かっぱがれ編集・秋のへっぽこギャンブル日記

基本はギャンブル日記だけど、まあ趣くままにてきとーに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり書いちゃったよ

歴史上に名を残す人物の名言は、いつも心に刺さりますよね。
久しぶりに更新する今日のブログは、そんな名言から始めさせていただきます。

「おいちゃん、それを言っちゃあおしまいよ」(車寅次郎)

歴史…?w

つい先日、AbemaTVで開催されている麻雀駅伝について、ワタクシはこんな発言をさせていただきました。

このツイートに対して、いつものようにたくさんの賛同意見から罵詈雑言までを頂戴したわけなんですが。

まあ、この辺の話の流れに関しては、皆さんで確認してもらうとして。
その後、ある麻雀プロのブログには、麻雀駅伝の内容に関しての記事で、こんなひと言が書かれていました。

「麻雀というのは強者が勝つゲームではない。」

* * * * * * * *

皆さん、どう感じました?

そりゃ、自分だって、麻雀というのはどーしようもない運ゲーだと思います。
どんなに広い待ちだって、たった1枚しか残ってない単騎待ちに負けちゃうことだってあるし。

でもね、麻雀プロが「それを言っちゃあおしまい」なんですよ。
手牌の進め方から、山読み、捨て牌読み、対局者の表情やクセに至るまで、それこそ様々な理論や法則性を引っ張り出して、「運」をコントロールしようと研究を重ねているのが、麻雀プロという人たちです(中にはなんにもしてない人もいるでしょうけど…)。
何のためにそこまでするのかと言えば

…勝ちたいからでしょ?

「強者が勝つゲーム」じゃないんだったら、麻雀は採点競技にしちゃえばいいんですよ。
全選手の牌山を同じにして、どんな手を和了ったかでそれぞれポイントつけて、最終的に一番高い人が勝ちにすればいい。
でも、それって面白いですか? 卓上で4人が、幸運不運をスパイスにして、それぞれの技量で勝利へ向かう姿をファンは見たいんでしょ?

麻雀ファンだったら「ああ、このプロ、今日はツイてなかったな」とか考えてもいい。
100%不可避な役満放銃を「これは悲劇だ」と我が事のように気の毒がっても構わない。
でも、負けた麻雀プロは、どんな時でも「ツイてないんで負けました」って言っちゃいけないんですよ。
百歩下がって、本音はそう思ってても、口に出しちゃ絶対にダメ。なんでですかって?

かっこ悪いからです。

ファンは、対局へ向かう後ろ姿も、勝った後の笑顔も、負けた後のため息も、全部全部見ています。
プロがそこでかっこつけなくて、何がプロなのよ。

* * * * * * * *

麻雀駅伝。
どんなに強かろうが、相手は「アマ」を名乗る方々なんだから、対局する麻雀プロの皆さんには、「アマには負けない」って、もっと目を吊り上げて最終戦に臨んで欲しい。
これだけ危機的状況なのに「いやー、アマの皆様、ホントにお強い♪」とか、プロ側がお世辞を言ってるところなんか見たくないんですよ。

その上で、「287.2P」という差をできる限り詰めて、なんなら大逆転優勝して、ファンの一人でも多く「やっぱり麻雀プロって凄いんだ」ってなればいい。

「さあ、明日はきっとからっと晴れたいい日曜日だぞ」(車寅次郎)

結構毛だらけ、猫牌だらけ。にゃー。


スポンサーサイト

午前2時のマージャン・ユアタイム

​久しぶりに麻雀の話。

先週の金曜夜。
「THEわれめDEポン」片山まさゆき先生が出演されるということで、普段以上にw真剣に視聴していたわけなんですが。

第4ゲームの東1局1本場9巡目。
北家の月亭八光さんが、仮テンからこんなツモ。

一萬:麻雀王国二萬:麻雀王国三萬:麻雀王国六萬:麻雀王国六萬:麻雀王国二筒:麻雀王国三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国六筒:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国四索:麻雀王国六索:麻雀王国 ツモ七索:麻雀王国 ドラ一索:麻雀王国七筒:麻雀王国

当然、4索を切ってリーチをかけました。
捨て牌はこんな感じ。

九索:麻雀王国東:麻雀王国南:麻雀王国西:麻雀王国中:麻雀王国西:麻雀王国九筒:麻雀王国
四索横:麻雀王国(リーチ)

対する南家の片山さんの手牌がこちら。

片山さん手牌。 

この日の実況に野島卓アナ、解説は古久根英孝プロ小笠原奈央プロだったのですが、このときのやり取りをそのまま掲載しますと。

野島「まあ片山なら間違いなく出ないですね」
古久根「うーん、わかんないですね」
野島うっそデェ!
…あっ!?」


野島アナの某報道番組では見られないフランクなやり取りはともかくwww
片山さんは少しだけ躊躇した後、8索をツモ切り!

