かっぱがれ編集・秋のへっぽこギャンブル日記

基本はギャンブル日記だけど、まあ趣くままにてきとーに。

JIN-仁-

◆マゲ結った田口浩正はサッカー解説の松木に似て蝶

TBS系 日曜劇場「JIN-仁-」オリジナル・サウンドトラックもともとボクは「仁」が大好きでして。

自分の立場にかこつけて、オキニの教え子にえこひいき。
その上、徹底的なスパルタコーチで鍛え上げて、ついには日本代表選手にまで育て上げちゃうという、この独善的な熱血さ。なんですか、この光源氏ぶりはw

しかも、最後は勝手に不治の病にかかって死んじゃうし。

ラストシーンの「かあさん、また岡の奴がかけてきたよ…」がまた泣かせるよなぁ。
コーチの死も知らずに飛行機に騎乗した岡、飛び去る飛行機にエンディングがかぶさって、最後は野沢那智の声で「岡!エースをねらえ!」…これぞ出崎統演出って感じで…。


しまったぁ、こりゃ「南方仁」じゃなくて「宗方仁」やったぁ~!!(同案多数)。


おそらく本年度ナンバーワンといっていいTVドラマ「JIN-仁-」。
もともと原作マンガからして裏人気があったわけで、ある意味このブレイクぶりもわからなくもないのですが。 


実は私、ホントは医療系ドラマというものが好きではないんですね。

「命」というテーマは、もともとドラマの題材になりやすいものです。
極論を言えば、人が亡くなるシーンや、亡くなる人を助けようとするシーンで盛り上げられないくらいなら、もうドラマの演出家なんてやめちゃえよ、と。

ただ、最近のドラマというのは、「人の生き死にでお涙ちょうだい」という安直な企画や演出が多く見受けられ、その中でも「医療系ドラマ」というのは、まさに安直な企画力の権化だと思うんですな。
(だから、「コードブルー」とか見る気がしないんですよ。名作らしいけど)


しかし、この「JIN-仁-」というドラマは、そういった「医療系ドラマ」とは言い切れない要素が多くあります。

「もし現代の医者が幕末にタイムスリップしたらどこまで通用するか?」…そんな素朴なギモンに答えるように、幕末の江戸を舞台にした市井の人々に、現代の医療技術が施されていく痛快さ。

恋人への手術の失敗から、完全に挫折していた宗方仁という脳外科医が、江戸時代でスーパードクターとして復活を遂げる再生劇。

坂本龍馬、緒方洪庵といった歴史上の人物との交流という「大河ドラマ」的な見どころ。

うふふ、それにロケット巨乳ながら最近こけた頬のラインがちょっと気になる俺の嫁・綾瀬はるかちゃんや、昔坂本教授プロデュースでCDを出したことがある(どーでもいいが、昔、俺買ったw)中谷美紀さまと、主人公の仁との決して報われることがないラブストーリー。

そしてもっとも大切なのは、「なぜ仁が幕末にタイムスリップしたのか?」という、視聴者を惹きつけるミステリー要素。
これをキッチリと軸にしてドラマを構成しているからこその高視聴率であることは間違いないでしょう。


また、このドラマが「ハマった」要素として、やはり制作キャストに恵まれた部分が大きかったと思います。
なんといってもプロデュースが、あの「世界の中心で、愛をさけぶ」「白夜行」「MR.BRAIN」を手がけた石丸彰彦ですから。
(これを“「ドールハウス」「Stand Up!!」を手がけた”というと何の説得力も失っちゃうんですがw)
脚本も同じ森下佳子だし。

主人公自身によるナレーションとか、スローモーションシーンの多用、BGMがかかる絶妙なタイミングなど、良質なドラマ演出のできるスタッフが今回の製作に当たっていたことがまず幸運だったのではないかと。

