かっぱがれ編集・秋のへっぽこギャンブル日記

基本はギャンブル日記だけど、まあ趣くままにてきとーに。

小島武夫『11PM』初出演の謎~小島武夫さん逝去に寄せて~

ちょっとタイトルは大げさな感じですが^^;

今でこそ、BS・CS局で放送が乱立し、ネットメディアでも手軽に楽しめるようになった麻雀の対局番組。

じゃあ、これのルーツってなにかと言えば?
昭和30年代生まれ以前の方なら当然ご存知ですよね。
世界初のテレビ麻雀番組といえば、昭和40年代、深夜の人気番組『11PM』で放送されていた「マージャンコーナー」(注1)になります。

先日亡くなられた小島武夫さんは、その『11PM』の出演をきっかけにして麻雀界のスターとなったわけですが、…では、その初出演はいつ、どんな内容だったんでしょうか?

実は編集部時代、その頃のお話を読み切り漫画で掲載するため、小島武夫さんに取材をしたことがありました。

* * * * * * * *

取材の場所は、小島さんが当時ゲストをしていた雀荘があった渋谷。
ざっくばらんにお話が聞けるように居酒屋をチョイスw

「最近はさぁ、これがいいのよ」

小島さんは、焼酎のお湯割り(ウイスキーの水割りだった気も)をチビリと飲みながら、その頃のお話を振り返ってくれました。

小島「『11PM』はねぇ、もともと大橋巨泉さん(『11PM』の司会。「マージャンコーナー」も巨泉さんのアイデア)に呼ばれたわけじゃなかったのよ。『11PM』の中で、パチンコの釘師やマッサージ師が登場するような、手に技を持つ職人がテーマの回があってね。それで、『麻雀のイカサマができる人はいないか?』って、ボクに連絡がきたわけさ…」

小島さんは博多での雀荘メンバー時代、イカサマを駆使するバイニンたちを相手にするため、様々なイカサマ技に精通しており、周囲からもその腕は知られていました。

小島「だからね、『小島が適任だろう』って言われてさ。いろんな業界の職人さんたちが紹介される中、ボクもイカサマ技を披露したわけ。その時は巨泉さんが司会じゃなかったんだけど、そしたら、番組を見ていた巨泉さんから『俺のマージャンコーナーにも出てくれよ』って話がきたのよ」

この頃の自分はまったく無知で、小島先生は阿佐田哲也さんに見出されてメディアに出るようになったと勘違いしていました。

小島「ガハハ。阿佐田先生は、『11PM』に出演しているボクを見て、初めて知ったのよ。ボクが働く雀荘へ遊びにきた時に声をかけてくれてさ」

ちなみに、阿佐田哲也さんが小島武夫さんや古川凱章さんとともに「麻雀新選組」を結成したのは昭和45年。小島武夫さんが『11PM』で活躍しはじめたのは昭和43年頃からです。我ながら、何を勘違いしてたんだか…><

他にも、興味深いお話をたくさんしてもらったのですが…この頃のお話は、小島さんの自伝『ろくでなし』にも多く書かれているので、興味のある方はそちらをご購入くださいw

* * * * * * * *

さて、この取材の後。

自分は漫画の資料集めのため、古本屋を何軒も回り、『11PM』の関連本探しました。
(当時からネットはありましたが、今みたいに検索してすぐ映像が…なんて時代でもなかった)

すると…素晴らしいムックを見つけたんですよね。
『11PM~深夜の娯楽史~』

この本、マジで素晴らしい資料本でした。

『11PM』の放送開始から、昭和59年までの全放映回リストつきで、当時の出演者・スタッフのインタビューや対談のほか、放映当時の写真もふんだんに盛り込まれていて、「深夜の娯楽史」の名に恥じない、テレビ文化の歴史が辿れる一級品のムック本です(今だとプレミアがついているらしい)。

で、漫画には掲載できませんでしたが、小島さんのインタビューを聞いて興味があったので、小島さんの『11PM』初出演がいつだったのか調べてみました。

「巨泉さんが司会ではなかった」というのがカギでして、日本テレビ制作の『11PM』で大橋巨泉さんが金曜以外の司会を担当したのは昭和43年1月以降。『11PM』で「マージャンコーナー」が始まったのは昭和41年5月。(注2)

つまり、昭和41年5月から昭和43年1月までの放映リストを探せばいい。
目を皿のようにしてジーッ……これかな?

