fc2ブログ

かっぱがれ編集・秋のへっぽこギャンブル日記

基本はギャンブル日記だけど、まあ趣くままにてきとーに。

かっぱがれG1競馬予想:2022ジャパンカップ

天皇賞があんなに盛り上がったのに、イクイノックスは有馬記念、パンサラッサは香港直行でジャパンカップには出走せず。天皇賞組以外でも、オークス馬のスターズオンアースは繋靭帯炎、凱旋門賞帰りのダービー馬ドウデュースは秋競馬全休で…なんでしょうか、せっかくのジャパンカップだというのに、この脆弱なメンバーは。

あんまりにも酷いので、じゃあこの20年で今年と同じくらい酷い出走メンバーのジャパンカップがあったかどうか調べてみましたw

これが意外と近くて3年前。コロナ禍直前の2019年ジャパンカップだったのではないかと。



出走メンバーに外国馬は0。G1馬は5頭いましたが、2019年の間にG1を勝った馬もやはり0。「世界一最強馬決定戦」のはずが、実際は旬を過ぎた馬とG1未勝利馬によるチャレンジマッチ。勝ったスワーヴリチャードが天皇賞では7着だったことを見ても、歴代ジャパンカップでワーストレースだったと言い切っちゃっていいかもしれません。

しかし、2019年のジャパンカップがそこまで低レベルとなったのは、なんといっても天皇賞を勝ったアーモンドアイが回避して、(結果的にではありますが)有馬記念へと向かったからでしょう。天皇賞馬のイクイノックスが出走しない今年のレースと酷似していますが、これって別に偶然じゃありません。ジャパンカップと有馬記念の賞金額が同額なので、強い馬はジャパンカップに無理して出走する必要がないんです。

天皇賞・ジャパンカップ・有馬記念という“古馬三冠”制覇でJRAボーナスが出ますが、元々ローテーションが厳しく、これを成し遂げた馬はテイエムオペラオーとゼンノロブロイの2頭だけ。凱旋門賞の挑戦が以前よりも容易となったことで、ジャパンカップと有馬記念の両方に参戦する馬自体も減ってきました。

以前から言われていることですが、だいたい世界一決定戦のジャパンカップと国内グランプリの有馬記念の賞金額が一緒というのは矛盾しているんですよね。同じグランプリレースである宝塚記念と比べて1着賞金額が倍額の4億円というのも、レース体系のバランスを崩していると思いますし。

しかも来年には、より多くの外国馬を参戦させるために、ジャパンカップと有馬記念の1着賞金額を5億円にするって話じゃないですか。外国馬と同時に日本の強い馬もジャパンカップに集めてくれないと競馬ファンも減ってくると思うんですが、単に賞金額を増額すれば解決する問題なんでしょうか…?

冒頭に「今年のジャパンカップは酷い」と書きましたが、実はとっくの昔からジャパンカップの出走メンバーって低レベル化していて、この「酷い」は来年以降も頻発する可能性があると個人的には思っているのですが――。

さて、そこで2020年のジャパンカップです。

世界襲ったコロナウイルスによるパンデミック。2019年とは違い、物理的な理由で外国馬は参戦もできず、馬主や調教師らに湧き上がった「日本競馬を守る」という使命感――。

そんな中でのアーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトによる“三冠馬・三強対決”の実現は、まさに形骸化しつつあった「世界一最強馬決定戦」というジャパンカップの本来あるべき姿のようにも見えました。

2020-11-29.jpg

特にコントレイルは菊花賞からのローテーションがタイトであり、無理して出走させなくても良かったはずなんです。翌年春の不調も、このジャパンカップの疲れが残っていたからかもしれません。

だからこそ思うのです。2021年のジャパンカップは2020年の“続編”だったと。ノーザンファームの刺客、シャフリヤールとオーソリティを圧倒したコントレイルの勝利は、2020年の競馬界を大いに盛り上げた神からのこ褒美、“天啓”でしょう。

2020年と2021年のジャパンカップは、コロナ禍に揺れ動く日本社会の危機感を投影して、皮肉にも感動の名レースとなりました。それでは、2019年同様に凡庸な出走メンバーで争われる今年のジャパンカップは、レースもやはり凡庸に終わるのかーー。

…待ってくれ。まだ世の中はコロナ禍じゃなかったのか?

