かっぱがれ編集・秋のへっぽこギャンブル日記

基本はギャンブル日記だけど、まあ趣くままにてきとーに。

魔法を封じるルメールマジック



そんなわけで。

またもや勝ち馬が逆神予想の方ということで、逆張りの皆さんおめでとうございますw

とはいえ、Twitterでは言い訳しておいたんだけど、レイデオロを切った理由はあくまでも「割に合わない」というところで、これが4番人気くらいなら本命にもしてたかもしれないなぁと。
要はヘソ曲がりなんですなw

それにしても、今日のルメールは本当に神がかり。
ダービーはスタートしてスローペースと見るや、ライバルを向こうに回してひとり先団まで位置どりを上げ、直線で後続勢のスワーヴリチャードとアドミラブルをねじ伏せる強い競馬。

馬の能力を信じてなければできない芸当だし、だいたい、皐月賞で上がりタイム2位の馬ですよ? デビュー戦では先行してたけど、この大一番での作戦変更にはかなりのリスクがあったはず。

もし、他馬と同様にヨーイドンの競馬をしていたら、2,3着馬と比べてキレ負けしていた可能性もあります。
馬の自在性を信じて、レースの流れを読み、あえてギャンブルに踏み切ったルメールの判断には、馬券でしこたま負けて噛み切ろうとした舌を巻きました。巻きすぎて窒息死しそうになりました(もはや何を言おうとしてるかわからないw)。

そしておまけといったら失礼だけど目黒記念。
今度は逆にメイショウカドマツが作るハイペースにもあわてず中団後ろを進み、仕掛けも焦らず、直線半ば過ぎて坂を登るところで外に出し、そこから一気に追ってヴォルシェーヴを差し切るという、好対照の勝ち方で一日2重賞制覇とかとんでもなさすぎる。

「ルメール、遠慮なしかよ…」

隣で吐き捨てるかのように帰った若者二人組がなかなかのインパクトでした。
グチるな青年、わしゃ、ボウズじゃ!w

そんなわけで、競馬ロマンがいつものように地獄の一日と変わる夕暮れ。
今日も酒を飲んで、すべてを忘れようと思います…。







スポンサーサイト

おっとりシンデレラストーリー

ダービーにはドラマがある。

だからこのレースだけは、予想がストイックになるというか、真摯に向き合う自分がいるわけだけど。

とはいえ、今年のダービーはどうも趣きが異なる気がして。

まずなんといっても、今年の3歳馬のレベルが低い。
ここに至るまでの重賞戦線において、主役がいつまで経っても現れない。弱小チームの日替わりヒーローとでもいうのか、昨年でいうと、デビュー後からその大物感が評判になっていたサトノダイヤモンドやメジャーエンブレム級の馬がいない。

そんな状況下で、明白に「これは凄い」というレースは2つだけだったと思うわけで。
それが皐月賞と青葉賞。

単純にタイムが段違い。今年開催された重賞は例年に比べてみんなタイムが遅いのに、この2レースだけはレースレコードを叩き出してるわけだから。

その中でも、青葉賞はケタ違い。
最後方から4角あたりで大外から前団に取り付くというイリーガルな競馬で、ぶっちぎりのレースレコードというのは相当強いはずなのだ。
正直、この低レベルな3歳勢の中でこれだけの強さを見せつけたというのに、単勝4倍台というのはかなり美味しいんじゃなかろうか。
やれ輸送だとかローテーションだとか問題にする人も多いけど、そんな瑣末な問題もクリアしてしまいそうな圧倒的な強さがある。ようやくこの3歳勢に登場した「遅れてきた大物」なのだ。

しかし、なのである。
ダービーはドラマ。

ここであっさりデムーロのダービー連覇でいいんだろうか。
そんなに世の中ちょろいんだろうか。

そんなことを思ってたこのダービーウイーク。
アドミラブルが大外18枠と聞いた瞬間、オールドファンとして脳裏によぎったのは…そう、シンボリクリスエス、ゼンノロブロイという最強馬が味わった、「青葉賞馬ダービー2着」の方程式。