赤囲み部分ね。

≪手は口ほどに……≫
日付は昭和42年12月18日。

『11PM』で「マージャンコーナー」があったのは金曜日でしたが、この放送回は月曜日です。小島さんのお話から判断して、おそらくこの回で間違いないんじゃないでしょうか。

ちなみに、大橋巨泉さんが月・水・金の『11PM』司会を担当(注3)するようになった後の放送リストを見ると、金曜以外でも麻雀をテーマにした回が放送されています。番組内容に関して巨泉さんへの依存度が強まったことで、『11PM』で麻雀が取り上げられる回数も増えたのかもしれません。

つくづく、大橋巨泉さんという方は麻雀界にとって最大の功労者だったと思います。
その巨泉さんが伝えたかった麻雀の面白さを世間に表現できた最高の演者が、小島武夫さんだったということなのでしょう。

* * * * * * * *

ただ、身もふたもない言い方を言ってしまうと。
当時、映像メディア側の人間が麻雀業界に対して興味を持ったトピックは、「イカサマ」だったということになります。

実際、小島さんは『11PM』出演以降、「イカサマ技」を披露する機会が何度もあったようです。取材の際、グラスをカランと傾けながら、小島さんは当時のことをこうつぶやきました。

「忙しかったけどさぁ…ホントはさ、嫌だったんだよな。イカサマ技とか、やるの」

先ほども記したとおり、小島さんは普段の対局で「イカサマ」などしていません。
するわけがない。

当時からすでに競技麻雀の団体に籍を置き、「東京牌王位」というタイトルも獲得していた小島さんからすれば、テレビでの取り上げられ方に本意ではなかった部分も多いと思います。

その後、小島さんは「魅せる麻雀」を看板に、数多くの誌上対局やタイトル戦でファンを魅了し、現在に至る麻雀ブームの土台を作り上げてきました。

もしかしたら、『11PM』に初出演したときに感じた複雑な思いが、その後の対局姿勢に影響していたのかもしれません。

常に麻雀の高みを目指すとともに、メディアを意識し、エンターテイメントを追求する――。

そんな小島さんの麻雀に対する真摯な想いーー「美学」をファンが支持したからこそ、今のように麻雀界は発展していったのです。

今後活躍する後進の麻雀プロの皆さんには、小島先生の想いを受け継ぎ、麻雀ファンの期待を裏切らぬような「プロ」の生き様を見せていって欲しいと思います。

* * * * * * * *

今日は小島先生のお通夜。
だから、なんとしても今日中に書いておきたかった。

ボクも今日、お別れを伝えに行ってきます。




注1
『11PM』での麻雀コーナー名は、「イレブン麻雀」や「巨泉の麻雀実戦教室」など聞きますが、資料のムック本では「マージャンコーナー」としか明記されていません。念のため、ここでは「マージャンコーナー」に表記を統一しておきます。

注2
『11PM』は月曜・水曜・金曜が日本テレビ、火曜・木曜がよみうりテレビ制作。昭和41年5月から昭和43年1月まで、司会は月曜・水曜を小島正雄さん、火曜・木曜を藤本義一さん、金曜を大橋巨泉さんが担当していました。

注3
昭和43年1月に月曜・水曜の司会を担当していた小島正雄さんが急死。一時的に日本テレビ制作の『11PM』司会はすべて、巨泉さんが担当することになりました。


スポンサーサイト

スーパースターと好々爺


お歳も召されていましたし、最近体調が芳しくないお話も聞いていました。
それでも、やっぱり。この時を迎えてしまうのは、非常に悲しくて、つらい。

小島先生のことで、思い出す事をつらつら書いていこうと思うのですが…。

* * * * * * * *

自分が「近代麻雀」の編集部にバイトで潜り込んだのは1994年のこと。

当時の自分は、「とにかくコミック誌の編集になれるなら何でもいい!」という感じで入社したので、麻雀はそれなりに好きでしたが、業界知識は皆無。麻雀プロの存在自体も知りませんでした。

編集部で働き始めてすぐ、自分が小学生時代に通っていた剣友会(剣道のサークル)の、高倉健と川谷拓三を足して2で割ったような感じなO先生と、道でバッタリ遭遇しました。

O先生「秋くん、今どこで働いてるの?」
自分「コミック誌の『別冊近代麻雀』って編集部で働いてまして…」
O先生「え…、ホントーっ!? いいなぁ! じゃあ、小島武夫プロと一緒に仕事したりするんだ!うらやましいなぁ~、俺ファンなんだよぉぉぉっ!」

顔がみるみる真っ赤になって、興奮しながら話す拓ボン…じゃなかった、O先生。しかし、自分は小島先生の名前を出されても、あまりピンときていませんでした。

そんな出来事があった1,2週間後でしょうか。
第6回最強戦のプロ新人王戦(プロ大会だったかな?)が有楽町の錦江荘で開催され、自分ももちろんスタッフとして働いていました。