コロナ禍が3年続いているように、このジャパンカップも実は2020年から3年続いている物語だったとしたら…。

■ジャパンカップ《GI》予想■
◎デアリングタクト 〇シャフリヤール ▲ヴェラアズール
⭐︎カラテ △ダノンベルーガ


2020年の三冠馬対決・最後の現役メンバー。あの時、日本競馬を盛り上げてくれた御礼として“天啓”が舞い降りるとすれば、前走のエリザベス女王杯ではなく、今回のジャパンカップのはずです。“コロナ禍の三冠馬物語”はデアリングタクトの勝利で見事に完結し、社会がコロナ禍から脱した来年のジャパンカップから、新たな物語がスタートするーー。

…ほとんど妄想ではありますが、故障明けの4戦にもすべて負けた理由が考えられ、あながち無理な予想だとも思わないんですよね。

ヴィクトリアマイル→距離不足
宝塚記念→出遅れ
オールカマー→初の中山コース(芝のバイアス)
エリザベス女王杯→重馬場(芝のバイアス)


直線の長い府中コースは、少なくても前走よりはデアリングタクトにとって有利なはず。今日の雨もこれくらいならほとんど残らないでしょう。エリ女予想の時にデアリングタクトを切った理由は「勝負に日和った」と思ったから。まさかジャパンカップにも出走してくるとは思いませんでした。こうなったら、トウカイテイオー、コントレイルのような復活劇を期待しちゃいますよ。

ただし、ちょっとだけ引っかかるのは、松山からマーカンドの乗り替わり。どんなズブい馬でも追い通す剛腕ぶりは、ポスト“デメ・ルメ”となる可能性も十分とはいえ、今回の復活ドラマのキャストに相応しいのかどうか。

なので、本来なら単勝にズドンと突っ込みたいところだけど、ここは保険の馬券も購入しておこうかと。

まともに考えれば天皇賞入着組のダノンベルーガとシャフリヤールということになるんでしょうが、前者は距離に不安があり、後者はすでにピークが過ぎた感も。ならばここは京都大賞典で鮮やかな差し切りを見せたヴェラアズール。阪神2400mの稍重馬場で、いかにスローペースとはいえ上がり33.2秒の脚が使えるというのは、並大抵の馬ではありません。名手ムーアの鞍上も加味すれば、この上位人気もうなずけます。

☆はカラテ。天皇賞はパンサラッサの逃げこそハイペースだったものの、2番手以下はスローペースに近く、実質的には上がり勝負で切れ負けした印象。追い切りもかなり好調なようですし、府中2400mで前走と違った展開なら連対も? ベタな話ではあるけども、ジャパンカップの歴史に“カラテ”の名が刻まれるとしたらなかなか痛快ですw

単勝 ⑧
馬連 ⑥⑧-⑥⑧⑪⑭⑮(7点)


人気どころも絡めるなら、馬連はこの点数に留めておこうかと。

* * * * * * * * *

さて、このブログで何度も引き合いに出す故・清水成駿さんですが、今回のジャパンカップならどんな予想を立てていたでしょうか。

「JRAも国際厩舎を新設したし、わざわざこのコロナ禍で乗り込んで来た外国馬は本気だ」

…こんな感じ?

シンプルに考えれば、外国馬の近走勝利がすべて欧州馬場での稍重~重ばかりで、血統的にも今の日本の高速馬場に対応できるかどうかは未知数。なので自分は“全切り”とさせていただきました。来たら素直に「仕方ないね」で諦めます。

ちなみにオネストはフランケル産駒で、確かにフランケル産駒は日本でも活躍しているのですが、7年間でフランケル産駒が勝った48勝中、2400m以上はなんと1勝のみ。日本でのフランケル産駒は1200m~1800mが主戦場で、実はオネストも罠なんじゃないかと思ってます。ルメールもただフランスの馬だから乗ってるだけでしょうしw

今年の3歳馬というのはこのコロナ禍の渦中に育成された世代であり、実は世界の競馬マーケットは低迷している可能性はないでしょうか。日本のように競馬開催が継続できて、収益の確保に成功した国はまれであり、それがジャパンカップにも反映される――そんな内容の予想コラムの方が故・清水成駿さんらしい気もするんですが、どうでしょうか。

…なんか気合いが入り過ぎてしまったせいか、すっかり内容がまとまらないw
とにかく。今年も「感動のジャパンカップ」が観戦できることを心より祈りつつ…。

当方の予想を参考にしてハズれても、責任は一切取りませーん!