そうなると自分の答えは一つなのだ。
先に触れたもう一つ、「強い」レースの勝ち馬。

◎アルアイン。

年内4戦のローテーションや前走レースレコードでの疲労や、長距離への対応が不安視されてるけど、どれもこれも「見えない」要素。何よりも皐月賞で「強い」レースをしたという事実があまりにも軽んじられている気がするのだ。

そして鞍上の松山。
「松山にダービーは…」なんて声もあるけど、前走で中央初G1を制覇した騎手がダービージョッキーとか、まさにダービーならではのドラマで痛快じゃないですか。

皐月賞を勝っても「フロック」扱いだった世間をよそに、府中2400mを悠々と逃げ切ったサニーブライアンの大西パターンとか。

ムーア、シュミノーという外国人騎手から代打で騎乗して毎日杯を勝った時点で、松山はアルアインというかぼちゃの馬車に乗って、ダービーというお城へ駆け上がるシンデレラの魔法をかけられたのかもしれませんよ。

◎アルアイン
◯アドミラブル
▲スワーヴリチャード
△ダンビュライト
△クリンチャー
△サトノアーサー
△レイデオロ
△カデナ
△ウインブライト

単勝と馬連◎◯をしこたま。
◎◯からの3連単流しと保険の3連複勝負。

あと、全然関係ないけど、カデナの単勝をちょろっと。
こういう人気そこそこの時の方が、福永はプレッシャーなく、あっさり悲願のダービー制覇を成し遂げちゃう気もするのだ。
アドミラブルが大物ではなく、いまだ戦国ダービーと読むなら、ここでカデナが勝っちゃってもおかしくはないんだよね…。


で、Twitter上で話題沸騰wの逆神予想。

一応△にはしてるけど、レイデオロはさすがに過剰人気の感。
ホープフルSは中山でメンバーも微妙、皐月賞も体調微妙で上がりタイム1位とはいっても結果は5着。なのにほぼ1番人気と互角って、ちょっとリスクが高くない?
あとはペルシアンナイト。皐月賞でも頑張ったとはいえ、明らかにゴール前で脚が止まっていて、府中2400mは長い。

逆神予想はこの馬連1点でw

ではでは、皆様よきダービーデーを!

いろいろ、いろいろありますが

今年のエイプリルフールはさすがに毎年恒例の結婚ネタをするワケにもいかず。
ささやかなウソだけついて、終わりにしておきます。


西野七瀬とお付き合いすることになりました。










…えー、だめー?w

午前2時のマージャン・ユアタイム

​久しぶりに麻雀の話。

先週の金曜夜。
「THEわれめDEポン」片山まさゆき先生が出演されるということで、普段以上にw真剣に視聴していたわけなんですが。

第4ゲームの東1局1本場9巡目。
北家の月亭八光さんが、仮テンからこんなツモ。

一萬:麻雀王国二萬:麻雀王国三萬:麻雀王国六萬:麻雀王国六萬:麻雀王国二筒:麻雀王国三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国六筒:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国四索:麻雀王国六索:麻雀王国 ツモ七索:麻雀王国 ドラ一索:麻雀王国七筒:麻雀王国

当然、4索を切ってリーチをかけました。
捨て牌はこんな感じ。

九索:麻雀王国東:麻雀王国南:麻雀王国西:麻雀王国中:麻雀王国西:麻雀王国九筒:麻雀王国
四索横:麻雀王国(リーチ)

対する南家の片山さんの手牌がこちら。

片山さん手牌。 

この日の実況に野島卓アナ、解説は古久根英孝プロ小笠原奈央プロだったのですが、このときのやり取りをそのまま掲載しますと。

野島「まあ片山なら間違いなく出ないですね」
古久根「うーん、わかんないですね」
野島うっそデェ!
…あっ!?」


野島アナの某報道番組では見られないフランクなやり取りはともかくwww
片山さんは少しだけ躊躇した後、8索をツモ切り!

ドラ9! 