4回戦の予選が終わり、ついに決勝。
この大会に優勝すれば、当時ホテルグランドパレスで開催されていた最強戦本大会に参加ができる――そんな決勝進出メンバーの息詰まる闘牌を、ギャラリーも固唾を飲んで見つめておりました。

すると突然、少ししゃがれた博多弁のおじさんの声が。

「おーい、ビール」

あらーっ? ずっこけるギャラリー。
声の方向を見てみると、すでに注文したビールジョッキを片手に、ご機嫌そうに対局を見守る小島先生の姿がw

「まあ、先生なら仕方ないか」

今はこんなことする見学者もおりませんが、当時の小島先生にはそんな行動もみんなで許容できる愛嬌がありました。

無頼で豪放磊落で陽気なキャラクター。魅せる麻雀でギャラリーを魅了――。
麻雀業界における小島先生の大きな存在感を、無知だった自分もほどなく気づくことになります。

* * * * * * * *

対局合間の取材のひとコマ。
▲撮影中の小島先生。

勝手に思ってるだけかもしれませんが、小島先生に自分は目をかけられていた気がします。

最強戦の会場などで、本当は自分から挨拶へ行かなきゃいけない時にも、逆に小島先生から「秋くん、秋くん」とニコニコ近づいてきてくれたり…。

編集部から異動してしばらく経った後、ある麻雀大会の会場で小島先生とお会いしました。

小島「おお、秋くん。やせたなぁ。どうした?」
自分「いやぁ、このままだと成人病一直線なんで、ちょっとダイエットを」
小島「ああ、ダイエットかぁ、えらいなぁ(ニッコリ)。もう、秋くんくらいの年齢なら気をつけんとなぁ」

小島先生自身、糖尿病だったこともあるからか、いきなり痩せて現れた自分を見て、どうやら心配してくれたようなのです。

麻雀業界とは直接なんの関係もなくなり、なんとなく会場では(自分で勝手に)疎外感を感じていたりしたのですが、この時の小島先生からの一言で、気分がずいぶん楽になった記憶があります。

* * * * * * * *

対局も何回かさせてもらったこともあります。
印象のある対局もたくさんあります。
でも、あえて麻雀界自体の偉業に関してはここでは触れません。

それよりも、自分にとって小島武夫さんは、本当に「おじいちゃん」みたいな存在でした。

いつも笑顔で、お酒が好きで、酔って若い頃の武勇伝を軽妙にお話されている姿がとってもチャーミングで――。

自分よりも年下の人間だと、「麻雀界のスーパースター」という事実よりも、そんな身近な「好々爺」としてのイメージが大きかったんじゃないかなぁ、と思うのです。

今回、小島さんが亡くなって、麻雀プロの皆さんの追悼ブログを読むと、その内容の多くが「相談に乗ってもらった」とか、「一緒にお酒を飲んだ」というものばかりでした。小島さんの人情家で世話焼きの人柄を示すエピソードと言えると思います。

ある時期から、小島武夫プロは、麻雀界全体を優しく見守るおじいちゃんになっていたのでしょう。

だからこそ――「ミスター麻雀」なんだろうな、と。

* * * * * * * *

これから小島先生は、雀荘や居酒屋ではなく、天国から麻雀界を見守ることになりました。

きっと今ごろ、自分が錦江荘で初めてお見かけしたあの時のように、片手にビールジョッキを持ちながら、陽気に下界を眺めているのでしょう(もしかしたら、もう天国で愛人も作っていたりしてw)。

今までありがとうございました。
小島武夫さんのご冥福をお祈りいたします。

* * * * * * * *

実は以前、小島先生が「11PM」に初出演された際の読み切り漫画を担当した際、馬場さんと一緒に渋谷で取材させてもらったことがあります。いきさつが面白かったので、稿を改めて、またそのお話を書こうと思います。


孤独のマージャン

テレビで「孤独のグルメ」を見ていて、ぼんやりと思ったのですが。

井之頭五郎を演じる松重豊さんは、毎回毎回美味しそうにその土地土地のグルメ料理を食べていますが、当然あれは、普段と同じように食べているわけではありません。

視聴者に「美味しそう」と思わせるように、表情を変え、料理を取る手の角度を考え、体全体で表現をしています。

よく俳優が演技で目指す目標に「リアルを追求する」なんて言葉があります。
これも、別に「ありのままの現実を見せること」が演技じゃないですよね。
「まるで現実のように見せること」が演技なのです。