スポンサーサイト



かっぱがれG1競馬予想:2022マイルチャンピオンシップ



先週末から今週頭にかけての大分旅行でバテバテのまま、インフル&コロナワクチンを接種して、合間を縫って酉の市やらお仕事先の方との飲み会やら。

写真は朝日が昇った直後の別府湾。今度はいつ見れるかなぁ。

* * * * * * * *

多くの人もぼんやりと考えていそうだけど、自分の中では競馬の予想に「表」と「裏」があって。

「表」というのは、簡単に言えば人気サイドを買うこと。1番人気だったり、過去のレースで1番早いタイムを出していたり。「裏」というのは、そんな人気サイドだと配当も少なくて面白くないので、違ったポイントで能力を見出して、人気薄の馬を買うこと。

しかし、競馬というのは面白いもので、そんな「裏」の予想が競馬予想紙の本命だったりすると一転して「表」の予想となり、人気になるはずの「表」の馬のオッズが上がって「裏」になったりする。競馬好きには、そんな人気の変動も含めて馬券を当てることで、「自分はお前らとは違う」と独りごちたい人も多いんじゃなかろうか。自分も含めて。

で、今回のマイルCSなんですよ。東スポを見たところ、東西の本誌予想二人の予想が一緒で、まさに「裏」の予想が「表」に転じた感じがするんですな。

その本命こそソウルラッシュ。言われてみれば確かに稍重で今回のマイルCSと同じ阪神競馬場のマイラーズカップを快勝していて、人気にはなると思っていましたが、まさか富士Sで負けたセリフォスよりも人気が出るとは(このブログを書いている段階では4番人気)。安田記念の大敗も不利があったと言えばあったけど。

ちなみに、同じマイラーズCで0.1秒差のホウオウアマゾンとファルコニアが14番人気と12番人気。…やっぱり過剰人気になってないかなぁ、ソウルラッシュ。

ソウルラッシュの人気の理由の一つが富士Sの好走。じゃあその富士Sで1着3着となった3歳馬2頭のレベルはどうなのか。単純にNHKマイルの時計を今年と去年で比べてみると。

2021年NHKマイル 1:31.6(34.0)シュネルマイスター
2022年NHKマイル 1:32.3(34.3)ダノンスコーピオン

その差0.7秒。付け加えると、2021年はその年にスプリンターズSを制したピクシーナイトが飛ばしに飛ばし、タフなレースとなっているのに、この上りタイム。この結果だけ見たら、マイル路線に関しては4歳馬>3歳馬と言っちゃっていいのでは…?

裏の裏は表。一周回って今回はスタンダードな予想にしておきます。

■マイルチャンピオンシップ《GI》予想■
◎シュネルマイスター 〇ジャスティンカフェ ▲ソダシ
⭐︎ダノンザキッド △ウインカーネリアン △サリオス
△セリフォス △ソウルラッシュ △ダノンスコーピオン


そんなわけでシュネルマイスター。昨年のNHKマイル馬であり、マイルCS2着の馬でもある。昨年のマイルCSの馬はあのアーモンドアイを負かしたグランアレグリア。本来なら単勝オッズが2~3倍台になってもおかしくない馬なのに、約5倍台というのは、これぞ全国旅行支援並みのお得さ。多少の雨でもキングマンボ産駒なら安心ということで、晴雨兼用・吉田兼好(意味なし)。ここは全力でいかせてもらいます。

対抗はこちらも毎日王冠2着馬で7番人気は美味しいジャスティンカフェ。勝ち馬のサリオスとは、阪神コースとパワー型のエピファネイア産駒の相性で逆転が可能。というか、サリオスは絶対に天皇賞にすべきだったと思うんですけどねぇ。堀厩舎でダノンベルーガとの2頭出しを嫌ったのは理解できるとしても…。

⭐︎には毎日王冠3着で実は昨年のマイルCSも3着のダノンザキッド。この馬、何気に阪神コースの方が得意そうな気が。

予想では▲に留めましたが、実はちょっと怖いソダシ。展開がかなりスローになる可能性があって、そうなると差し届かずの前残り決着でソダシ優勝の線も。それにしても、ここでソダシが優勝して、ソングラインが香港マイルで勝っちゃったりしたら、結構票が割れちゃいそうですな…。

単勝 ④
馬連 ④-③⑥⑦(3点)
3連単 ④⑥-③④⑥⑦-②③④⑥⑦⑩⑪⑮(42点)