また、その制作スタッフの流れで、「白夜行」に出演した俳優さんが多くいたりするのも、個人的にはプラス材料です。
(綾瀬はるか、武田鉄矢、小出恵介、麻生祐未…)
低視聴率で難儀した「白夜行」のリベンジができた形となったのが、ファンとしては嬉しかったり。

そしてそして、以前から大プッシュしていた内野聖陽という大怪優が、この石丸チームに合流したのがまた素晴らしい。
もはやこのキャスティングの時点で「JIN-仁-」というドラマの大成功は約束されたものだったと思うし、期待にたがわぬ内野のワイルドな熱演ぶりは、定型化されていた坂本龍馬というキャラ造形に一石を投じたといっても過言ではないでしょう。
そこかしこで見る「これは『龍馬伝』のあてつけじゃないか!?」という意見も思わず納得w


まあ、実際のルックスとしては、坂本龍馬は小日向文世が演じるべきで、内野は勝海舟だと思いますけどね。

091218_2.jpg   091218_1.jpg

ほらw


まあとにかく。
正直言うと、第2話のコロリ騒ぎのエンディングあたりが最もハイテンションで、その後少しパワーダウンしてるような気もするんだけど、最終回に期待しております。



あと、心残りなのは、同じ「白夜行」に出ていた渡部篤郎が出演していないことだけど、まあ国営放送の外事で警察しちゃってて、そこであいかわらず濃いぃ演技をしとるみたいなんで、それはそれでよしw


スポンサーサイト

坂の上の雲

◆とびますとびます…それは坂上二郎

NHKスペシャルドラマ 「坂の上の雲」 オリジナル・サウンドトラックNHKスペシャルドラマ
「坂の上の雲」
オリジナル・サウンドトラック

(2009/11/18)
久石譲
サラ・ブライトマン
商品詳細を見る

いや~、ホント久しぶりに見ますTVドラマ。
 
ホントは「JIN-仁-」を見たくて見たくて仕方ないんだけど、第1話を見逃して、タイミングを逸しちゃったのよぉ。
これは後でアレして見ようと思ってるんで、それはまた次の機会として。
 
今回はその「JIN-仁-」の裏番組となる坂上田村麻呂のお話を…。
ダミー(以下D)「それじゃ蝦夷を征伐しちゃうだろ!」
 
うーん、高尚。(どこがだよ)

 
さて、そんなブロスなネタをほざいてからで説得力もありませんがw、私はあまり「司馬史観」というものについて信用しておりません。
 
一部の学者が言うように、司馬遼太郎という大家とはいえ、結局は歴史研究家というより小説家の類であり、読み物(エンターテイナー)として、作品には何がしかの創作や演出が含まれているわけで。
 
別にシバリョーだからというわけじゃなくて、過去を振り返ればみんなそう。
歴史というのは勝者がこしらえてきた事実の記録(しかもウソや脚色もありw)でしかなく、実は教科書に書いてあるはずの歴史も虚構のものが数知れずあります。
(江戸時代に書かれた講談物が、そのまま日本の歴史として受け継がれていたりとか。長篠の戦いの三段連射も、実はスポコンマンガの「秘密兵器」的演出にすぎないわけでw)
 
つまり、生業として物書きをしている以上、「面白いと思って書いただけだから、サーセンw」な部分もホントはあるわけで、読む方も「んなこたぁないwwwww」と構えておけばいいんじゃないかしらと。
 
一方的な「司馬史観」への盲信は、単なる思考停止にすぎない。まず、疑えと。
歴史は、受け取る側の知性も求められるんです。
 
まあ、受け取った側の曲解が巡りめぐって、歴女ブームが来てる一面もあるわけですがw
これが、現代の知性の「限界」なのか。ああ、天地人(失笑)。
 
 
…とまあ、ここまで最初から先入観バリバリで、坂上忍…じゃなかった、「坂の上の雲」(もーいい)を鑑賞したわけで、ロクな感慨が沸くはずもないんですがw
 

でも、いいドラマだと思います。
 

日本という国家の成り立ちうんぬんではなく、秋山兄弟と正岡子規の青春群像ドラマとして焦点を絞ったところに、脚本家の苦労が偲ばれるというか。
扱いが難しい明治モノのドラマとして、まずは及第点なんではないかと(お前何様だw)。
 