メンピン一発ドラ1でマンガンという、痛い放銃になりました。

野島「テクニック大王が一発で刺さった!」
古久根「これは片山は雀力が高いがために振り込んだんですね」
野島「?
(ちょっと怪訝そうに)なんで8索を一発で打つと雀力が高いんですか…?」
古久根「(苦笑)」


ここでも「黒野島」が垣間見えて個人的にちょっと面白かったのですが、そんなことをお伝えしたいんじゃなくてw

古久根プロは、4索が出て8索が当たるのは「連続形」(今回のように46から7を引いて出てくる形)か、「テンパイからテンパイの形」(4タンキから8タンキの待ち変えとか)しかないと解説していたのです。

補足すると、終盤になれば愚形からの待ち変えの可能性も高くなってきますので、ソバテンの8索は危険になってきますが、ほとんど一九字牌しか出ていない9巡目の捨て牌です。片山さんの整った手牌から考えても、8索から切ることは無謀でもなんでもないんですよね。

普通の人は発を切ると思うのですが、当たらない保証もないし、仮に当たったらマンガンクラスの可能性が高いわけですから。
そこまで考えての片山さんの放銃ではなかったのかと。

われポンはバラエティ番組としての性格もあるので、歴代の解説者はここまで深い解説をすることはなかったのですが、古久根プロはそこはぶれずに、プロとしての領域から少しレベルを上げた解説をしているところに、ちょっと感心したというか。
もしくは、少しテクニカルな解説をされても、一般視聴者がちゃんと受け入れられるような時代になったということなのかもしれません。

ちなみにこの後。
なんと片山さんは、八光さんからリーチ表2裏8というとんでもない3倍満を和了w

八光さんのアガリ。 

大逆転トップかと思ったら清水アキラさんにまくられてしまい、最初の八光さんへの放銃がやっぱり痛かった…という形になりました。

結局、この後のゲームで、斉木しげるさんが四暗刻をツモるなど展開が二転三転した後、清水さんの優勝となるんですが、この第4ゲームで片山さんがトップなら充分優勝の目もあっただけに、麻雀ってのはつくづく理不尽なゲームだなぁとw 

まあ、いろいろと面白かったので、備忘録がてらブログにチェック。
Twitterはアイドルの話かプロレスの話か飲んでるかばっかりになってきたのでw、麻雀の話がもっとたくさんブログで書けるといいんだけどなぁ。

ネットプロレス大賞2016

そんなわけで。プロレスの話が分からない方は今回もスルー推奨。
今年も「ネットプロレス大賞2016」にエントリーさせてもらいます。

知らない人も増えてると思いますので簡単に説明しますと、この「ネットプロレス大賞」を主宰する管理人の杉さんとは、「週刊プロレス投稿常連会・プレッシャー」からのお付き合いでして。

ブログ、Twitterなど、あらゆるネットメディアで発信するすべての人に投票資格のある「ネットプロレス大賞」。
最近は応募フォームができたので、ここでこんな形で発表する必要もないんですが…こういう話が好きなのがプロレス者の癖でしてなw

2016年の自分の観戦は、みちのくとWWEが3回で最多。新日、DDT、NOAH、RIZINが2回、ガンバレ、スーパーJ‐CUPが1回で、計17回でした。
今年は格段に生観戦が減った気がします。これでもかい!とツッコミはさておきw
それでは、発表!

◆MVP◆
1位:中邑真輔
2位:ASUKA
3位:AJスタイルズ


プロレス界を俯瞰して眺めてみれば、まあ内藤ってところなのかもしれませんが――はっきりいって、自分にはまったくなじめないんですよね。
「新日本プロレスの矛盾をズバズバ突いている」なんて評価もあります。若いファンにはそれでいいのかもしれませんが、それすら今の新日本ワールドの中では「予定調和」なわけですし…。
オカダほどまでズバ抜けた身体能力があるわけでもない。試合内容もずいぶんよくなりましたが、ヒールファイトってのは試合の組み立て方がベビーよりも楽だと思っているので、自分はそこであまり評価したくないのですよ。

今年の新日は「AJスタイルズと中邑のWWE移籍を内藤が埋めたか否か?」だったのかもしれません。
新日ファンは埋めたと思っているんでしょう。でも自分はそう思えない…その差なんでしょう。
今でも新日の主役はオカダだと思っているので、そのライバル筆頭が内藤かと言われちゃうとどうなんだろうと思ってしまう。
むしろ、今年再上陸が噂される鈴木みのるあたりがオカダに立ちふさがると、プロレス文学としても一気に深いテーマができあがる。そっちの方を期待しちゃってる今の自分には、まだ内藤は軽い存在でしかないんですな。