我ながらなんと珍しい。今回は馬連よりも3連単を軸に。人気どころが軸の予想なので、ちょっと攻めてみようかと。単勝買っとけば元は取れる算段ですw

* * * * * * * *

今回、ちょっと東スポの東西本紙予想をディスるような内容になってしまいましたけど、「裏」を「表」にする競馬予想紙記者のお仕事ぶりは、もちろんいつもリスペクトしております。あくまで競馬好きのおっさんが趣味で書いてる予想ブログなんで、ちょっと生意気なことを書いていてもぜひぜひ大目に見ておいてもらえれば。他人に厳しく自分に優しい、クズ親父からの相変わらずのお願いでしたw

なお、当方の予想を参考にしてハズれても、責任は一切取りませーん!


かっぱがれG1競馬予想:2022年エリザベス女王杯

「こんにちはー」
「こんにちは!」

うちの団地の号棟には、ずーっと変わらないおじいちゃんがいる。出かける際に気がつくと、団地の前にある小さな園芸スペースで水をあげたり草をむしったりしている。

なにせ自分が大学生の頃から、姿見がまったく変わっていないのだ。着てる服もだいたい同じ、シャツにチョッキで短パンか作業しやすいチノパン。

自分がもう53になるから、30年前からそのままということになる。当時は親父よりもかなり歳上だったと思っていたが、なんなら歳下なのかもしれない。

コロナ禍を乗り越えて今でも元気に外で活動してるのは、なんだか見ていてちょっとホッコリする。

翻って自分なのだが、童顔というほどでもないけども、あまり白髪もなく、年相応に見られないことが多い。「秋さん、50代には全然見えないですよー!」なんてお世辞でも言ってもらえるのはやっぱりちょっと嬉しい。

しかし、「それじゃあいくつくらいに見える?」と聞くと、「あ…えーと、40代くらい?」と言われ、自分的には30代の見かけだと思っているので、喜んだ後にちょっとガッカリもしたりしてw

じゃあ、あのおじいちゃんとどっちが得なのかとふと考えてみると、歳を取った今ならおじいちゃんの方だったりするのかなぁ…なんて思ったりもする。

「若いですねー」は実際には何歳くらいに見えるのかが気になってしまうけど、「変わらないですねー」は「おお、自分は若い頃から見かけが変わらないのか」って気持ちになれる。

…って、そんなことを思った自体、自分の精神構造はそれ相応に老けてきてるのかもしれないと気がつくわけで。やっぱり若い頃ならそのまま「若いね」と言われたいはずだし。

老け顔が損なのか得なのか、別にそこまで気にしちゃいないけれど、あのおじいちゃん本人はどう思っているんだろうか。さすがに直接聞くのも失礼だしw とりあえず自分がいつもおじいちゃんに「こんにちはー」と言うときは、心の中でこう申し添えておこう。

「30年前はおじいちゃんと思っててすんません。いつまでも変わらずにお元気でいてください」

* * * * * * * *

さて。昨年は阪神2200mディープインパクト産駒の脆弱さをきちんと指摘していながら、唯一アカイイトだけを組み合わせから外し、本当に悔しい思いをしたエリザベス女王杯。今年はぜひリベンジをしなくては。

まずは秋華賞馬スタニングローズの取捨選択。同じようにオークス2着から秋華賞馬を制したアカイトリノムスメが昨年エリザベス女王杯を惨敗したことを考えれば、秋3戦目ということもあるし、軽視してもいい…?

しかしディープ産駒のアカイトリノムスメと違って、スタニングローズはキングカメハメハ産駒。キンカメ産駒は阪神2200mでディープ産駒ほど信頼度が低いわけでもないし、昨年のアカイトリノムスメのオークスの勝ち馬はユーバーレーベン。今年の勝ち馬がジャパンカップでも人気になりそうなスターズオンアースと考えたら、そこまで軽視もできないような。

昨年アカイトリノムスメの来る確率を10%くらいと考えていたとしたら、今回のスタニングローズは50%。ただ、天気が微妙でパンパンの良馬場にならない可能性もあるし、やっぱり軸にはしたくない…。

■エリザベス女王杯《GI》予想■
◎アカイイト 〇スタニングローズ ▲マジカルラグーン
⭐︎ウインマイティー △アンドヴァラナウト △ジェラルディーナ
△デアリングタクト △ナミュール △ピンハイ