だいたい、渡辺謙のナレーションと、久石譲のBGMだけで、もうなんか「大作」って感じで、やられるんだよなぁw
 

でも3年がかりってのは無駄にスケールデカすぎ。
最後の香川照リンの焼き土下座まで待てませーん。
 
D「そりゃ映画版カイジの利根川役だろ!しかも映画じゃ焼き土下座してねーし!」
 
 
 




鬼平犯科帳スペシャル~天引の文五郎~

◆日本一名前にギャップがある俳優、それは沼田爆(爆)

鬼平犯科帳スペシャル 一本眉 [DVD]鬼平犯科帳スペシャル 一本眉 [DVD]
(2008/11/14)
中村吉右衛門
多岐川裕美

商品詳細を見る
時系列がまったく違っていてすいやせん。HDDレコーダーに録画しておいた番組を、今ごろになって見たもんで…。


この「鬼平犯科張」スペシャル。
最近は、そのクオリティの高さとともに、中村吉右衛門や梶芽衣子の老けっぷり…おっとと、アラウンド60、略してアラシー世代の俳優さんの大活躍ぶりが堪能できる、実に奥深いユーアーマイソウルな時代劇だったり。

…はっ!?
もしかして、実はドラマを通して、高齢化社会が抱える構造問題までも裏テーマとして提起しているとか!?
(いい加減怒られるぞw)。


冗談はさておき、前回の「引き込み女」には思わず声を上げて泣いた私ですが、今回はというと…う~ん、55点くらい?


まず、今回はゲストのミスキャスティングが痛い。

伊東“ベンジャミン”四朗の往年の「見ごろ!食べごろ!笑いごろ!」を思い出す過多なコント芝居と、カキクケコ…じゃなかった賀来千賀子の「もう~慌てんぼさんなんだから☆」的な狂乱のバタつき演技は、ともかくとして。

こりゃ、さすがの小松政夫じゃなくても、ヒジリキホッキョッキョだったんじゃないかと。 (意味不明)


じゃあ、抑え目な好演が光る國村準が良かったかというと、それも違うような気がするんですな。


鬼平に捕縛されるものの、その鮮やかな仕事ぶりが買われ、密偵になることを条件に死罪を免れた天引の文五郎(國村準)。
しかし、かつて留守中に亡くなった妻の供養をしてくれた犬神の権三郎(田中健)がつかまると、その恩義に報いるべくあっさりと平蔵を裏切り、権三郎が囚われていた牢を放火して救出する。
だが、文五郎との仕事で分け前をネコババしたことがバレたと誤解した権三郎は、逆に文五郎を殺すために多くの刺客を雇い始める…。



筋立てを考えれば、文五郎のバカがつくほどの実直ぶりを、これでもか、これでもかとアピールしなければいけないはずだと思うんですよ。

ところが、その文五郎を演じたのが、善玉も悪役もそつなくこなせる國村準だったため、いったい文五郎が「外道仕事をしない一本筋の通った盗賊」なのか「権三郎と鬼平をペテンにかけた大悪党」なのか、見ていて混乱してしまう。

わざと文五郎をいい奴か悪い奴かをぼやかして、視聴者の興味を掻き立てるような演出は、こういった「善人の盗賊たちが、ほんの小さなほころびから崩壊へと向かう悲劇」を描くにあたっては、蛇足というか、ドラマをミスリードして台無しにする恐れがあるんじゃないかと。欲張んなよなぁ、とw