…当たり前ですな。それがプロのアクターの1の1。
でもこれって、麻雀プロも一緒だと思うんですよ。

別に、「対局中に苦しんで打っているようになフリをしろ」とか、「見てるファンが楽しめるように打ち筋を曲げろ」とか、短絡的なことを言ってるんじゃありませんよw

松重豊さんなど一流の俳優は、常にカメラの向こうにいる視聴者を気にしています。
気にしているから、様々なプランを考えて演技をする。

麻雀プロもそう。対局中に背負うのは、自分のことだけじゃありません。
その闘牌を見ている、麻雀ファン全体を意識しなければいけません。
そう考えたら、不思議な摸打とか自分勝手な仕掛けは普通できなくなりますよね。

これは、対局中に限った話でもありません。
「麻雀プロ」を名乗って活動しているのなら、ファンの抱く幻想を壊さないような言動や行動をしなければならないのです。

「麻雀」自体に対しての「愚痴」なら、個性にもなりましょう。
しかし、「麻雀プロとしての活動」に対して、言い訳や愚痴をわざわざ公にしなくったっていいじゃないですか?

麻雀プロは麻雀プロ。
会費を払ってリーグ戦を打つこと=麻雀プロと思ってる人が、どうもこの業界には多すぎる気がします。

まあ、選手というより、結局は団体自体が選手が持つ「プロ意識」について、どう考えているかだとも思いますが…。

中途半端になっちゃったけど、タイムアップ。
また、気が向いたら続きを書きます。


やっぱり書いちゃったよ

歴史上に名を残す人物の名言は、いつも心に刺さりますよね。
久しぶりに更新する今日のブログは、そんな名言から始めさせていただきます。

「おいちゃん、それを言っちゃあおしまいよ」(車寅次郎)

歴史…?w

つい先日、AbemaTVで開催されている麻雀駅伝について、ワタクシはこんな発言をさせていただきました。

このツイートに対して、いつものようにたくさんの賛同意見から罵詈雑言までを頂戴したわけなんですが。

まあ、この辺の話の流れに関しては、皆さんで確認してもらうとして。
その後、ある麻雀プロのブログには、麻雀駅伝の内容に関しての記事で、こんなひと言が書かれていました。

「麻雀というのは強者が勝つゲームではない。」

* * * * * * * *

皆さん、どう感じました?

そりゃ、自分だって、麻雀というのはどーしようもない運ゲーだと思います。
どんなに広い待ちだって、たった1枚しか残ってない単騎待ちに負けちゃうことだってあるし。

でもね、麻雀プロが「それを言っちゃあおしまい」なんですよ。
手牌の進め方から、山読み、捨て牌読み、対局者の表情やクセに至るまで、それこそ様々な理論や法則性を引っ張り出して、「運」をコントロールしようと研究を重ねているのが、麻雀プロという人たちです(中にはなんにもしてない人もいるでしょうけど…)。
何のためにそこまでするのかと言えば

…勝ちたいからでしょ?

「強者が勝つゲーム」じゃないんだったら、麻雀は採点競技にしちゃえばいいんですよ。
全選手の牌山を同じにして、どんな手を和了ったかでそれぞれポイントつけて、最終的に一番高い人が勝ちにすればいい。
でも、それって面白いですか? 卓上で4人が、幸運不運をスパイスにして、それぞれの技量で勝利へ向かう姿をファンは見たいんでしょ?

麻雀ファンだったら「ああ、このプロ、今日はツイてなかったな」とか考えてもいい。
100%不可避な役満放銃を「これは悲劇だ」と我が事のように気の毒がっても構わない。
でも、負けた麻雀プロは、どんな時でも「ツイてないんで負けました」って言っちゃいけないんですよ。
百歩下がって、本音はそう思ってても、口に出しちゃ絶対にダメ。なんでですかって?

かっこ悪いからです。

ファンは、対局へ向かう後ろ姿も、勝った後の笑顔も、負けた後のため息も、全部全部見ています。
プロがそこでかっこつけなくて、何がプロなのよ。

* * * * * * * *

麻雀駅伝。
どんなに強かろうが、相手は「アマ」を名乗る方々なんだから、対局する麻雀プロの皆さんには、「アマには負けない」って、もっと目を吊り上げて最終戦に臨んで欲しい。
これだけ危機的状況なのに「いやー、アマの皆様、ホントにお強い♪」とか、プロ側がお世辞を言ってるところなんか見たくないんですよ。

その上で、「287.2P」という差をできる限り詰めて、なんなら大逆転優勝して、ファンの一人でも多く「やっぱり麻雀プロって凄いんだ」ってなればいい。

「さあ、明日はきっとからっと晴れたいい日曜日だぞ」(車寅次郎)