で、結局アカイイトなんかいwww

いや、もうね。今年のアカイイトのローテが無茶苦茶なんですよ。エリ女を買ったということはスピードよりもスタミナの勝るタイプで、明らかに長距離向きなのに、なぜヴィクトリアマイルやら府中牝馬Sを使うのか…。明らかに宝塚記念とオールカマーだろ、そこは!(怒)

しかし、苦手な距離で惨敗してきたことで、今年も今のところ11番人気とかなりの人気薄。ここはもう一回狙ってみても面白いのではないかと。

☆は同じ阪神2200mの京都大賞典で3着だったウインマイティー。前2頭との差はあったけど、牝馬同士ならまだわからない。得意の阪神コースでもあり、今の復調ぶりなら一発があっても。

迷ったのがマジカルラグーン。通年なら日本の軽い芝が苦手…とも言えるんですが、何度も言う通り阪神2200mで求められるのはスタミナ。京都コース改修による阪神開催はラッキーな方向へ働くかも。

で、先日飲んでいた競馬好きの友人からこんなひと言。

「エリザベス女王が亡くなった年なんだから、そりゃ外国馬でしょ」

…おお、なんというシンプルな清水成駿的発想。確かにここで久々の外国馬参戦のタイミングはちょっとクサい。JRAもここで外国馬にお土産を持たせて「来年もよろしくお願いしまーす」なんて考えてんじゃないの?…とかw


馬連 ⑭-③④⑤⑧⑩⑪⑰⑱(8点)
3連複 ⑭-③④⑤⑧⑩⑪⑰⑱(28点)
ワイド ⑭-⑤⑩⑰(3点)


ここでデアリングタクト復活!とかあれば美しいとも思うんですが、3歳時にジャパンカップまで使った馬が今回はエリ女参戦というのは、わかりやすいくらい日和ってるわけで。勝負事って、そんな簡単にはいかないんじゃないかなぁ…などと。

* * * * * * * *

さて、実は今、自分はこんなところにいたりして。



両親の田舎である大分県・日田に逗留中。甥っ子の結婚式のため、夏に続いての九州来訪でこの2日間親類らと一緒に酒浸りというw 交通費と結婚式のご祝儀代をここで賄わねば…あ、甥っ子にも婚期抜かれてるぞというツッコミは受け付けておりませんのでw

なお、当方の予想を参考にしてハズれても、責任は一切取りませーん!

かっぱがれG1競馬予想:2022天皇賞(秋)

夏から動きまくっていた怒涛のお出かけ予定も、今週はようやく一息。特に特記事項もない1週間だったので、枕は例のごとく割愛っちゅうことで。



ちなみにこれは、今週食べた市ヶ谷の「TEXAS」というお店のステーキ。今日の東スポの一面がマカロニ(ショーケン)だったので対抗してみました(だからわざわざわかりにくい昭和ネタはいい加減やめろとあれほどw)。

* * * * * * * * *

まあ、各新聞で散々書かれていることだけど、まずは今年と昨年のダービーのラップを比較。

■2021年ダービー■
12.2 - 10.6 - 12.2 - 13.0 - 12.3 - 12.4 - 12.8 - 11.7 - 11.4 - 11.5 - 10.8 - 11.6
(2:22.5)

■2022年ダービー■
12.5 - 10.8 - 11.8 - 12.0 - 11.8 - 11.7 - 12.3 - 12.0 - 11.8 - 11.5 - 11.7 - 12.0
(2:21.9)

今年のダービーは昨年と比べて0.6秒もタイムを短縮。単純に今年の3歳世代のレベルは高いと踏んで、イクイノックスで主軸は決まりかと思っていました。ただし、この高速ラップの理由は前半1000mが58.9、後半1000mが59.0と、逃げたデシエルトが作った淀みのない流れの賜物であり、イクイノックスはこの流れについていかなかった(いけなかった?)からこそ、最後の直線であれだけの脚が使えたのかもしれません(それでも33.6はスゴいけど)。

逆に昨年シャフリヤールが勝ったダービーは、前半60.3で後半が57.0。中盤ラップがかなり緩んだため、究極の切れ味勝負となったことがわかります。単にタイム差だけでレベルを比較するのはちょっと危険なのではないかと。