内藤ファンの方ごめんなさいw
まあ、今回のMVP選手のチョイスは、そんな内藤評価へのアンチテーゼです。
世界のWWEで現チャンピオンの中邑とASUKA、WWE本隊でいきなりトップイベンターとなったAJスタイルズを評価しなくて、いつ評価するというのか。
「中邑、WWEみたいな団体やめて日本帰って来い」ってみたいなツイートをみたりすると、「お前バカだろ」とか思ってしまう心の狭い自分です…^^;

◆最優秀試合◆
1位:ジ・アンダーテイカー vs シェーン・マクマホン(4.3WWEレッスルマニア)
2位:中邑真輔 vs サミ・ゼイン(4.1NXTテイクオーバー)
3位:オカダ・カズチカ vs 丸藤正道(10.10両国) 


とにかく、心が振るわされたのが、今年のレッスルマニアの金網戦。
次期アメリカ中小企業庁長官の息子が見せたw伝説のミック・フォーリーをしのぐ6m下の大自爆ダイブ。落ちた瞬間のアンダーテイカー「こいつ、なんでここまでするんだ…」という表情まで含めて、素晴らしいプロレスでした。最後、シェーンのサムアップで終わる映像とか、どこまでいっても完璧ですよ、完璧。

2位。WWEのリングに上がってからの中邑戦って、内容でいえば、このサミ・ゼイン戦を超えた試合がまだ出てきていない気もするんですよね(日本でのジェリコ戦、オーエンズ戦もよかったけど)。
今年の中邑の活躍は試合内容よりもまずネームバリューありきでしたが、その中邑の評価を決定的にしたのが、この一戦だったと思います。てか、サミ・ゼインが良すぎたんだよなぁw

3位はG1決勝と迷いました。あの予想難解なカードを予想した自分を自画自賛するためにもぜひ挙げておきたかったのですがw
両国のオカダvs丸藤戦は、ちょっとショックな試合内容でした。当時のツイートでも書いたのですが、オカダにエメフロ出させての丸藤の完敗というのは、NOAHという団体にとって、悪い意味でゆゆしき事態だったと思うのです。堀を埋められた挙句、二の丸・三の丸を冷暖房完備にリフォームして、相手にあげちゃったみたいなw
ビジネスとしては新日との手切れでますます苦境が予想されるNOAHですが、自分も含めて、ファンの中には新日の蹂躙劇をこれ以上見なくてホッとしてる人も多いと思うんですよ。
そんな歴史的な意味合いも含めて、札幌の試合ではなく両国の試合をチョイス。NOAHには、基本に立ち返って頑張ってほしいなぁ、と。

◆最優秀タッグチーム◆
1位:岡林裕二&関本大介
2位:カール・アンダーソン&ルーク・ギャロウズ
3位:バラモン兄弟


正直、あまりしっくりしたコメントが思い浮かばないw
戦歴から考えても今年の1位は順当でしょうねぇ。

◆新人賞◆
1位:橋本千紘
2位:エル・デスペラード
3位:木村花


ぶっちゃけ、女子プロレスをほとんど見ない人間なんですが、橋本千紘というアスリート系女子レスラーの新人登場はちょっとワクワク。いわゆるフリーダム系の美少女レスラーが幅を利かす中、頑張ってほしいところ。
木村花もあまり試合は見ていないのですが、週刊プロレスの誌面を見る限り、女子プロレスのキーパーソンとしてすでに動き始めてる感じがするんですよねぇ。

◆最優秀興行◆
1位:4.3 WWE/レッスルマニア
2位:7.2 WWE/両国国技館
3位:10.2 ガンバレ☆プロレス/後楽園ホール


最優秀試合もそうでしたが、メインイベントのHHHvsローマン・レインズの隠れテーマだった〈NXTvsWWE本隊〉とか、実は今のWWEって試合方式や内容は今風でも、よっぽど熱い「情念プロレス」を繰り広げているんですよね。今年のレッスルマニアは、第1試合のラダー戦、AJvsジェリコ、レスナー&ロック様登場も含めて、ホントお腹いっぱいの素晴らしい興行でした。

