ホントに感服したというか。

今年の最強戦著名人対局のメンツってまだ全員発表されてはいないようですが、最強戦MCの小山さん自身が参加してもいいんじゃないかと個人的には思います。
それこそ、普段「麻雀オクタゴン」で魅せる辣腕を最強戦でも見てみたいなぁ。

* * * * * * * *

というわけで、誌面にもありましたが。

3月13日(日)12時から「麻雀オクタゴン」でタダ働きさせてもらいます!

詳細はオクタゴンのHPにて…ってHPにはホントに「タダ働き」って書いてあるんだよな…。
別にそんな話、お客さんにはわかろーもん!w

当日は声優の小林未沙さんもゲストなので、皆さんは小林さん目当てにお店に来るといいんじゃないでしょうか…で、自分もついでに同卓希望を出してもらえると、その間はお店で働かずにすむ…うおっと、口がwww

マジで人がどれだけ来るか心配なんで、自分の知り合いの関係者も誘っておこう…。


皆様、13日は「麻雀オクタゴン」で、中年のオッサンと握手!(えー)




次のページ>

プロフィール

編集・秋

Author:編集・秋
年齢:昭和44年生まれの48歳。AKI48。
職業:麻雀漫画誌「近代麻雀」等、元(涙)編集
趣味:ギャンブル(競馬・麻雀等)
   プロレス観戦
   ハロプロ・乃木坂46鑑賞
(おいおい、増えちゃったよ)
   ほかいろいろ
貯金:0万(なくなりました…)
ギャンブルの負け金:約1800万(順調に増えてます…)
座右の銘:ワルツにはワルツを、ジルバにはジルバを
(byニック・ボックウインクル)

Twitter

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。