ただし、今年は何がなんでも逃げる馬がパンサラッサ、バビットと2頭おり、先行逃げ切りを画策するジャックドールの存在まで考えれば、ペースが遅くなることはまずあり得ないでしょう。今年のダービーと流れが近くなることを考えれば、イクイノックスが相変わらず有利と言えるかもしれませんが…。

そこでもうひとつ、ちょっとひねくれた深読みをしてみます。

イクイノックスはキタサンブラック産駒、ジオクリフはドレフォン産駒。もし自分が木村厩舎だったら、この天皇賞でどちらに期待するかと考えれば、実はジオクリフの方じゃないかと思うのです。本番がジャパンカップのイクイノックスに比べて、ジオクリフには府中2400mが長く、天皇賞の後はマイルCSや香港遠征が定石です(もしかしたらチャンピオンズカップなんて話も?)。賞金額のことも考えれば、ジオクリフの秋の目標はレース初戦の天皇賞ということにならないでしょうか。

実際、イクイノックスの追い切りが前走のダービーの時よりもあっさりしている一方で、ジオクリフの出来はかなりよかったなんて話も出てきていますよね。もしもその仕上げの差が上記の理由からだとしたら…?

■天皇賞(秋)《GI》予想■
◎シャフリヤール 〇ジオクリフ ▲イクイノックス
★ノースブリッジ △ダノンベルーガ
△カラテ △マリアエレーナ


◎はシャフリヤール。この馬こそジャパンカップが本番じゃないかって話なんですが、ディープ産駒で母親がアルアインを産んだドバイマジェスティとなると、そろそろ天皇賞の2000mあたりが適距離になってくると思うんです。ドバイ、イギリスと厳しい流れの競馬も経験してますし、乱ペースとなればその辺の経験値も活きてくるかもしれません。

★はノースブリッジ。追い切りがかなりよかったことと岩田康という情念の騎手が騎乗ということで、レベルがどうかとは思いつつ一発に期待。カラテとマリアエレーナは内枠なので念のため。マリアエレーナは420kgそこそこの馬で、今回初の56kgを背負うというのがちょっとシンドい気もしますが…。

ちなみにジャックドール、過去2戦の東京2000mはすべてスローペースでの勝利。札幌記念こそパンサラッサの作り出したハイペースで勝ちましたが、府中の坂でもハイペースで同じような芸当ができるかというと、ちょっと厳しいかなぁ…という印象。パンサラッサともども無印で。

単勝 ⑧
馬連 ⑧ー①②⑤⑥⑦⑩(6点)


ということで、今回は単勝と炎の馬連6点勝負。もちろん本線はジオクリフ。ただ、ちょっと番外でこんな馬券も。

3連複 ①②③⑨ボックス(4点)

有力馬が牽制し合って仕掛けが遅れた場合、前にいる内枠の馬が残っちゃう…なんてことが今の府中では起こりそう。その場合のみジャックドールの前残りはあるだろう…ということで、1-2-3+ジャックドールの3連複ボックスを。すべて万馬券ですし、これくらいの遊びは入れておこうかと。

…なんとなく今回は1番人気のイクイノックスからは買いたくなくて、難癖をあれこれつけてみましたけどどうでしょうかw

当方の予想を参考にしてハズれても、責任は一切取りませーん!




かっぱがれGI競馬予想:2022菊花賞



先週の週末は櫻坂46の仙台でのライブ観戦のため日帰り弾丸ツアーを敢行。しかも、先週3連休での鈴鹿・大阪遠征同様、行きは各駅停車での旅だったので、完全に自律神経がやられて、今週は左目のまぶたの上がずっとピクつく一週間でした。皆さま、季節の変わり目ですがお身体にお変わりありませんでしょうか?(お前に心配されたくねーよw)

秋華賞も本命サイドとはいえ的中して、皆さんかっぱがれは絶好調だと思うでしょ? 実際はというと、今日の競馬はボウズだし、フリーでも41533着と散々で、すっかり10月の収支もマイナスに突入していたり。

しかも今日のフリーの相手はボンヅラがなかなか悪い奴で、愚痴のいくつかも書いてやりたいんだけど、時間もないので割愛。先週もいろいろあったし、もうあのお店にはしばらく行かないだろうなぁ…(ブツブツ)。

* * * * * * * * *

今年の菊花賞。なんでも、皐月賞・ダービーの両レースの連対馬が出走してこないのは、実に65年ぶりなんだとか。世界的にステイヤーの需要がすっかりなくなってきている昨今、そんなこともあるだろうとは思ってましたが、意外と珍しい出来事だったんですなぁ。