ドラ9! 

メンピン一発ドラ1でマンガンという、痛い放銃になりました。

野島「テクニック大王が一発で刺さった!」
古久根「これは片山は雀力が高いがために振り込んだんですね」
野島「?
(ちょっと怪訝そうに)なんで8索を一発で打つと雀力が高いんですか…?」
古久根「(苦笑)」


ここでも「黒野島」が垣間見えて個人的にちょっと面白かったのですが、そんなことをお伝えしたいんじゃなくてw

古久根プロは、4索が出て8索が当たるのは「連続形」(今回のように46から7を引いて出てくる形)か、「テンパイからテンパイの形」(4タンキから8タンキの待ち変えとか)しかないと解説していたのです。

補足すると、終盤になれば愚形からの待ち変えの可能性も高くなってきますので、ソバテンの8索は危険になってきますが、ほとんど一九字牌しか出ていない9巡目の捨て牌です。片山さんの整った手牌から考えても、8索から切ることは無謀でもなんでもないんですよね。

普通の人は発を切ると思うのですが、当たらない保証もないし、仮に当たったらマンガンクラスの可能性が高いわけですから。
そこまで考えての片山さんの放銃ではなかったのかと。

われポンはバラエティ番組としての性格もあるので、歴代の解説者はここまで深い解説をすることはなかったのですが、古久根プロはそこはぶれずに、プロとしての領域から少しレベルを上げた解説をしているところに、ちょっと感心したというか。
もしくは、少しテクニカルな解説をされても、一般視聴者がちゃんと受け入れられるような時代になったということなのかもしれません。

ちなみにこの後。
なんと片山さんは、八光さんからリーチ表2裏8というとんでもない3倍満を和了w

八光さんのアガリ。 

大逆転トップかと思ったら清水アキラさんにまくられてしまい、最初の八光さんへの放銃がやっぱり痛かった…という形になりました。

結局、この後のゲームで、斉木しげるさんが四暗刻をツモるなど展開が二転三転した後、清水さんの優勝となるんですが、この第4ゲームで片山さんがトップなら充分優勝の目もあっただけに、麻雀ってのはつくづく理不尽なゲームだなぁとw 

まあ、いろいろと面白かったので、備忘録がてらブログにチェック。
Twitterはアイドルの話かプロレスの話か飲んでるかばっかりになってきたのでw、麻雀の話がもっとたくさんブログで書けるといいんだけどなぁ。

「かっこいい」プロへ

12月29日に「近代麻雀」の最新号で結果も掲載されたことですし、年末ギリギリですが、「麻雀最強戦」のお話を。

編集部から離れてここ数年、自分は最強戦にはスタッフではなく見学しかしていなかったのですが、今年は新橋のバー「カミカゼハウス」からのライブビューイングで、無理やりスタッフをさせられることになりました。一週間前ですよ、おっかさんw






(最強戦ガールの高橋侑希プロと優月みかプロもあの時はありがとうございました!)

ずいぶん急な催しだった割には、約20名近くお越しいただいて、冗談抜きで盛況でした。
もっと連載中の作家さんや麻雀プロのサイン会やトークライブ、原画展示とかもやっちゃってイベントとして開催したら、もう少し人が集まりそうなんだけどなぁ。
ま、その辺は、カネポンに来年もうちょっとがんばってもらうこととして。

とにかく、最強戦の決勝は本当に面白かったです。
今世紀最高とまでいっていい内容だったのではないでしょうか。

特に感銘を受けたのは、最後の多井隆晴プロのインタビュー。

「麻雀プロとして恥ずかしい負け方だけはしたくなかったんで、ただオリてるだけじゃダメだと…。ドラの北を止めたって、リーヅモドラドラでツモられたらマクられちゃうから…」

詳細は忘れてしまいましたが、確かこんな内容だったと思います。

そうなんです。
麻雀プロに求められるのは、ただ勝つことだけじゃない。
「かっこいい」ことなんです。

野球でもサッカーでも格闘技でもいい。
プロがプロとしてたりえるのは、人を魅せること。

個人的に、今回の多井プロのオーラスの選択は決して間違ってなかったと思うんです。
「自分でアガる」と決意したからには、ドラの北は重ならいうちに、ファン牌よりも早めに切るのは正解だし。

で、そのあとに近藤プロの当たり牌を持ってきてビタ止めしたのが素晴らしいんです。

「自分でアガリ切る」ことを選択したなら、たとえ当たり牌であろうとも切らなければいけないはず。
だけど、あの④ピンは切らなかった。なぜか?