あと、ラストシーンも中途半端というか。

こういう救いのないドラマの後は、なにげない平蔵と久栄の談笑シーンや忠吾の大ボケシーンで中和する必要があると思うんですね。

例えば…。



事件発生前の牢破りで平蔵を陰で散々なじっていたこともどこへやら、酒井と平蔵の前で、おべんちゃらを使いまくる忠吾。

忠吾「…いやぁ、この度の親方様の推理、さすがでございますな。この木村忠吾、感服仕りました次第でございますっ!」

思わず「プッ」と吹き出す平蔵。

平蔵「おい、ウサ。お前みたいに世渡り上手だったらよぉ、権三も文五郎も、死なずには済んだろう、よ」

なにを言っているのか、理解できない忠吾。

忠吾「へ? …は、確かに、私のように清廉潔白な身であれば、二人とも盗賊などせずに生きていけたでしょうが…同情いたしますなぁ…」

一瞬、酒井と向き合うや、ついに我慢できずにガハハハと笑い出す平蔵。キョトンとする忠吾。
笑いとともにインサートされるエンディング、名曲「インスピレイション」…。



はい、妄想終わり(恥)。

まあ、そんな意見もありますよ、と。


あと、古田求とあろう人が、安倍徹郎の名脚本2作を1本にするにあたり、あんなつなぎ目がはっきりとするようなお話にしてしまったことが、ちょっと腑に落ちなかったり。

彦蔵が斬られてしばらく、ドラマの盛り上がりを欠いたのは、脚本のせいなのか、演出のせいなのか、はたまた監督のせいなのか…。



まあ、良質でホントに好きな時代劇だけに、そんな細かいところでさえ気にしてしまうのは、マニアのめんどくさい性だったりするんですけどね。



…あ、尾美としのりの老けなさは異常(もうほっとけよw)。


追悼・山田辰夫

●「アクの強い役者」の対義語

必殺仕事人2009 DVD-BOX 上巻 [DVD]必殺仕事人2009 DVD-BOX 上巻 [DVD]
(2009/06/17)
東山紀之
松岡昌宏

商品詳細を見る

えー、山田辰夫亡くなったのか…。

ボクにとっては、「必殺仕事人2009」の第1話で山田辰夫の名をキャストに見つけて、「おー、朝日放送本気じゃん」と思ったくらいのステータス。
(ただ、被害者の親父ってキャストにはめちゃくちゃ不満だったけどw)

最初に山田辰夫を見たのは、代表作として今回のニュースでも取り上げられている「狂い咲きサンダーロード」…ではなくて、あの主人公の吉川晃司が田舎から東京湾まで泳いで上京するという、怪作「すかんぴんウォーク」でしたw

それも、「うる星やつら2・ビューティフルドリーマー」の同時上映だったから見ただけだったという…。
(当時のオタクならわかるはずだ!)

ただ、そんなかませ犬作品だったにもかかわらず(確かデビュー仕立ての吉川を売り出すために作られたはず)、弾けたハイテンション演技で主役の吉川を確実に食っていたのが、この山田辰夫でした。
 (あと、エロくて妖艶だった鹿取容子の佇まいにも、当時中2のボクはオギオギしてましたがw)


その後、出自からして、バタついたチンピラ役とか悪役とかをしそうだったのに、水谷豊のように声量を落として、理知的でありつつも感情あふれるようなハートフルおじさんを演じるだけの演技力を身につけたのは、やっぱり本人の努力のたまものだったのだろうと。

浮わついたドラマであっても、この人が画面にいるだけで「ビシッ」とした作品になっていました。

「すかんぴんウォーク」のころのアクの強さとはちょっと違う。

むしろ、なんというか、ドラマという料理の味を調える塩こしょうのような役割の俳優に成長していた気がします。


あと10年長生きできていれば、もっと名優としての評価が上げられたと思うのだけど…。
残念だなぁ。

合掌。



ちなみに、長渕作品の出演や、ヤンキー系から脱却していった俳優ってことで、哀川翔とイメージがダブるんですが、哀川は演技力でずいぶん差をつけられてましたな。

…巨大なお世話かw




ザ・クイズショウ(土曜9時ver.)