そうなると、あのレベルの高いダービー先着馬の中で唯一先行して3着まで残ったアスクビクターモアが、今年の世代では一枚も二枚も上。昨年の皐月賞で2着に粘ったタイトルホルダーを彷彿とするし、体調がセントライト記念と比べても雲泥の差となれば、まず連対を外すことはないでしょうーー今年の菊花賞が例年通りに淀の3000mであれば。

昨年のエリ女や今年の春天、宝塚などで何度も書いていますが、2000m以上の阪神コースでは、直線にある急坂を二度も越えなければならず、他の同距離のコースよりもスタミナやパワーが大切だと個人的には思っています。スピードの絶対値が高い一方で、パワーにはいささか難のあるディープインパクト産駒のアスクビクターモアが、本当に仁川の3000mを克服できるんでしょうか? これは同じディープ産駒であるプラダリアや、ジャスティンパレスにも同じことが言えます。

じゃあ、キタサンブラック産駒でアスクビクターモアを破ったガイアフォース? 確かに能力はまだまだ未知数なところもありますが、夏を使った上で前走のようなメイチの競馬をしたとなれば、今回ばかりは反動が出てもおかしくありません。また、母父が2000m以下でしか走らないクロフネというのも少し気になるところ。

かといって、神戸新聞杯組はどうかと言えば、所詮は中京2200mはローカルの小回り中距離であり、このレースに勝つ馬が阪神3000mを勝てるイメージが湧きません。それこそ、菊花賞狙いで春からローテーションを組まれていた3着のボルドグフーシュくらいでしょうか。

そんなわけで、今年の菊花賞の本命は秋華賞とは逆パターンで夏の上がり馬から。

■菊花賞《GI》予想■
◎ドゥラドーレス 〇ガイアフォース ▲アスクビクターモア
★アスクワイルドモア △ヴェローナシチー
△ディナースタ △プラダリア △ボルドグフーシュ


昨年のタイトルホルダー同様、スピードとパワーを兼ね備えたドゥラメンテ産駒のドゥラドーレスに◎。

菊花賞のレース展開を予想してみましょう。アスクビクターモアが昨年のタイトルホルダーのように、番手を競い合う先行馬をよそ目にハナへ立ち、4コーナーで後続を引き離そうとしたところでガイアフォースがそうはさせじと内から並んで競い合う…。もしかしたら、ドゥラドーレスと同じドゥラメンテ産駒のディナースタが残り1000m時点でロングスパートをかけていて、その2頭の先を走っているかもしれません。

その2頭ないし3頭を、外からドゥラドーレスがスバーッと差し切るイメージです(´ω`人)

問題は、その外から差してくる馬が1頭なのか2頭以上なのか…といった感じ。思った以上にアスクビクターモアとガイアフォースがマッチレースでスタミナをロスしてくれれば、高配当にも恵まれるかもしれません。先週のネタでもありませんが、「モアはモアでもアスクワイルドモア!」とかになれば…ムヒヒ。阪神大賞典を連覇してるディープボンドと同じキズナ産駒ですからね、意外と好走してくれるかもしれませんよ。

単勝 ⑪
馬連 ⑪ー①③④⑦⑫⑬⑭⑱(8点)
3連複 ⑪ー①⑭ー①③④⑦⑫⑬⑭⑱(13点)


まあ、ここまで書いてきてなんですが、自信度は65%くらいといったところ。ビクターモアとガイアに不安ありとすれば、あとは何が勝ってもおかしくないですからね。人気のない順に6~8頭の単勝馬券を買うとかやっても、案外当たっちゃうような気がしますw



てなわけで。当方の予想を参考にしてハズれても、責任は一切取りませーん!





次のページ>

プロフィール

編集・秋

Author:編集・秋
年齢:昭和44年生まれの53歳。
   ゴミのような人生。
   五味龍太郎のような人生
   ではない。
職業:「近代麻雀」等、元(涙)編集
趣味:ギャンブル(競馬・麻雀等)
   プロレス・F1観戦、お城の
   旅行、坂道グループ鑑賞
   ほかいろいろ
貯金:マイナス100万
   (助けて…)
ギャンブルの負け金:約1800万(減らんなぁ…)
座右の銘:ワルツにはワルツを、ジルバにはジルバを
(byニック・ボックウインクル)

Twitter

カレンダー

10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

ブログ内検索