それは、多井プロが場況を読んだからです。
捨て牌を読んで、当たり牌だと100%わかっているのにその牌を打つのは、やはり「麻雀プロ」としておかしい。

アガリ切ろうとする勇気、当たり牌を止めた読み。
いずれも超一流の麻雀プロとして、多井プロの魅力をいかんなく発揮した一局だったと思います。

誰もが強いと認めてるのに、最強戦だけは勝てない――。
今回の多井プロの姿に、多井プロ自身の師匠筋にあたる故・安藤満プロを自分は思い出しました。
安藤プロはとうとう最後まで最強位の座に就くことはできませんでしたが、多井プロなら近いうちに獲得してくれるんではないかと。

ライブビューイングの会場でも、決勝終了後、何人かの観客が感動して泣いていました。
優勝した近藤プロ、惜敗した多井プロ、それに最後まで見せ場を作った勝又プロと角谷プロ。
とにかく、ドラマの見える闘牌は本当に「かっこいい」。そう思いました。

* * * * * * * *

んー、時間がなくてちゃんと書けないのが残念。
でも今年中にこのことは書いておきたかった。

とりあえず、明日もブログは更新しまっす。
ばいばいきーん。


8月のシビビーン狂詩曲(3)

中断してしばらく経ってしまいましたが、実はまだ夏の話で書いてない事があったという…まあ、「乃木坂工事中」もこの間まで「夏休みの課題」を放送していたし、ここはひとつ許してもらおうじゃないか(誰にだ)。

8月の思い出。続き。

<8月25日>
「もしもし、こんにちは。麻雀を打ちましょう」

携帯電話の向こう側からでもニヤニヤしているのがわかるこの電話の主は、ご存じ尾沢工房さん。
いつも夏と年末になると奥さんが子供を連れて里帰りするので、この機会を逃さず麻雀の誘いで電話をかけてくるのですw
それこそ尾沢さんが独身の頃は、毎週何回も会社近辺で打ってましたけどねー。

そんなわけで、ライアンBんか社のN永さんといういつものメンツを呼んで、レッツ麻雀。
といっても、このメンツなんで、打つのはサンマだけど。4人でもサンマです。一人抜けサンマ。

サンマのルールは先日ブログに記載した通りなんですが、4人の場合は、その局で放銃したか、ツモった人の下家が一局抜ける形になります。

打ってる際の尾沢さんとライアン。 

写真の距離が妙に近いのも、抜け番中に暇つぶしに撮影していたわけでw

この一人抜けルールだとサンマ特有の「流れ」が少し歪むので、ガチで打ちたい人はちょっと嫌がるんですが、個人的には好きだったりします。
抜け番中に上家や下家の手牌を見て、あーだこーだ言ったりするのも楽しいんですよね。
サンマならではのアバウトさがさらに加速するというか。

で、雀荘に着いて、いつものように和気あいあいと罵りあいながらサンマを打ち始めたのですが…。

どうも使っている自動卓の調子がおかしい。
牌山が上がって来る度に、なぜか前局で使用した色の牌が何枚か混ざってくるんです。

みんなで不思議がりながら数局打っていたところ――。

秋「ツモぉぉぉッ!」

スーアンコー!

やーりました。どさくさにまぎれて、まさかの四暗刻和了!

「あーーんっ!?」

いっせいに、顔をひきつらせる他のメンツ。

「おまえ、やりやがったな!?」
「ちょっとこの卓おかしいぞ、チェックだチェック!」


自分の珍しいトップをきっかけに、いよいよおかしい卓の中身をチェックすることに。
すると…。

なんと、自動卓に入っていた2セットの麻雀牌両方に、黒5筒4枚と赤5筒1枚が混ざっていたことが判明!