●クイズ・このドラマは面白いのか?

ザ・クイズショウ DVD-BOXザ・クイズショウ DVD-BOX
(2008/10/22)
片桐仁
戸次重幸

商品詳細を見る

本家とは違い、更新頻度がどんどん落ち込んでいるこのブログ。

うーん、といっても、ロクに最近レビューするようなものを見ていないし(「必殺」に関してはモーレツに書きたいことがあるんだがw)。

…ってな状況の中、「あややが出てる」というだけの、一転の曇りもないハロプロファンとして視聴に及んだ「ザ・クイズショウ」。

いつものごとく、原作も読んでいなければ夜中の番組も見ていない若輩者ではございますが、感想を言わせてもらえるならば。 


いらない要素付け加えすぎじゃないの…?


例えるなら、美味しいシャケが入ったおにぎりを、チョコレートフォンデュでコーティングして、さらにコンペイトウとのりたまをまぶしてぶっかけて、しまいにゃチョコポッキーとかさしてデコレーションしちゃって、とどめにタコ足ウインナーとイチゴをのっけちゃったような、そんなゲバゲバ料理。


まず、この類のドラマなら、最初は番組スタッフの伏線なんていらないんじゃないかと。
ドラマ冒頭からクイズ番組の体裁で始めて、司会者と回答者の二人の攻防を中心にシーンを組み立てていった方が、展開的にもすっきりすると思うんだよね。

裏で番組スタッフが放送するしないでゴタゴタしてるところとか、余計な演出が過多だから、メインの駆け引きにのめり込めないんですな。

真矢みきが裏側でキャーキャー、泉谷がしたり顔でニヤニヤ、あややが甲高い声で「安藤サーン!」…なんかしらんが欲張りすぎなんだって。
伏線張るのは、このドラマのパターンが落ち着いてからで十分。

だいたい、ありえへん∞がZEROを激しく罵倒するラストシーンとか…あれみて、「うわっ、桜井クンの正体ってホントはなんなの!?ドキドキ233」とか、「横山クンってホントは何企んでるのかしら、キャッ80」って、なるのか!? なるのかぁ!?


で、ジャニ俳優に関して、なるべくトータルな視点で見ようと思う私でも、今回は明らかにミスキャスト。
二人舞台にも似た、俳優vs俳優の演技合戦のようなこのシチューエションでは、桜井くんの力量不足が目立って見えるんですな。
「仕事人2009」のように、ゲストキャストがしょっぱい主演陣を支えるようなストーリー構成であれば、気にもならないんだろうけど。

観客を煽る桜井くんの、あのわざとらしい安藤コールときたら…。

あの司会者には、それこそ篠井英介がキャスティングされていたら、印象も全然違ったんだろうケド。
ゴールデンでそんなのムリだって知ってますけどね。

こうなってくると、この不況だし、「単一セットでできるドラマが欲しいんで、そこそこだけど評判がよかった深夜ドラマをゴールデンに昇格させたんじゃねーの?」とか訝ってしまう。


深夜向けの渋いドラマを、無理矢理ジャニ要素や豪華キャストであてがって、ゴールデン向けに飾り付けたイミテーションドラマ。

…なんか、いろんな意味で不幸だと思います。




次のページ>

プロフィール

編集・秋

Author:編集・秋
年齢:昭和44年生まれの47歳。
   忠義もへったくそもない一人四十七士(意味不明)
職業:麻雀漫画誌「近代麻雀」等、元(涙)編集
趣味:ギャンブル(競馬・麻雀等)
   プロレス観戦
   ハロプロ・乃木坂46鑑賞
(おいおい、増えちゃったよ)
   ほかいろいろ
貯金:0万(なくなりました…)
ギャンブルの負け金:約1800万(順調に増えてます…)
座右の銘:ワルツにはワルツを、ジルバにはジルバを
(byニック・ボックウインクル)

Twitter

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索