結構毛だらけ、猫牌だらけ。にゃー。


午前2時のマージャン・ユアタイム

​久しぶりに麻雀の話。

先週の金曜夜。
「THEわれめDEポン」片山まさゆき先生が出演されるということで、普段以上にw真剣に視聴していたわけなんですが。

第4ゲームの東1局1本場9巡目。
北家の月亭八光さんが、仮テンからこんなツモ。

一萬:麻雀王国二萬:麻雀王国三萬:麻雀王国六萬:麻雀王国六萬:麻雀王国二筒:麻雀王国三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国六筒:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国四索:麻雀王国六索:麻雀王国 ツモ七索:麻雀王国 ドラ一索:麻雀王国七筒:麻雀王国

当然、4索を切ってリーチをかけました。
捨て牌はこんな感じ。

九索:麻雀王国東:麻雀王国南:麻雀王国西:麻雀王国中:麻雀王国西:麻雀王国九筒:麻雀王国
四索横:麻雀王国(リーチ)

対する南家の片山さんの手牌がこちら。

片山さん手牌。 

この日の実況に野島卓アナ、解説は古久根英孝プロ小笠原奈央プロだったのですが、このときのやり取りをそのまま掲載しますと。

野島「まあ片山なら間違いなく出ないですね」
古久根「うーん、わかんないですね」
野島うっそデェ!
…あっ!?」


野島アナの某報道番組では見られないフランクなやり取りはともかくwww
片山さんは少しだけ躊躇した後、8索をツモ切り!

ドラ9! 

メンピン一発ドラ1でマンガンという、痛い放銃になりました。

野島「テクニック大王が一発で刺さった!」
古久根「これは片山は雀力が高いがために振り込んだんですね」
野島「?
(ちょっと怪訝そうに)なんで8索を一発で打つと雀力が高いんですか…?」
古久根「(苦笑)」


ここでも「黒野島」が垣間見えて個人的にちょっと面白かったのですが、そんなことをお伝えしたいんじゃなくてw

古久根プロは、4索が出て8索が当たるのは「連続形」(今回のように46から7を引いて出てくる形)か、「テンパイからテンパイの形」(4タンキから8タンキの待ち変えとか)しかないと解説していたのです。

補足すると、終盤になれば愚形からの待ち変えの可能性も高くなってきますので、ソバテンの8索は危険になってきますが、ほとんど一九字牌しか出ていない9巡目の捨て牌です。片山さんの整った手牌から考えても、8索から切ることは無謀でもなんでもないんですよね。

普通の人は発を切ると思うのですが、当たらない保証もないし、仮に当たったらマンガンクラスの可能性が高いわけですから。
そこまで考えての片山さんの放銃ではなかったのかと。

われポンはバラエティ番組としての性格もあるので、歴代の解説者はここまで深い解説をすることはなかったのですが、古久根プロはそこはぶれずに、プロとしての領域から少しレベルを上げた解説をしているところに、ちょっと感心したというか。
もしくは、少しテクニカルな解説をされても、一般視聴者がちゃんと受け入れられるような時代になったということなのかもしれません。

ちなみにこの後。
なんと片山さんは、八光さんからリーチ表2裏8というとんでもない3倍満を和了w

八光さんのアガリ。 

大逆転トップかと思ったら清水アキラさんにまくられてしまい、最初の八光さんへの放銃がやっぱり痛かった…という形になりました。

結局、この後のゲームで、斉木しげるさんが四暗刻をツモるなど展開が二転三転した後、清水さんの優勝となるんですが、この第4ゲームで片山さんがトップなら充分優勝の目もあっただけに、麻雀ってのはつくづく理不尽なゲームだなぁとw 

まあ、いろいろと面白かったので、備忘録がてらブログにチェック。
Twitterはアイドルの話かプロレスの話か飲んでるかばっかりになってきたのでw、麻雀の話がもっとたくさんブログで書けるといいんだけどなぁ。

次のページ>

プロフィール

編集・秋

Author:編集・秋
年齢:昭和44年生まれの49歳。
   織田信長なら天下統一寸前で
   死んでる。
職業:「近代麻雀」等、元(涙)編集
趣味:ギャンブル(競馬・麻雀等)
   プロレス観戦
   ハロプロ・乃木坂46鑑賞
(おいおい、増えちゃったよ)
   ほかいろいろ
貯金:0万(なくなりました…)
ギャンブルの負け金:約1800万(順調に増えてます…)
座右の銘:ワルツにはワルツを、ジルバにはジルバを
(byニック・ボックウインクル)

Twitter

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索