枚数が1枚多いことで前局で山に詰まれなかった牌が1枚残っている状態となり、局を進めるたびにその牌が1枚、2枚と混ざっていた…というわけです。

「ほら秋、やっぱりやりやがてたじゃねえか!」

ちっがーう!w ボクの四暗刻の牌姿に5筒はないでしょ!?
おそらく、お店の人が赤牌を混ぜる時に間違えて入れてしまったんでしょうねぇ…。

と、いうわけで、この疑惑の四暗刻が効いて、この日は珍しく自分が勝ち頭という結果に。
そのまま勝ち分は、尾沢さんに借りている借金の支払いに消えていきました…。

…って、あと5万Gあるけどな!w


<8月28日>
この日は、毎年恒例の「骨髄バンクチャリティー麻雀大会2016」に参加してきました。

毎回、このブログでも説明していますが…。

このイベントは、かつて白血病を患い、骨髄移植によって生還したルーラー山口プロと、その山口さんの意思に感銘を受けた二階堂瑠美プロの二人が中心となって開催されている、麻雀界でも数少ないチャリティー麻雀大会だったりします。

自分は今回時間の都合で、以前やはり白血病の患者でこの大会に協力している宮城順さんとペアで参加の形になったのですが、さて1回戦。

親につき、ヘダラなカン四萬ドラ待ちのリーチをしたところ、下家が追いかけリーチをしてきました。
ほー、この親リーチに歯向かってくるとは。よーし、目にモノ見せてくれる…

下家「ツモぉぉぉッ!」

え?え?え?

あらーっ!?  

なんと、まさかの四暗刻和了!

…って、あれ~!?

まさか四暗刻ツモった3日後に、今度は自分が四暗刻をツモられる立場になろうとは。
しかも親っかぶりですよ、おっかさん。

初っ端からこれが響いて、結局88人(組)中64位という冴えない結果に。
なんだか、ここ数年、大会の個人成績でロクな結果を残せてない気が…。

 ミーハー的に一緒に写真をばw
 
まあ、楽しかったからいいかw



大会の模様は上記サイトをご覧くださいませ。

あー、ようやく更新できてホッとしたw
明日から、またちょこちょこ更新…できたらいいなぁ。

やめよう、酔いどれツイート

さてさて。
Twitterでプチ炎上したので、ちょっとブログでまとめます。

Twitterを見てない人に説明しますと。
「第1回麻雀プロ団体日本一決定戦」の最終節が25日に開催され、プロ麻雀連盟が優勝しました。
で、それ以外の団体に対して、酔った勢いで感情のままスパイシーに批判したツイートを投稿したところ、様々な方からご意見を頂戴したという…。

とりあえず一度、あの酔っ払いツイートは削除します。
後述しますが、事実と違うこともあったようで、ヒドいことも書きすぎましたね。本当にごめんなさい。
その上で、改めて感想を述べさせてください。

* * * * * * * * *

えー、まず先に言っておきますが、自分は固有の団体を贔屓にしているということはありません。以前の編集部時代からのおつきあいで色んな団体のプロの方も見知っていますし、最近は特にニュートラルな見方をしているつもりです。
(「連盟の犬」とか言われてビックリしましたよ。自分がそんなスタンスじゃないのは関係者の皆さんも知ってると思うけど)

で、そうやって最近の麻雀界を眺めた時、ファンの皆さんが思ったように、「第1回麻雀プロ団体日本一決定戦」はやはりここ数年で一番注目されたイベントだったと思うわけです。
なんたって、今までこういった団体対抗戦的なイベントからは背を向けていたプロ麻雀連盟が、ついに正面向いてその土俵へと上がったわけですから。しかも森山茂和会長からの「最下位になったら自分は会長を辞める」という公約までつけて。
(参加するまでの胸中に関しては、森山茂和会長が9月1日売りの『近代麻雀』でも語っていましたね)

「自団体に対するプライド」だけじゃなくて、強烈な「他団体に対する挑発」。
格闘技の試合前のようなリップサービスだったにしろ、他団体の人間には思うところもあったはずです。

事実、第二節までは連盟にリードを許すものも、第三節では最高位戦と協会が僅差で逆転。
諸々あって多数いるはずの「アンチ連盟」ファンも、ここまでは溜飲が下がる展開だったことでしょう。

そんな最終節が行われる前日の24日。
自分のTLで、連盟以外の麻雀プロからあるツイートが流れてきました。

どこかの居酒屋で宴会中と思しき多くのプロらと演説をする某プロの写真。
「○○(団体名)が勝つに決まってるだろ!」の一文。
そして、それを喜んでRTしている、皆さんのツイート――。

(さすがに団体名は秘しますが)

正直、かなりガッカリしました。
だって、お互いのプライドを賭けて激突する大一番の前日ですよ?