それを受けてのWWE両国2DAYS。2日間とも素晴らしかったんですが、多幸感あふれるAJ&クラブとシナの6人タッグが今になってみると心に残ります。

で、最後w知らない人には意外かもしれません。
大家選手とはTwitter上のやり取りなどで知り合わせてもらって、この興行もお誘いを受けての観戦だったんですが、ホントに面白かったんですよねー。
冨永真一郎というレスラーのポテンシャルに驚き、藤田ミノルの人生劇場に泣き、メインのバッコミの絶叫で大爆発と、素晴らしい興行でしたw

◆最優秀団体◆
1位:WWE
2位:新日本プロレス
3位:NOAH


まあ、今までのコメントを読んできてもらえれば言わずもがな、ですね。中邑、ASUKAの登場で、個人的に興味はWWEに移ってきています。
新日は、さすがに夏のスーパーJ‐CUPのやり方とか、ちょっと傲慢さが鼻についてきた感じ。

個人的に残念なのが、DDTのトーンダウン。
いや、以前同様に素っ頓狂なプロレスを繰り広げていて、パワーダウンはしていないと思うんですが、その展開に意外性が少なくなってきたというか…。ひとことで言ってしまえば、新キャラ開拓が不足してるのかしら、と。
考えてみれば、WWEだと1年間にニューカマーが続々現れます。WWEを模倣して誕生したDDTには、その辺の人材育成がシビアに迫られてんじゃないでしょうか。

◆最優秀プロレスを伝えたで賞◆
1位:アナザーストーリーズ「タイガーマスク伝説」(NHK・BS)

2位:蘇る伝説の死闘「猪木vsアリ」(テレビ朝日)
3位:抱腹絶倒!!プロレス取調室(毎日新聞出版)


以前から書いてます通り、この賞は対象が広すぎちゃっていて、絞るのに苦労しちゃうんですよね。
「定期マスコミ・映像メディア部門」と「非定期書籍・メディア部門」で分けてくれたらなぁ…とか。

今年は「非定期書籍・メディア部門」と自分の中で決めを作って、投票しておこうかと思います。

1位は、タイガーマスクのドキュメントというよりも、ダイナマイト・キッドの現在の姿をよくぞ映像に収めてくれた…と。
以前、「Gスピリッツ」でインタビューを読んで、もう二度とその動向はわからないままかと思ってました。
これぞ、NHKスタッフならではの取材力というのか。

2位の「猪木vsアリ」も、試合映像を持つテレビ朝日の渾身のスペシャル番組だったと思います。
「キリトルTV」ならではの読唇術を駆使した選手やセコンドの声などを拾ったテロップも新たな発見が多く、21時台の2時間スペシャルという破格な待遇にもファンとしては頭を下げたいなぁ、と。プロレス自体の特番も日曜21時からやったらいい視聴率取れると思うんですけどね…。

3位は、「酒席」という本音が出やすい場所で、当事者のレスラーから昭和プロレスの真相を聞き出すという、同時代を生きてきたおっさんたちにはたまらない内容w 2016年一番酒を飲んだ悪友(笑)堀江ガンツ氏のエスコートが効いてるんですよ、これ。

ちなみに、「定期マスコミ・映像メディア部門」なら――。

◆定期マスコミ・映像メディア部門◆
1位:WWE NETWORK
2位:KAMINOGE
3位:Dropkickチャンネル


と、しておきます。
まんまとWWEの戦略にハマっておりますがw
でも、月額99.9ドルでNXTもPPVも見放題って、コストパフォーマンスも素晴らしいと思っちゃうんですよねー。

と、いうことで。
今年も長文失礼しました!
2017年は生観戦が減る分、自宅観戦が増えそうな気がするなぁ…。


次のページ>

プロフィール

編集・秋

Author:編集・秋
年齢:昭和44年生まれの47歳。
   忠義もへったくそもない一人四十七士(意味不明)
職業:麻雀漫画誌「近代麻雀」等、元(涙)編集
趣味:ギャンブル(競馬・麻雀等)
   プロレス観戦
   ハロプロ・乃木坂46鑑賞
(おいおい、増えちゃったよ)
   ほかいろいろ
貯金:0万(なくなりました…)
ギャンブルの負け金:約1800万(順調に増えてます…)
座右の銘:ワルツにはワルツを、ジルバにはジルバを
(byニック・ボックウインクル)

Twitter

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索