あとから知ったのですが、どうやらこのツイート自体が流れたのは数日前だったらしく、そのRTが前日だったってことで、この辺はちょっと事実と違うツイートをしてしまい、そこは大変大変申し訳なく、お詫びさせていただきたいのですが。

ただ、真剣勝負の前日に、勘違いされるような酒席の無用な煽りをツイートする必要ってありましたか?
「団体愛に満ちてる自分たち」を演出したかったのかもしれませんが、公式なインタビューの席での進退を賭けた発言と比べたら、あまりにも差がありすぎる。

しかも、それで勝つならまだしも、最後は連盟からの逆襲に遭って優勝を許しちゃうわけでしょ???

対局だけ見ていたら大きな差はなかったのかもしれません。個人的には、一度もマイナス領域に落ちることがなく180P近く離しての優勝というのは、やっぱり「力の差が違うのかも」って考えちゃうんですが、そこはいろいろ意見があるみたいなんで、とりあえずおいておくとして。
(ただ、「たかが100ゲームくらいの結果で」って意見も見たけど、それを言ったら全麻雀団体のタイトル戦を否定することになっちゃわないかしら?)

あんなツイートじゃ信じてもらえないでしょうが、要は「対局の内容」よりも「対局に臨むプロの姿勢」についてひとこと言いたかったわけなんです。
(だいたい、文句を言うほどの技量もないのは、誌面でもご存知の通りでw)

「連盟vs天鳳位」という企画が注目を浴びているように、ただでさえ麻雀プロの「強さ」に対して、ネット上で疑問を投げかけられている現状ですよ。
別に今回のことだけじゃないし、どの団体にも当てはまることだけど、「品位」と「姿勢」まで失っちゃったら、「麻雀プロ」としてあとは何を売るんですか。

だから、このままみんなシャンシャンで「いい対局だったね」と済ませたくはなかったんですよね。意地悪だと思いますが、ちょっと煽ってやりたかった(「育成方法をイチから考え直せ」とか、「強くなろうと思う人は連盟に移籍しちゃうよ」とか、書きすぎだったと反省しますが…)。

今回の対抗戦、対局の内容を反省したり、研究したりするだけで十分なのか?と。

せっかくAbemaTVさんが作ってくれた晴れ舞台じゃないですか。
こうやって好意的に取り上げてくれるメディアがある今こそ、各団体はこの団体対抗戦を経てどうやって世間にアピールするかを考えなくっちゃいけなかったわけで。
同じような団体しかないのなら、ホント統一しちゃえばいいんです。
(できないのは重々承知だけど)

プロ団体に所属する選手は、麻雀の技術だけじゃなく、一般社会やファンから「どう見られるか」を考え、プロの矜持をもっと真剣に持って欲しいと思います。上の人から下の人まで、周知徹底で。

もしプロ連盟側で同じようなツイートを前日に見つけていて、結果も負けていたら、きっと今回と同じようなツイートを投稿していたと思いますよ。

* * * * * * * * *

まあ、チョモランマから日本海溝を見るかのごとくの上から目線だし、「てめえこそ酔っ払ってツイートしていて品位とか何抜かす」とごもっともなご意見もあると思いますが、それを言っちゃうと問題提起ができなくなるので、ここでは豪快に自分のことを棚に上げさせていただきましたm(_ _)m

ただ、ちょっとお騒がせさせすぎましたね。間違いもありましたし。
改めて関係者の皆さんにはお詫びさせていただきます。

大変申し訳ありませんでした。


次のページ>

プロフィール

編集・秋

Author:編集・秋
年齢:昭和44年生まれの48歳。AKI48。
職業:麻雀漫画誌「近代麻雀」等、元(涙)編集
趣味:ギャンブル(競馬・麻雀等)
   プロレス観戦
   ハロプロ・乃木坂46鑑賞
(おいおい、増えちゃったよ)
   ほかいろいろ
貯金:0万(なくなりました…)
ギャンブルの負け金:約1800万(順調に増えてます…)
座右の銘:ワルツにはワルツを、ジルバにはジルバを
(byニック・ボックウインクル)

Twitter

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。